1. TOP
  2. 水中出産ってなに?メリット&デメリットは?費用など体験談も公開!

水中出産ってなに?メリット&デメリットは?費用など体験談も公開!

 2016/07/15 出産・出産準備
この記事は約 12 分で読めます。

最近芸能人も取り入れるようになったことで話題の「水中出産」。名前は聞いたことがあるという方でも、実際にどのようなものかきちんと理解していることは少ないのではないでしょうか。

別名「無痛分娩」とも呼ばれ一見楽な出産方法にも思えますが、もちろんメリットもあればデメリットもあるのです。

そこで今回はそんな水中出産の詳しいやり方や、メリットデメリット、実際にかかる費用までご紹介していきます。これから出産を控えている方、水中出産を検討している方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

海外では定番の水中出産とは?

出産後の赤ちゃん

日本ではあまり知られていませんが、海外では定番の出産方法の一つなのです。ヨーロッパでは妊婦さんの約3割が水中出産を選択しているというデータもあるほど。最近ではモデルの長谷川潤さんや山田優さんなどが水中出産をしたことでも話題になっています。

ルーツは古く欧米やアフリカなどの出産方法

水中出産のルーツは古く、アフリカやハワイの一部などでは昔から行なわれている出産方法の一つです。実際に「水中出産」として浸透したのは1970年代で、フランスの産科医オダン博士が提唱したといわれています。

水中出産のやり方

水中出産は羊水と同じ温度、同じ塩分濃度のお湯の入ったプールの中で出産する方法です。プールに37度くらいのお湯を張り、自然塩を溶かして入ります。

ずっとお湯の中にいるのではなく、時間を決めて出たり入ったりするのが一般的です。通常分娩との違いは「水の中か空気の中か」ということと「どんな姿勢で産むか」ということくらいです。

「無痛分娩」は無痛ではない

水中出産は友情分娩よりも陣痛が和らぐので「無痛分娩」と言われています。しかし実際に無痛でできる出産などありません。それどころかただ分娩台に横になって赤ちゃんが出てくるのを待つ通常分娩とは違い、水中出産は自ら動いて積極的に赤ちゃんを出産する「アクティブバース」の考え方に則っています。

陣痛の痛みも通常より和らぐだけで、全く痛みを感じないということはないのです。あくまで痛みを和らげる、母子の負担を軽減するという認識を持っておくと良いでしょう。

水中出産のメリットは?

〇をする女性

水中出産がトーロッパで定番となり、日本でも少しずつ浸透してきているのには訳があります。そこで、水中出産のさまざまなメリットをご紹介いたします。

お母さんが楽な体勢で出産できる

通 常分娩との違いはなんといっても簡単に「フリースタイル分娩」ができるということです。陸の上でのフリースタイル分娩は、畳の上で天井から吊られたロープ などにつかまりながら行うのが一般的です。フリースタイルといっても重力があるために、その体勢には限界があるのです。

しかし水中出産ならば浮力があるために産みやすい体勢で出産に臨むことができるのです。分娩は長時間に及ぶため、お母さんが楽な体勢で出産できるというのは大きなメリットでしょう。

お湯につかるのでリラックスできる

水中出産は、お風呂に入っているようなリラックス感を味わいながら出産することができます。ちょうど人肌ほどに温められたお湯の中にいるので、筋肉もほぐれ余計な力を使う必要もありません。

陣痛の痛みが軽減される

筋肉や緊張がほぐれることで、陣痛の痛みが軽減されることもあります。分娩台では同じ体勢でいきもうとするのでどうしても全身に力が入ってしまいます。

そのため膣も固くなって分娩にも時間がかかってしまうのです。水中出産では、陣痛の痛みが軽減されることで分娩時間も短く済むというメリットもあるのです。

会陰切開のリスクが少なくなる

筋肉や膣に余計な力が入らないことで、会陰切開のリスクを軽減することもできます。水温で血液のめぐりもスムーズになり、体が温められて膣内を傷つけることが少なくなるのです。

赤ちゃんが締め付けられずに出てくることができる

会陰切開のリスクが軽減されるということは、赤ちゃんの負担も軽くなるということです。ただでさえ狭い道を通る赤ちゃんが、緊張した膣内で締め付けられたり傷ついてしまったりする可能性が少なくなるのです。

また体外に出るときに、通常の出産方よりも水中の方が体に傷がつきにくいことも分かっています。

出産による赤ちゃんのストレスを軽減できる

赤ちゃんは出産によって体外に出てくると同時に初めて空気に触れることになります。しかし水中出産の場合出産直後は羊水と同じお湯を感じることになります。

そのため通常の出産よりも赤ちゃんにかかるストレスが少ないと言われているのです。また水中出産ならば、赤ちゃんを1番に抱っこできる可能性もあるのです。

経験者の体験談

今回、いくしゃあ運営事務局で独自調査を行い、水中出産をされた方に、経験してわかったメリットについて答えて頂きました。

ありんこさん
痛い陣痛が和らぐ効果があることです。また、リラックス効果があるので、分娩台で出産するよりもリラックスした状態で出産に臨むことができます。赤ちゃんにとってもメリットがあり、出産時の外傷リスクが減ります。

れんに。さん
お湯の暖かさで心身にリラックスが出てくるので、恐怖感が消えていきます。そして、お湯の中で浮く感じになるので、陣痛が来ても痛さが出てきにくいので、安心して出産に励むことが出来ました。

水中出産のデメリットは?

×をする女性

陣痛の痛みや赤ちゃんへの負担が軽減できて良いこと尽くしの水中出産ですが、リスクはあるのでしょうか?そこで日本や海外で水中出産を行うリスクやデメリットについてご紹介いたします。

衛生管理が難しい

水中出産が日本でそこまで浸透しない理由は、やはり衛生管理の難しさにあります。水の中での出産は水質管理を徹底しなければ感染症の原因にもなるのです。これはお母さんだけでなく、生まれてくる赤ちゃんへのリスクにもなります。

人肌と同じ37度という水温は、最も雑菌が繁殖しやすい温度でもあるのです。日本のしっかりした病院ならばそこまで心配する必要はありませんが、海外で水中出産を行う場合にはしっかりとした施設を選んで行うことをオススメします。

もしもの時に治療が遅れる危険性も

日本で水中出産を行う場合、産科医のいない助産院で出産することがほとんどです。そのため助産院で会陰切開などの医療行為を行うことができないのです。

万が一トラブルがあった場合、産科医のいる病院へ緊急搬送されることになります。受け入れ先を探している間に最悪の事態にもなりかねませんので、こうした危険性もしっかり考慮しておくべきでしょう。

体力がないとできない

水 中出産はストレスなく、すぐに出産できると考えている方も多いようですが、それは大きな間違いです。水中出産は「アクティブバース」と呼ばれ、「積極的に 産む」という考え方から生まれた代表的な出産方法なのです。水圧がかかることにより、通常分娩よりも多くの負担がかかります。

プールに行くと、歩いたり泳いだりしているだけなのに体力を消耗しますよね。水中出産もこれと同じで、その場に留まっているだけで体力を消費してしまうのです。途中で体力がなくなり、出産が困難と判断されるケースも多いようです。

そのため水中出産に挑む妊婦さんは出産前に体力トレーニングなどで出産に耐えられる体力をつけておかなければならないのです。

経験者の体験談

今回、いくしゃあ運営事務局で独自調査を行い、水中出産をされた方に、経験してわかったデメリットについて答えて頂きました。

ありんこさん
出血時に大量出血すると処置が遅れるということです。水中出産では、プールの中で出産するため、止血が困難です。また、信頼できる病院でなければ、プールにいる菌によって赤ちゃんに菌が感染するおそれもあります。

れんに。さん
赤ちゃんが感染症になりやすいとのことです。水での衛生の管理がしっかりとしていないために、感染するのが高くなります。そして、出血量が多くなってしまうために、陣痛が弱くなります。

水中出産できない妊婦さんは?

悲しい妊婦さん

水中出産にはさまざまな制限や条件があるために、出産前から水中出産は不可能だと判断されてしまう場合もあります。水中出産ができないと判断されるケースには以下のようなものがあります。

  • 双子以上の赤ちゃんを妊娠している場合
  • 逆子の場合
  • 早産の場合
  • 水に対して恐怖心を抱いている場合
  • エイズや心臓病などの持病がある場合
  • 妊娠高血圧症候群の場合
  • その他医師が危険と判断した場合

水中出産を希望する際には事前の説明会や検査などを受け、適正と判断された場合に限るのです。また例え直前であっても、医師の判断で中止になることもあるので注意が必要です。

水中出産を行う際の費用は?

お金

では実際に水中出産を選択しようとした場合にかかる費用や病院選びのポイントについてご紹介いたします。

費用は通常分娩+数万~数十万円

費用は通常分娩からプラス5万~10万円程度です。水中出産だからといって、特別高いということはありません。しかし水中出産ができる病院自体が少ないので、施設によっては高額になってしまう場合もあるのです。きちんとした相場が決められていない、というのが現状のようです。

経験者の体験談

今回、いくしゃあ運営事務局で独自調査を行い、水中出産をされた方に、水中出産にどのくらいの費用がかかったのかについて答えて頂きました。

ありんこさん
私が水中出産した時の場合、自然分娩の料金に加えて、約7万円が追加でかかりました。

れんに。さん
個人の小さな病院で自然分娩が5万円、水中出産で分娩以外のため、そのプラスに6万円追加されました。合計11万円ということになりました。

病院選びのポイント

水中出産する病院を選ぶ際には、施設がしっかりしているかを自分の目で確かめてみることが大切です。大事な母子の体を預けるので、信頼できるスタッフが揃っているかなども大事なポイントです。

具体的には個室に専用のプールがあり、水質管理を徹底しているところを選ぶのが良いでしょう。病院によっては説明会や勉強会が積極的に行われているので、参加することで雰囲気を掴めるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?水中出産は「自ら進んで出産する」というアクティブバースの考え方を持っています。そのため分娩時間も短く母子への負担も少なく済みます。

しかし日本ではまだまだ浸透していないために、万が一の時への対応が遅れる危険性もあるのです。水中出産を検討している方は、メリットもデメリットもしっかり受け止めて後悔のない選択をしましょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

運営事務局

運営事務局

「いくしぇあ」の運営事務局です。

育児・子育てに関連する情報を発信していきます。

こういった情報が知りたいといった、ご意見、ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新生児と車で里帰りしたいけど長時間移動の影響は?新幹線がいい?

  • 出産後はお見舞いに来てほしくない!断り方は?【先輩ママの体験談】

  • 保育参観での母親や父親の服装は?髪型や化粧は?便利な持ち物を紹介

  • リビング学習のメリット・デメリット/レイアウト&必要なものまとめ

関連記事

  • 新生児へのドライテクニックとは?手順&注意点を紹介

  • 友人からの出産祝いで嬉しかったプレゼントは?【ママさんの体験談】

  • 両親からの出産祝いのお返しには、何を贈った?【先輩ママ体験談】

  • 里帰り出産でお世話になった実家へのお礼は?【先輩ママの体験談】

  • 里帰り出産とは?いつから帰るのがベスト?準備しておきた事まとめ

  • 陣痛時にタクシーから乗車拒否されない為に準備しておく事&体験談