1. TOP
  2. ママに人気のベビーシューズ8選!靴の選び方と平均サイズもチェック

ママに人気のベビーシューズ8選!靴の選び方と平均サイズもチェック

 2017/04/03 育児
この記事は約 6 分で読めます。
ベビーシューズ

春が近づくと、赤ちゃんの靴が気になりはじめますね。

しかし店頭にはいろいろな種類の靴が並んでおり、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

そこで今回はママに人気のある8つのベビーシューズをはじめ、ベビーシューズの選び方とサイズについて紹介します。

ベビーシューズの選び方は?

歩いている赤ちゃん

ベビーシューズは、赤ちゃんの足と歩行をサポートできる靴を選びましょう。デザインと機能がそろっていれば、ママは安心して見守れます。

つま先が広く、靴の中で指が自由に動くもの

子供は足の指で地面をつかむように歩くので、指が自由に動かせる靴を選びましょう。

つま先の狭い靴は、親指や小指が圧迫されて足の変形するリスクがあります。

つま先が反り返っているもの

反りのある靴は、蹴り出しと踏み返しがスムーズになり、つまづきにくくなります

反りのない厚底の靴もありますが、つまづきの原因になるので避けた方が良いでしょう。

かかと部分がしっかりしているもの

かかと部分がしっかりした靴を選ぶと、足が靴の中で固定されて安定した歩行ができます

足に合わせて靴底が曲がる

指のつけ根に合わせて靴底が曲がると、蹴りだしがスムーズです。靴底が厚すぎると、蹴りだしがうまくできません

大きいサイズの靴を選ぶと、足が曲がる位置がズレるので注意が必要です。

足の甲のベルトが2つ以上ある

ベルトが1つのタイプより、2つのベルトの方が足は固定されます。

靴の甲がしっかり締まると、自然な歩行ができます。甲はしっかり固定しても、つま先は5mm程度の余裕を持たせましょう。

大きな履き口の靴を選ぶ

大きな履き口の靴を選ぶと、履かせる時のサポートがしやすいです。大きく開いてしっかり固定できる靴が、親子にとってベストでしょう。

ベビーシューズの平均サイズは?

足の大きさは個人差がありますが、目安になる平均サイズがあります。迷った時は参考にすると良いでしょう。

しかしメーカーによっては、サイズに多少の違いがあります。足の計測と試し履きを行ってから、新しい靴を購入しましょう。

  • 新生児~3カ月:8~11cm
  • 3カ月~6カ月:9~12cm
  • 6カ月~1歳半:11~13cm
  • 1歳半~2歳:12~14cm
  • 2歳~3歳:13~15cm

ママに人気のベビーシューズ8選

機能とデザインを兼ね備えた「ニューバランス・FS996シリーズ」

落ち着いたカラーが特徴の「FS996」は、Nマーク・タン部分の織りネームが本格的なモデルです。

優れたクッション性のあるソールと耐久性に優れたソリッドラバーで、履き心地は抜群。履き口が大きく開くため、ママが履かせる時にスルリと足が入ります。

人間の細胞膜と同じ成分MPC加工が施されているので、赤ちゃんの足を優しく清潔に保ちます。

愛され続けている「アシックス・アイダホベビー」

通気性のよいラッセルメッシュのアッパーを採用しているので、足に優しく爽やかです。つま先が扇形で、足の指が自由に動かせます。

ソールは凸凹が大きく、グリップせと耐久性が高くなっています。インソールが取り外して洗えるので、清潔さを保てます。

つまずきにくさを追求した「アシックス・ファブレファースト MSⅡ」

アシックス・ファブレファーストMSⅡは、つまずきにくさを追求した靴です。つま先が引っかからないよう、つま先を大きく巻き上げています。

外底全体はエッジを丸くして、ぐらつきやすい赤ちゃんの歩行から守ります。2本ベルトでしっかり固定できるオープンベロは、履かせやすいと評判です。

スリッポンなのにフィットする「ナイキ・ダイナモフリー」

心地よい履き心地と優れたサポート力がある靴です。

やわらかいラバーで安定性を確保し、軽量のPhylonソールでクッショニングを発揮します。スリップオンで履けるので、脱ぎ履きが簡単と評判です。

おしゃれママに大人気「コンバース・ベビーオールスター」

80年代のオールスターをモチーフにした、おしゃれでかわいいベビーシューズです。

しなやかなラバーソールで足の負担を軽減して、かかと部分は足が曲がりやすく設計されています。

また、広いかかとテープになっているので着脱も簡単です。外して洗える抗菌加工のインソールで、清潔さも保てます。

正しい歩行をサポートする「ミキハウス・ベビーシューズ」

子供が自分から履きたくなる靴を、30年以上作り続けているミキハウス。よちよちあんよを始めたら1stシューズ、てくてく歩きをはじめたら2stシューズと、歩き方と成長に合わせた靴を選べます。

やわらかいラバーソール、つまづきを防止するトゥスプリング、歩行の安定をサポートするカウンターで、赤ちゃんの足をしっかりサポートしてくれます。

大きく開いて優しく包み込む、履かせやすいデザインも魅力です。

イフミー

よちよち歩きを優しくサポートするイフミーのベビーシューズ。イフミーのベビーシューズは、はだし感覚で歩ける高機能のカップインソール「ウインドラスソーサー」が特徴です。

親指の付け根部分と5本指のあたる部分の、二つのくぼみが足のよじれとねじれを予防します。左右を間違えて履かないよう、別々の色を採用しているのもポイントです。

元気なボーダーがかわいい「チェロキー・1ベルトボーダーベビーシューズ」

太めボーダーがかわいい西松屋のチェロキー・1ベルトベビーシューズです。プチプラなので、予備の靴におすすめです。

まとめ

3歳までの足は成長が早く、3~4カ月で靴のサイズが変わります。しかし「どうせ大きくなるから」と、大きめのサイズを選んではいけません。

足の形に合わない靴は、足の健やかな発達を妨げます。靴を買い直す時は必ず足を計測して、正しい靴を選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ベビーシューズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

風鈴 かざん

風鈴 かざん

北海道生まれ、北海道育ちの生粋の道産子です。

北の大地で、女の子と男の子をダイナミックに育てています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ママに人気のベビーシューズ8選!靴の選び方と平均サイズもチェック

  • 2017年は財布の色で金運アップ!3つの色で運気をあげる

関連記事

  • 赤ちゃんの冬の風呂上がり!水分補給・服・スキンケアのポイント

  • 親のストレスが鍵!イラオコは子どもを愛着障害にさせる!?

  • お七夜とは?どういった意味があるの?何するの?いつやるの?

  • 夜中何度も起きてませんか?ダウン症児の睡眠時に注意したい事

  • お宮参りに着ていく母親の服装は?授乳中は?髪型はどうすればいい?

  • 小学生の子供が情緒不安定になる原因は?対処法&対策法を紹介