1. TOP
  2. 産後に高血圧になる原因&症状は?どういった治療法があるの?

産後に高血圧になる原因&症状は?どういった治療法があるの?

 2015/07/25 健康
この記事は約 7 分で読めます。
頭痛の女性

妊娠中に起こりやすい体調不良の一つに、妊娠中高血圧があります。妊娠中の高血圧は危険な兆候であり、重症の場合は常位胎盤早期剥離や、胎児の発育不良・脳の障害がおこることもあるため、妊婦健診でも特に注意を払われます。

妊娠中高血圧の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、出産後には自然に落ち着いていきます。

ところが出産後、12週間を超えても高血圧が維持されることがあります。また、妊娠中は正常な血圧値だったのが、産後から高血圧になることもあります。これらの症状は妊娠中高血圧とは区別して、産後高血圧と呼ばれています。

高血圧には心不全、腎不全、動脈硬化、脳卒中などの深刻な合併症があり、予防と早期の発見、治療が欠かせません。今回は、産後の高血圧の原因と症状、治療法についてまとめました。

スポンサードリンク

産後に高血圧になる原因とは?

女性

産後高血圧の原因として、以下のようなものが考えられます。

妊娠中高血圧の回復が遅れている

妊娠中高血圧の症状が重かった場合、産後も回復が遅れ、高血圧の状態が続くことがあります。

過労やストレスによる自律神経の失調

育児の疲れや睡眠不足やストレスから自律神経が乱れ、高血圧を引き起こすことがあります。

本態性高血圧症

もともと高血圧の要因があったのが、出産を機に症状となって現れることがあります。過労やストレスのほかに、遺伝、アルコールや塩分の過剰摂取、肥満などの生活習慣にもかかわりがあります。

二次性高血圧症

まれに、他の病気が高血圧を引き起こしていることがあります。原因となっている病気の治療により完治する確率が高いため、正確な診断が重要です。

原因となる病気には、腎臓の疾患や、副腎のホルモン分泌の異常、甲状腺機能異常、高カルシウム血症など、様々なものがあります。

産後に高血圧になった時の症状?

高血圧のママ

高血圧には、特有の自覚症状がありません。無症状か、一般的な体調不良の症状が起こることがあります。

  • 動悸
  • 頭痛
  • 胸痛
  • 顔のほてり
  • めまい
  • むくみ
  • 手足の痛み、しびれ
  • 夜間の頻尿
  • 呼吸困難
  • 耳鳴り

そのため、高血圧かどうかを判断するためには、血圧計を使用しての血圧値の測定が必要です。

高血圧の目安は、心臓収縮時の最高血圧が140mHg以上、心臓拡張時の最低血圧が90mHg以上とされています。さらに、「最高血圧/最低血圧」が「160mHg以上/100mHg以上」以上で中度高血圧、「180mHg以上/110mHg以上」で重度高血圧といわれています。

血圧計

血圧は変動しやすいので、時間を置いた2回以上の測定値を基に診断するのが望ましいです。また、血圧値はストレスにも左右されやすく、白衣高血圧(普段は正常な血圧値が、病院で測定するときだけ高血圧になる)や、仮面高血圧(普段は高血圧なのに、病院で測定すると血圧が低くなる)などの現象が起こることもあります。

病院で測定した血圧値より、家庭用の血圧計などで日々測定した値のほうが、脳卒中や心筋梗塞の予測に適しているという研究結果もあり、家庭での測定値には信頼性があるようです。

タイミングとしては、朝食の前後に2回血圧を測定するとよいでしょう。高血圧の合併症である脳卒中や心不全は、朝の時間帯に起こりやすいため、朝の血圧の管理が重要になるからです。

産後の高血圧を治療する方法は?

医者と患者

高血圧は原因が特定しにくく、深刻な合併症もあるため、予防と早期発見が大切です。しかし、高血圧は自覚症状がないか、一般的な体調不良の症状が出るだけで、発見が難しく、悪化するまで放置してしまう危険もあります。

1か月健診の時の血圧が高かったり、むくみやめまい、動悸などの症状が続くようであれば、医師に相談しましょう。

治療法、予防法としては、以下のものがあります。

二次性高血圧の場合

二次性高血圧の場合は、高血圧の原因となっている病気の治療を行います。

重度な高血圧の場合

重度な高血圧の場合は、降圧剤で血圧を下げる治療を行います。但し、母乳を与えてる間は、赤ちゃんへの影響があるため降圧剤は使用できません

降圧剤を使用しない場合

降圧剤を使用しない場合は、以下に紹介するような生活習慣の改善が重要になります。生活習慣の改善は、高血圧の予防にもなります。

生活習慣の改善:食事

高血圧の予防や治療を目的にした生活習慣の改善で、もっとも有効とされているのが食事内容の改善です。継続的な努力が必要になります。

ナトリウムを控える
ナトリウムの摂取を抑えることで、血圧を下げるのに効果があります。

塩(塩化ナトリウム)以外にも、重曹(炭酸水素ナトリウム)、化学調味料の「アミノ酸等」(グルタミン酸ナトリウム)などもナトリウム源となるので控えましょう。1日の塩分の摂取量を6g以下に抑えるよう心がけましょう。

カリウムを多く摂取する
カリウムを大量に摂取することで血圧を下げる効果があります。カリウムは野菜、イモ類、果物、海藻に多く含まれています。

カリウムは水に流れやすいので、生食か蒸す、焼く、スープにするなどの調理法がお勧めです。

糖類・油脂類を控える
糖類・油脂類の過剰な摂取は、血管内の脂肪を増やし、血管を狭めることで、高血圧の原因になります。高タンパク、低脂肪の食事を心が けましょう。

生活習慣の改善:安静、睡眠

リラックスすることで交感神経の緊張状態がとれ、血圧を下げると考えられています。十分な睡眠をとったり、安静にすることで、血圧が下がる効果が期待できます。

生活習慣の改善:運動

運動の習慣は、身体の新陳代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい体質になるため、高血圧の予防につながります。1回30分~1時間程度のウォーキング、軽いジョギング、ゆっくりとした水泳などを週3回以上行うと効果的です。

但し、高血圧の症状が中程度以上であったり、循環器系の持病がある場合は、血管に負担をかけ、症状を悪化させる危険もありますので、医師に相談しましょう。

生活習慣の改善:喫煙、飲酒

一日に日本酒にして1合以上の習慣的な飲酒により、高血圧のリスクが高まるという統計があります。また、喫煙をすると血管を収縮させ、血圧を上げる効果があります。

妊娠、授乳期以外でも、喫煙、飲酒を控えることで、高血圧のリスクを減らすことができます。

まとめ

産後高血圧は、原因も明らかにはなっていない上に、自覚症状があまりなく、見逃しやすい病気です。定期的な健診で血圧を測定するなど、早期発見ができるよう心がけましょう。

産後高血圧の治療や予防として、食事をはじめとする生活習慣の改善が重要になります。

関連記事たんぽぽ茶が産後ママにもたらす効果&注意点は?選び方の注意点

関連記事産後の抜け毛っていつまで続く?元に戻るの?対策法を紹介

関連記事産後ダイエット!3分間運動と5分で出来る骨盤矯正のススメ

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

頭痛の女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

運営事務局

運営事務局

「いくしぇあ」の運営事務局です。

育児・子育てに関連する情報を発信していきます。

こういった情報が知りたいといった、ご意見、ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • これってDV?DV夫の特徴や心理&被害者側の心理や後遺症までご紹介

  • 保育士が選ぶ!0歳児に読んであげたい絵本選び&おすすめ絵本16選

  • 着床時期に着床しやすくする為の過ごし方&気をつける事まとめ

  • 主婦必見!林修の今でしょ講座のカルチャースクール人気講座ベスト3

関連記事

  • 産後ダイエット!3分間運動と5分で出来る骨盤矯正のススメ

  • たんぽぽ茶が産後ママにもたらす効果&注意点は?選び方の注意点

  • 出産後に乳首や乳輪の黒ずみが起こる原因&ケアのやり方まとめ

  • 産後の腱鞘炎っていつ治る?病院での治し方は?痛みを和らげる対策法

  • 産後に体臭が強くなる原因は?しばらくしたら治るの?対策法は?

  • 産後に腱鞘炎を引き起こす原因と予防法まとめ