1. TOP
  2. キッズダンス教室は何歳から習えるの?費用は?期待できる効果は?

キッズダンス教室は何歳から習えるの?費用は?期待できる効果は?

 2016/07/18 育児
この記事は約 14 分で読めます。
女の子

子供に何か習い事をしてほしいと思ったとき、ダンスを選ぶご家庭が増えてきましたね。

学校での必修項目でもあるダンスは、楽しく生き生きと運動できるイメージがあり、子供に習ってほしいもののひとつです。また、歌や踊りが好きで、進んで教室に通いたがる子供もいます。

そこで、何歳から習えるのか、費用はいくらなのか、どのような効果があるのか調査しました。

スポンサードリンク

キッズダンス教室は何歳から習えるの?

女の子

教室によって異なりますが、3歳からの受け入れとなっているところが多いです。おおむね小学生までがキッズ、中学生はジュニア、高校生からは大人のクラスと分かれています。

ヒップホップ

ヒットチャートにヒップホップ系のダンスユニットが登場するにつれ、ヒップホップのダンス教室に通う子供も増えました。3歳という教室側の受け入れ年齢から始まる子供もいれば、小学校入学と同時である6歳で習い始める子供もいます。

フラダンス

ゆったりした動きながら筋肉を多く使うフラダンスは、他のダンスに比べると年齢層が幅広くなっています。最年少では3歳、最年長では75歳という教室もあるほどです。

ちなみにフラダンス教室では、子供向けのクラスは「ケイキクラス」「ケイキコース」といった、子供をあらわす「ケイキ」というハワイの言葉を使って、キッズクラスであることを示しています。

チアダンス

スポーツの試合に欠かせないチアダンスは、まとまった年齢層でチームを組んで踊ることになります。

プロの中には、3~4歳から始めた方もいれば、幼少期に異なるダンスをしており10代になってチアダンスに転向された方など、習い始めた年齢には差があります。

キッズダンス教室にかかる費用は?

費用

ダンスを習わせてあげたいと思っても、気になるのが費用です。教室の月謝だけでなく、衣装にかかるお金や発表会に参加するための費用など、習い事にはお金がかかります。

こちらの項目ではおおよその平均額をまとめましたので、参考になれば幸いです。

入会金

5000円~8000円が全国的な平均となっています。地域によっては10000円と高額になっているところもあります。

年会費

3000円~5000円ですが、教室によっては無料も多いです。また、入会金や年会費は、お友達を紹介したり、されたりすることによって戻って来ることもあります。

月謝

ダンス教室ではチケット制と月謝制、ふたつの料金制度が用意されているところがほとんどです。

チケット制

1回のレッスンにつき2000円で当月のみ利用可。5回のレッスンにつき8500円で3ヶ月~無制限で利用可といった仕組みが多いです。定期的に通うことが難しい場合、こちらのプランがお得ですね。

月謝制

月4回のレッスンで5000円、無制限で8000円~10000円が平均となっています。子供自身にやる気があり、連日通いたがるようであれば無制限のコースがおすすめです。また、コースの差額を支払うことで途中から変更もできます。

服装

家にある動きやすい服装でいい教室がほとんどですが、中には指定のウェアをそろえなければならない教室もあります。あらかじめ予算を編成しておくと安心ですね。

ヒップホップ

指定のウェアは教室オリジナルのTシャツやスウェットが多く、価格は2500円~3500円が平均的です。

フラダンス

はじめのうちは上はTシャツ、下は短パンなど動きやすい服装でレッスンを受けることがほとんどです。長く続けるようであれば、下はパウスカートというフラダンス用のスカートを用意することになります。

4000円ほどで購入できますが、2000円ほどの安価なものをデザイン違いで複数購入するのもおすすめです。

チアダンス

ヒップホップなどのストリートダンスと同じく、手元にある動きやすい服装で問題ない場合がほとんどです。

中には、チアダンス練習着の定番であるチアフル短パンを購入しなければならない教室もありますが、1500円あればおおむね問題ありません。

シューズ

ダンス教室の場合、室内での運動に適したシューズであればよいとされています。2000円~3000円程度の、足首が固定されないものや、床に色がつくのを避けるため靴底が黒や紺でないものがおすすめです。

発表会

ダンス教室によって異なりますが、発表会では出演料、衣装代、振り付け料、交通費、謝礼代、DVD代などが必要になってきます。3万~5万ほどになります。詳しい内訳は教室より説明やお知らせが届きますので、しっかりと把握しておくと安心ですね。

イベント・コンテスト

参加自由のダンスイベントやコンテストでは、参加費を負担しなければならないケースがあります。相場は2000円~4000円、交通費や雑費なども考えると8000円ほど見積もっておくのがよいでしょう。

どのくらいの費用がかかりましたか?(習わせている親御さんの体験談)

りりなもさん
初期費用にかかったお金はありませんでした。人数が多いので週に一度のレッスンを毎週やって、1ヶ月で5000円という安い金額でやってもらえていました。他には発表会には参加費と衣装費で1万円ほどかかりました。

shinamomoさん
ほとんどが、体験レッスンを申し込めば、入会金は無料になると思います。月謝は7000円程です。

ジュースやバッグ練習着などにこだわれば、それなりにかかりますが、人それぞれです。コンテストやパーティーの時は衣装を合わせたり、髪もヘアーサロンにお願いするので、参加費込みで5万円弱です。

mintomintoさん
初期費用でかかったものはありません。毎月のお月謝4000円と、その他定期的にかかる費用で、1年に1回ある発表会の時の衣装代です。

他のお母さんたちと相談して何にするかで毎年金額が違ってきましたが、だいたい5000円以内でおさめていました。また発表会は出たくなければ出ない事もできます。

まおまおさん
初期費用は1,000円(CD代、小道具代、保険込)、定期的にかかる費用は月3,000円(レッスンは月4回)、不定期にかかる費用は発表会年2回あり、その都度1,000円(会場代、参加費)。

ともさん
入会金は5000円で月謝は週1回で5000円で月4回ほどです。ダンスシューズが4000円ぐらいです。小さいサイズはお店ではあまりないのでネットで買いました。あとは大会とかがある時に衣装のお金や、見に行った時に席の費用がかかったりします。

なおぞぅさん
初期費用はダンスシューズを用意した程度。月謝5000円、発表会参加費1グループ7000円、イベント、発表会の衣装代はまちまちですが、大体2万円前後かかりました。

akoさん
初期費用は、入会金合わせても7000円ぐらいでした。毎月の月謝4000円、毎月色んなところでイベントがあり、それにかかる費用(1000~5000円ぐらい)、ダンス発表会の費用(1万円)、衣装代1万2000円でした。

tomoko♪さん
ダンススタジオへの入会金として5,000円かかり、月謝は月々5,400円。あと、年に一度、発表会があり参加費が1万2,000円、DVDを購入するのでプラス4,500円、衣装代として5,000~8,000円、発表会ごとに違いますが購入しています。

ゆうこママさん
入会費は友人からの紹介とキャンペーンで掛かりませんでした。月謝が月8000円で週2~3日で通わせてます。

イベントに出てダンスを披露することもあるので衣装代がかかり、レッスンの服の予備や着替え、タオル等を多めに用意する必要があるので、最初の出費が大きいくらいですね。靴は消耗品だと思った方がいいです。よく動くので靴底のゴムのすり減りが激しいです。

omiwahoさん
初期費用は、ダンスシューズを購入しただけなので5000円程度。その他定期的にかかる費用は月謝が5000円。

不定期にかかる費用は衣装代。だいたい先生に曲のイメージを言われるのでそれに合わせて親がネットなどで探します。年に2回変えるので2万円程度で抑えるようにしています。後、各イベントなのでDVDを作成する時はDVD代として1000円位かかります。

あやちんさん
月謝4,000円、入会時にシューズを3,000円くらいで購入。イベント時には参加費・先生への交通費などで、別途1,500円くらい。また、衣装代は別ですが、やめた子やサイズアウトしたものをうまく回したりしてくれています。

マリヨンさん
初期費用として、入会金5000円、体験レッスン代として2500円、定期的にかかる費用として月会費が週1回レッスンで8400円、不定期にかかる費用として発表会出演料が1~3万円(出演曲数により異なる)、スタジオのTシャツ一枚3500円。

キッズダンスを習わすことで期待できる効果は?

女の子

どのようなジャンルのキッズダンスであれ、期待できる効果はいずれも共通しており、学校ではなかなか身につけられないものが多いです。

基礎体力の向上

定期的に一定の運動を行うため、体力、柔軟性、瞬発力、バランス感覚などが鍛えられます。そうした基礎体力が身につくので、様々な場面に応じて思うように体を動かすことができ、ダンス以外のスポーツへ活かせるようになります。

将来的な選択肢の増加

キッズダンスでの経験をダンス以外のスポーツへ活かせることで、将来的な選択肢の増加につながります。

協調性が身につく

ダンスはいずれも、同じ教室に通う子供たちと協力し励まし合い、時に競い合うことになります。そのようにして様々な年齢や性格の子供たちと接するため、学校だけではどうしても偏りがちな人間関係が幅広くなり、協調性が身につきます。

自信が得られる

ダンスが少しずつ上達し、成功を重ねることで自信につながります。また、キッズダンスはそのほとんどが人前で発表を行うものですが、続けていくうちに慣れ、人前に出ることの楽しさを知り、自信が得られるようになります。

メリット・デメリットは?(習わせている親御さんへのアンケート)

今回、いくしぇあ運営事務局で独自調査を行い、キッズダンスを習わせている親御さんから、習わせてわかったメリット、デメリットについて答えて頂いた内容をまとめますと、下記のような結果となりました。

メリット

メリットについては、「自信がついた」、「リズム感がついた」と回答されている方が最も多いという結果となりました。

続いて、「友達が増えた」、「仲間意識を持つようになった」、「バランス感覚がついた」、「体が柔らかくなった」、その他の内訳は、「集中力がついた」、「挨拶など礼儀」という声が1件ずつありました。

あと下記のような回答もありました。

  • メンバー同士協力して発表会を成功させるという、成功体験ができましたた。
  • 発表会などで大勢の前で緊張して踊るという経験も良かったと思っています。

デメリット

デメリットについては、「人間関係のトラブル」、「結構お金がかかる」と回答されている方が最も多いという結果となりました。

その他の内訳は、「イベント時のヘアスタイルが大変」、「ダンスばかりやって宿題をやらなくなった」、「将来的に考えたら役に立つ機会が少なそう」といった声が1件ずつありました。

あと下記のような回答もありました。

  • イベントや大会に向けて、仲間たちと夜遅くまで練習をするので帰りが遅くなった。
  • イベントに向けてレッスンをしようという雰囲気なので、一人一人のペースに合わせるというより、グループのレベルに合わせたレッスンになる。そのため休むと少々出遅れてしまう。

まとめ

お金はかかるものの、キッズダンスにはそれだけの価値があります。親としてはぜひ子供に習ってほしいところですね。

キッズダンス教室にも様々な分野がありますので、お子さんが興味を示したダンス教室に、まずは体験コースから始めてみてはいかがでしょうか。親子そろって学べる教室であれば、思い切って一緒に入ってみるのも楽しいかもしれません。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

女の子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イシグロてぬ

イシグロてぬ

福岡で妊活中の主婦ライター兼イラストレーター。
医療機関での勤務経験をもとに、妊娠・出産について執筆中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 陣痛時にタクシーから乗車拒否されない為に準備しておく事&体験談

  • 赤ちゃんに加湿器って必要?おすすめの種類&選び方のポイント

  • 産後の外出はいつから?後遺症などの心配は?状況別の注意点まとめ

  • 産後ハイとは?いつまで続くの?友人に迷惑がられない為の確認事項

関連記事

  • プレ幼稚園とは?いつから通えるの?費用はどのくらい?

  • 幼児に英語学習させるのに最適な時期は?メリット・デメリットを紹介

  • 赤ちゃんから低学年までの絵本の読み聞かせ効果と心に寄り添う読み方

  • 保育士経験者が選ぶ!2歳児向けのおすすめ絵本14選

  • 小学校受験に関するご家族へのアンケート調査(大阪府 Uさん)

  • 保育士経験者が選ぶ!3歳児向けのおすすめ絵本16選