1. TOP
  2. 育児
  3. 【管理栄養士がアドバイス】離乳食でのヨーグルトの進め方&レシピ

【管理栄養士がアドバイス】離乳食でのヨーグルトの進め方&レシピ

 2016/11/07 育児
この記事は約 8 分で読めます。
ヨーグルトを食べる赤ちゃん

ヨーグルトは赤ちゃんの血液や臓器、筋肉など、赤ちゃんが成長する上で欠かせないタンパク質を摂ることができる食品です。

また、乳酸菌やビフィズス菌なども含まれており、腸内環境を整える働きも持っています。

最近では赤ちゃん用のヨーグルトも流通しており、割と早い時期からでもヨーグルトを食べられるようになってきています。

トロトロとしたなめらかな食感のヨーグルトは、すぐにでも食べられそうなイメージがありますが、大人と一緒のものを与えるときにはちょっとした注意が必要です。

それでは、離乳食にヨーグルトを使うときのポイントや注意点について見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヨーグルトを使う際のポイント

ヨーグルト

ヨーグルトは、そのままで食べることはもちろん、料理をまろやかにしたり、酸味を加えたりと、アレンジもできる食品です。

果物だけではなく、野菜とも相性が良いので、レシピの幅を広げ、色々な食べ方で楽しみましょう。

いつから食べさせていいの?

ヨーグルトは野菜やお肉などのように噛む必要がなく、飲み込みやすいので、初期の5~6か月頃から使うことができます。

消化・吸収もされやすいので、体への負担もあまりありません。商品によっては酸味が強く、すっぱく感じるものもあるので、いくつか試して赤ちゃんが食べやすそうなものを選んであげましょう。

選び方は?

ヨーグルトは健康に良い食べ物ですが、それだけ色々な成分が含まれているということです。

また、種類も様々で、無糖や加糖、低脂肪、無脂肪など、味だけでなく栄養成分が異なるので、選ぶ時にどれが良いのか迷うと思います。

ヨーグルトはできるだけ味のないプレーンのものとし、必要に応じて程よい甘みを足して使う方がオススメです。

脂肪分が強いと下痢をすることもありますので、最初は低脂肪・無脂肪のものを選ぶようにし、徐々に標準のヨーグルトに近づけていきます。

下ごしらえは?

普通は離乳食は加熱が必須ですが、ヨーグルトは製造過程でしっかりと殺菌されているため、その必要はありません。下処理の必要もなく、とても使いやすい食品です。

保存はできるの?

賞味期限について

ヨーグルトはしっかりと冷蔵庫で保管をします。使ったらそのまま室温で放置せず、すぐに元に戻しましょう。

ヨーグルトは発酵食品だから賞味期限が切れていても大丈夫と思われるかもしれません。しかし、赤ちゃんの体はとてもナイーブで、まだまだ体の機能は未熟です。

記載してある賞味期限は遵守し、開封後は2~3日以上経ったものを与えるのは避けましょう

赤ちゃんだけが食べるなら、小さめのヨーグルトを買って使い切りにした方が良いでしょう。

冷凍について
ヨーグルトは冷凍をしても成分に変化はなく、解凍すると乳酸菌も正常に働くそうです。ですが、水分が分離して、食感が変わってしまいますので、離乳食で使う場合にはできるだけ冷凍は控えておきましょう。

ヨーグルトと相性のいい食材は?

ヨーグルトは果物や野菜ととても相性が良いです。砂糖を足して甘みをつけるよりも、果実の自然な甘みで食べる方が健康にも良いでしょう。

大人であればハチミツを入れることも多いですが、1歳未満の赤ちゃんは、ボツリヌス菌の感染の心配があるので、ハチミツは使用できません

関連記事【保存版】赤ちゃんの便秘に役立つQ&Aまとめ~病院リスト付き

月齢別の進め方

very little kid eats fresh tasty nutritious curds on highchair

離乳食初期(5~6ヶ月)
最初にヨーグルトをあげる時は、アレルギー反応が出ないかしっかりと確認しながら少量ずつ食べさせてください。量はスプーン1杯程度から始め、慣れてきたら30~40gを目安として与えましょう。
離乳食中期(7~8ヶ月)
ヨーグルトのアレルギーがなければ、50gを目安として食べさせます。ヨーグルトだけではなく、他の食材もとり入れながら、バランスを見て調整してください。
離乳食後期(9~11ヶ月)
食べられる離乳食も増えてきていますので、ヨーグルトを使って色々な料理にチャレンジしてみましょう。いつもの料理に少し加えるだけでもたんぱく質やカルシウムの補給ができます。
離乳食完了期(12~18ヶ月)
この頃になると、母乳やミルクの量が減っていき、食事からの栄養がメインになります。カルシウムが不足しやすくなるので、おやつとしてヨーグルトを食べさせてあげても良いでしょう。

月齢別のおすすめ簡単レシピ

離乳食初期(5~6ヶ月)

にんじんヨーグルト

にんじんヨーグルト

材料

  • ヨーグルト 30g
  • 人参 5g

作り方

  1. 人参は柔らかく茹でて、すり鉢やミキサーでペースト状にする。
  2. ヨーグルトの上に人参を飾る。

離乳食中期(7~8ヶ月)

ポテトサラダ

ポテトサラダ

材料

  • じゃが芋 50g
  • ヨーグルト 20g
  • 人参 5g
  • ブロッコリー 10g

作り方

  1. じゃが芋は茹でて潰しておく。
  2. 人参、ブロッコリーは、茹でて、2~3mmの細かいみじん切りにする。
  3. 材料を全て混ぜる。

離乳食後期(9~11ヶ月)

ほうれん草パンケーキ

ほうれん草パンケーキ

材料

  • ホットケーキミックス 50g
  • 粉ミルク 25cc
  • ヨーグルト 20g
  • ほうれん草 20g
  • オリーブオイル 小さじ1

作り方

  1. ほうれん草は茹でて5mm程度の長さに切る。
  2. 材料を全て混ぜる。
  3. フライパンにオリーブオイルを敷き、両面を焼く。

離乳食完了期(12~18ヶ月)

ツナサンド

ツナサンド

材料

  • 食パン(サンドイッチ用) 2枚
  • シーチキン(水煮) 40g
  • ヨーグルト 20g
  • レタス 1枚

作り方

  1. シーチキンとヨーグルトを混ぜ合わせ、具材を作る。
  2. レタスは水で洗い、軽くラップに包み電子レンジで20秒(500W)加熱する。
  3. 食パンにレタスとシーチキンを挟み、食べやすい大きさに切って完成。

ヨーグルトを使う際の注意点

ヨーグルト

乳製品はアレルギーを起こしやすい食品です。初めて与えるときはしっかりと様子を観察し、異常が見られたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

まとめ

ヨーグルトは、下ごしらえの必要がなく、とても便利な食品です。その上、たんぱく質やカルシウムなど、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素をとることもできます。

そのまま食べるだけではなく、色々な料理にアレンジして食べさせてあげましょう。

ヨーグルトと同様に乳製品である牛乳の離乳食の進め方については、下記のページにて詳しくご紹介していますので参考にして頂ければと思います。

→ 離乳食で牛乳はいつからOK?進め方は?どの種類でもいいの?

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ヨーグルトを食べる赤ちゃん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かたのゆみこ

かたのゆみこ

病院管理栄養士としての経験あり。現在はフリーの在宅管理栄養士として、健康や食事に関するコラムの執筆、レシピ開発などをしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 離乳食でのオクラの進め方&レシピ5選【管理栄養士がアドバイス】

  • 【管理栄養士がアドバイス】離乳食でのほうれん草の進め方&レシピ

  • 管理栄養士がアドバイス!離乳食でのまぐろの使い方/進め方/レシピ

  • 【管理栄養士がアドバイス】離乳食でのヨーグルトの進め方&レシピ

関連記事

  • 離乳食で鮭はいつから?下ごしらえのやり方&おすすめレシピ

  • 管理栄養士が教える!離乳食でのピーマンの使い方/進め方/レシピ

  • 授乳・離乳食の管理に役立つおすすめの無料育児アプリ6選

  • 離乳食にうどんを使う場合の進め方&レシピは?保存法も紹介

  • 【管理栄養士がアドバイス】離乳食でのブロッコリーの進め方&レシピ

  • 管理栄養士が教える!離乳食でのささみの使い方/進め方/レシピ