1. TOP
  2. 育児
  3. 赤ちゃんのハイハイとは?いつから始めるの?練習は必要なの?

赤ちゃんのハイハイとは?いつから始めるの?練習は必要なの?

 2015/09/09 育児
この記事は約 7 分で読めます。
ハイハイをする赤ちゃん

ハイハイをする姿はいかにも赤ちゃんらしく、なんとも可愛らしいものです。ところがこのハイハイ、なかなかスタートしない赤ちゃんも多く、お母さんを悩ませることも。

そこで、ハイハイはいつ頃できるようになるのか、練習は必要なのかなど、赤ちゃんのハイハイについて情報をまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんのハイハイとは?種類ってあるの?

ハイハイをする赤ちゃん

“ハイハイ”とは、基本的には両手両足を交互に動かして進む動作のこと。寝返りができるようになってから、立って歩けるようになるまでの間、赤ちゃんはハイハイで移動をします。

もともと、生まれたての赤ちゃんは体の末端まで神経が通っていません。数か月かけて頭、首、手、腰、足…と、徐々に脳の神経支配が進んでいきます。末端である足まで運動神経が発達すると、ハイハイスタートの時期となります。

ハイハイの種類

ハイハイにはいろいろな種類があるのをご存じでしょうか。体の発育状態や好みにより、赤ちゃん一人一人、ハイハイのスタイルが異なります。

ずりばい

お腹を床に着けた状態で、手の力と腰のひねりで前進するのがずりばい。ハイハイの初期段階のスタイルでもあります。

足の力が加わらないため速度は遅く、手足や体を動かすタイミングがずれて、後ろにどんどん下がってしまう赤ちゃんも。コツをつかむと前進できるようになります。

スタンダードなハイハイ

両手と両膝を床に着けて前方に進むのが、最も一般的なハイハイです。慣れてくると足の力をうまく使えるようになり、スピードが出てきます。

足と腰が鍛えられ、次の発達段階であるつかまり立ちなどに必要な筋肉を鍛えることもできます。

高ばい

膝を伸ばした状態で四つんばいになり、足の裏を床に着けて進みます。器用に片足だけ膝をついて進む赤ちゃんもいます。

足の踏ん張りがきくので、かなりのスピードが出ることも。

赤ちゃんのハイハイっていつからするの?

ハイハイをして泣いている赤ちゃん

一般的なスタート時期

6か月~10か月の間にハイハイを始める赤ちゃんが多いですが、かなり個人差があります。移動するのが大好きですぐにハイハイをする赤ちゃんもいれば、動くことにあまり興味がなくゆっくりスタートする赤ちゃんも。

なかなかハイハイを始めない赤ちゃんでも、定期健診で運動機能の発達に問題がないようであれば心配はいりません。

取り巻く環境で差が出ることも

住環境もハイハイの発達に影響します。スペースがあまりない場所に多くいる場合は、なかなかハイハイをしないことも。また、周りにつかみやすい家具などが多くある時は、ハイハイはせずにいきなりつかまり立ちをする赤ちゃんもいます。

逆にスペースがあり、周囲に赤ちゃんの興味を引くようなものがあると、積極的にハイハイをすることが多いようです。

赤ちゃんの好み

ハイハイよりも座って遊ぶのが好きな赤ちゃんは、ハイハイをし始める時期が遅い傾向にあります。お座りが好きな赤ちゃんの中には、ハイハイではなく座りながらお尻を引きずって移動する赤ちゃんも。

また、お座りができたと思ったら、ハイハイはせずいきなりつかまり立ちや立っちをしてお母さんを驚かせることもあります。

いずれにしても赤ちゃんの好みによることが多いため、あまり心配する必要はないでしょう。

ハイハイを始めたら事故に注意

ハイハイをスタートしたら、事故には注意してください。昨日まではできなかったのに、ある日突然ハイハイを始める赤ちゃんは多く、お母さんの心構えや安全な環境づくりが整っていない場合も。

階段などの段差、お風呂場、窓や玄関などは、赤ちゃんが進入し、落下する事故が多い場所です。ベビーサークルやベビーゲートを駆使して、赤ちゃんを近づかせないように工夫をしてください。

また、赤ちゃんが移動できるようになると、誤飲も増えます。赤ちゃんの行動範囲には、小さなおもちゃや部品など飲み込んでしまいそうなサイズのものは置かないように注意を払ってください。

赤ちゃんのハイハイって練習の必要はあるの?

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん

無理な練習は必要ありません

個人差があるとはいえ、ハイハイのスタートがあまり遅いと「いつからするの?」と心配してしまうのが親心。練習させて、ハイハイの発達を促したいと考えるお母さんも多いでしょう。

でも基本的には、赤ちゃんの発育とやる気に任せるのが一番。体の発育が十分ではない赤ちゃんに無理にハイハイの練習をさせると、ハイハイへの恐怖心を抱かせていまい、逆にスタートが遅れることもあります。

遊びながらハイハイの練習を

それでもどうしても練習を…と考えるなら、あくまで自然に楽しく、遊びにハイハイの練習を取り入れるのが効果的です。

まねっこ遊び

うつ伏せになっている赤ちゃんの横で、お母さんがずりばいや四つんばい、ハイハイをしてみてください。

赤ちゃんはまねっこが大好き。繰り返すうち、いずれ同じような動作をしようとがんばります。

すぐにまねっこ動作をしない赤ちゃんでも、お母さんの姿をよく観察していて、イメージを膨らませていきます。

赤ちゃんの前に興味を引くものを置く

“前に移動する”という行動自体を思いつかせるために、赤ちゃんの前に好きなおもちゃなどを置いてみましょう。お母さんや家族が前方にいて、声かけしてもOK。

あまり遠すぎると、赤ちゃんが自分で移動することを思いつきづらいので、“手を伸ばして少し移動すれば届く距離”にすることがポイントです。

四つんばいの姿勢を記憶させる

赤ちゃんがうつ伏せの状態で上に持ち上げ、手足を床に着けます。“高い高い”などと組み合わせて、優しく楽しくやることがコツです。

四つんばいの状態を赤ちゃんに体験させることで、自分でやってみようという気持ちを育てます。

まとめ

ハイハイは、体の発育の個人差や赤ちゃん自身の好みが大きく影響するもの。「○か月だからハイハイしなきゃ!」「どうしてうちの子はしないの?」など、お母さんはあまり考えすぎないようにしたいものです。

焦らず、ゆっくりと赤ちゃんを見守ることが大切です。

TOPICSウォーターサーバー導入によるママ&赤ちゃんのメリット・デメリット

関連記事赤ちゃんのハイハイ対策!お家の中でやっておきたい事まとめ

関連記事1歳児の後追いがひどい原因&対処法は?いつまで続くの?

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ハイハイをする赤ちゃん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

YU

YU

編集プロダクション勤務を経て、OA機器のマニュアル編集に従事。

2人目妊娠中に退職し、現在は育児や美容系のフリーライターとして活動中。
音楽、漫画、歴史、ファッション…… 趣味は雑食。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃんへの日焼け止めはいつから必要?大人用を使っても大丈夫?

  • 過少月経は妊娠しにくくなるってホント?原因や改善方法を紹介

  • 20代の妊活・不妊治療ブログ12選~同じ境遇のママを参考にしよう

  • 妊活中にアーモンドを食べると良い4つの理由/効果的な摂り方

関連記事

  • 赤ちゃんに虫除けは必要な理由/室内&外出時の対策/グッズの選び方

  • 赤ちゃんの添い寝っていつから?やり方は?危険性や注意点は?

  • 赤ちゃんの喃語が少ないけど大丈夫?どういった意味がある?対応は?

  • 赤ちゃんが反り返る理由は?いつまで続くの?抱き方は?

  • 赤ちゃんの甘え泣きとは?いつから、いつまで続く?対応は?

  • 赤ちゃんがまとまって寝ない!すぐ起きる原因&対策まとめ