1. TOP
  2. お宮参りで赤ちゃんに着物って必要?いつ着せればいいの?着せ方は?

お宮参りで赤ちゃんに着物って必要?いつ着せればいいの?着せ方は?

 2016/03/07 育児
この記事は約 7 分で読めます。
着物を着ている赤ちゃん

お宮参りは、主役の赤ちゃんにとっても、両親や祖父母にとっても、とても大切な日です。一生に一度だけの思い出だから、昔ながらの和のスタイルや、西洋の慣わしに従いお祝いをしてあげる家庭が多いでしょう。

我が家でも、長男の時にはベビードレスと着物の両方を着させて、神社でのお参りをしました。ただ直前まで、どのように1日を過ごせばいいのか、母親として迷ったのを覚えています。

そんな晴れの日であるお宮参りですが、皆さんが悩まれがちな内容について幾つかピックアップしました。ここでは、着物は必ず必要なものなのか、いつ着せればよいのか、着せ方の手順や注意点などをまとめたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

お宮参りで赤ちゃんに着物って必要なの?

お宮参りに行っている家族

お宮参りで赤ちゃんに着物を着せることが多いですが、本当に必ず必要なものなのでしょうか。

お宮参りの意味を考える

一生に一度のイベントで、一生思い出として残ります。そもそも、お宮参りは、”赤ちゃんの健やかな成長を神様の前でお祈りをする”という慣わしです。

つまり、神社で着物を着用し、参列する人みんな正装をするのが、もっとも正しい過ごし方と言う考えです。地域により服装のあり方にばらつきはありますが、神社での参拝と着物は共通する、大切な慣習でしょう。

レンタルと言う手もある

赤ちゃんに着させるベビードレスや着物は、レンタルで十分そろえることが可能です。特に着物は、1人につき”一生のうちでたった1回”しか着ないものです。

兄弟や親戚が多い昔なら、一族で着まわすということもできましたが、現在のほとんどの家庭は核家族です。多くの家庭では使用回数が少ないものなので、何も購入する必要はないと考える家庭も多いでしょう。

レンタルにすれば、着物のランクにもよりますが数千円~そろえることが可能です。

安く買う手もある

たった1度だけの為に、決して安くはない費用でレンタルを利用と言うことに、いささか抵抗があるという人もいるかと思います。

また、これから兄弟を考えている場合、親戚や友達で使うことも考える、ということもあるでしょう。そんな場合には、購入した方がトータルでの費用を抑えられるはずです。

費用を抑えたいと言う人であれば、街中にある西松屋など、お安い赤ちゃん用品店で購入できます。他にも、中古であれば、ベビー用のリサイクルショップで売られていることがあります。七五三の着物にリメイクできるタイプもあるので、検討をして購入するといいでしょう。

写真屋の撮影で済ませる

子供たちの写真撮影

古くからの慣わしに従えば、神社で神様の前で正装をするべきである、と言う声が確かに多いです。しかし、現在の世の中では、他宗教の人も居ますし、日本の慣習に100%従わなくてもいいという考えもあるでしょう。

何処にお金をかけるかということを考えたときに、思い出を残しておきたいと言うことであれば、撮影に費用をかけるのは1つの手です。

着物のレンタル費用と同じくらいのお値段で、綺麗に写真を撮影してくれるサービスが行われています。これには、着物やベビードレスや備品の貸し出しのサービス料も含まれています。

お宮参りで赤ちゃんに着物をいつ着せればいいの?

神社

お宮参りに行くときには、赤ちゃんに着物をいつ着せればいいのかについて、多くの人の意見を参考にしてみましょう。

暑い時期には風通しを考える

小さな赤ちゃんは体温調節がしにくいので、暑いときには風通しを良くします。直前まで日傘を使い、着物を着せる時間は必要なときだけに抑えましょう。

寒い時は適度な厚着

冬の薄着と必要以上の厚着は、体温調整ができない赤ちゃんにとって苦痛でしかありません。特に神社での参拝は、寒さに注意をして、手身近に済ませるなど、行動を考えて起きましょう。

ベビードレスで出かける

お宮参りでの赤ちゃんの正式な服装は、着物であるとされています。ただ、最近ではベビードレスなどの洋装スタイルの家庭も増え、洋装の上に着物を羽織らせる家庭が多いです。このような場合には、家でベビードレスを着させて出かけると、直前の準備が手身近に済みます。

お宮参りで赤ちゃんへの着物の着せ方は?

着物を着ている赤ちゃん

お宮参りで赤ちゃんへの着物の着せ方はどうするべきなのか、手順をまとめました。

事前の準備

肌着を着せる

季節に応じて、適切な短肌着、超肌着、必要であればベビー服をまず着せます。

ドレスオールを着せる

着物の下にベビードレスなどの、洋装を着せる場合には、肌着の上にドレスを着せます。

小物をつける

よだれかけ・スタイ、帽子や靴下を着せます。

直前の準備

赤ちゃんを抱っこする

赤ちゃんを抱っこするのは、赤ちゃんの母親か、父親方の祖母が一般的です。

ポイント

昔ながらの日本の習わしでは、お宮参りでは、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこすることとされていました。一方現代では、家族のあり方の変化などから、こだわりが薄くなっています。母方の母親が抱っこする、父方・母方の父親が抱っこする等、状況に応じた変化があります。

祝い着をかける

赤ちゃんを抱っこしたら、上から祝い着を着せます

ポイント1

赤ちゃんの頭の方向を見て、頭がない方の肩に祝い着を掛けます。このとき、赤ちゃんの後ろに紐をまわすようにして、抱っこをしている人の首の後ろで蝶結びにしましょう。

ポイント2

正面から見たときに、祝い着の柄、特におめでたい柄を正面にします。

小物をつける場合

お宮参りには、地域によって小物を着けることが、縁起がいいとされています。

ポイント

でんでん太鼓、ご祝儀、末廣(すえひろ)などをつけるのであれば、紐を首の後ろに結ぶ前に、紐で装着をするようにします。

※お宮参り 産着(うぶぎ)の着付け方 【東京レンタル衣裳】

一つ一つ手順が見やすく、動画を見ながら実際に確認をすることができます。

まとめ

赤ちゃんが誕生して、約1ヶ月後に行うお宮参りは、赤ちゃんの成長を祝うために大切な慣わしと言われています。それぞれの家庭や地方によっても慣習が違いますが、健康に、そして立派に育つようにと、神社にお参りをするのが一般的です。

お参りの際には、赤ちゃんに着物をかけることとありますが、現代では少しずつ慣習も変わってきています。写真だけを撮る家庭も少なくはなく、和装は写真屋でのレンタルで済ませるという過程も多いでしょう。

また、季節や体調、気分などに合わせて、無理のないように祝い着を着用するのが大前提です。ベビードレスの洋服の上に、祝い着である着物を羽織らせるなど、それぞれのやり方を取り入れて、思い出深い日にしてください。

関連記事季節別(春、夏、秋、冬)のお宮参りで赤ちゃんに着せる服装まとめ

関連記事赤ちゃん(乳児)の脳の発達を促す為に大切な6つのポイント

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

着物を着ている赤ちゃん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

卯月ここな

卯月ここな

海外大学留学時代、OLを経て出産子育て。
2011年長男の妊娠中からフリーライターへ。
現在、育児や美容コラムを中心に日々執筆活動中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 百日祝いとは?いつするの?何をするの?(内容や流れについて)

  • 成長痛とは?痛みを和らげる為の対処法は?治すことはできるの?

  • マタニティウェアって必要なの?最低限必要なものは?代用はできる?

  • こむら返りとはどういった状態なの?原因は?予防する方法は?

関連記事

  • 初節句(ひな祭り)で出される食べ物の意味は?料理&離乳食レシピは?

  • 雛人形って誰が買うの?購入時期&相場は?選び方のポイントは?

  • お宮参りに着ていく母親の服装は?授乳中は?髪型はどうすればいい?

  • 2歳の男の子への誕生日プレゼント!おすすめランキングベスト10

  • お宮参りの時期は?ずらしてもいいの?良い日取りの選び方は?

  • 雛人形を譲り受けても大丈夫なの?処分の仕方は?供養は必要?