1. TOP
  2. 夜泣きがうるさい!イライラやストレスを溜めない為の対策まとめ

夜泣きがうるさい!イライラやストレスを溜めない為の対策まとめ

 2015/10/02 育児
この記事は約 5 分で読めます。
イライラするママ

夜泣きははっきりとした原因が分かっていないからこそ、何をしても泣き止まない子供に毎日頭を抱えてしまう人が多いかと思います。

個人差が大きい夜泣きだからこそ、理解をしてもらえないことも少なくはありませんが、沢山夜泣きをする子供であると毎日眠れない日々が続いてイライラが募ってしまうのも当然のことです。

疲れているのに寝付けずイライラとしてしまったとき、泣いている赤ちゃんに手を上げたり怒鳴ったりはできればしたくありません。どうしたら自分を取り戻すことが出来るのか、苛立ちに対する対策法を知っておくと良いです。

スポンサードリンク

辛いの今だけ

赤ちゃんの手を握るお母さん

まず一番大切なのは、夜泣きで悩むのは「一時的なもの」であると理解しておきましょう。

夜泣きが始まるのは2~3カ月頃で1歳前後には治まる子がほとんどです。少なくても1歳を過ぎ大きくなれば、ママの言っていることを理解できるようになり、今のようにわけが分からず泣くというストレスは必ずなくなります。

暫くすれば無くなる、子供の成長過程の1つであると思ってやさしく見守るといいです。

泣いている理由は無い

夜泣きの赤ちゃん

ストレスを感じるママの多くが、「こんなに頑張っているのに」と自分をどこか責めていることが多いですが、夜泣きには泣いている理由がないことがほとんどです。

泣いている赤ちゃんを抱きかかえても泣くのがとまらないと分かっていれば一度諦めて責任感から自分を開放させてみましょう。泣いている理由は特に無いことを理解し、「なんとかなる」と楽観視してみるとストレスが緩和されます。

自分と向き合う

鏡を見る女性

ぐっとこらえていても、赤ちゃんの鳴き声は一向にやむ気配が無ければ、どんなに温厚なママでも苛立ちがピークに達します。

我を忘れてしまうほどのストレスを抱えたままで小さな赤ちゃんに接するのは、赤ちゃんにとってもママにとっても、お互いの良好な親子関係の為にも良くありません。

まずは泣かせたままでも構わないので、鏡の前に立ち自分自身と向き合ってみると気持ちが落ち着いてきます。

誰に言われても気にしない

耳をふさぐ女性

通常の状態では絶対にやってしまわないような平手打ちや怒鳴るといった行動も、一過性の苛立ちが頂点に達してしまったからでしょう。

そんな行動だけを他人が見れば、「悪い母親」だ何て言い方をすることがあるかもしれませんが、他人が言う「良い」「悪い」には耳を貸さないことが大切です。

マンションの一室などで大声で泣いていれば近所の目が気になるかもしれませんが、頑張っているママに対しての悪い評価は気にせずストレスを溜め込まないのが大切です。

昼間に外にだす

外出する親子

外に外出できる月齢になったら、昼間に積極的に外に出すようにすると良いです。小さな赤ちゃんを抱えていれば、周りから「可愛いね」など温かい声をかけられて、不思議と赤ちゃんが可愛く見えてきて優しい気持ちになれます。

日の光を親子で浴びれば室内の子育てから開放されてリフレッシュできるだけではなく、赤ちゃんにとって人間としての生活のリズムが早く整いやすくなります。夜もしっかりとぐっすり眠れて夜泣きが軽減されるようになります。

同じ悩みをシェアする

女友達

同じような月例の子供を連れたママ友が居れば悩みを話し合うだけでもストレスが和らぎます。

現在進行で同じ悩みを抱えている人たち同士であれば、辛さやそれぞれに合った具体的な解決案が見出されやすいので、たまには子供と一緒に外に出てランチやお茶をしに行くと良いです。

同年代のママ友が近くに居ないのであれば、地域の子育て支援センターに足を運ぶと色々悩みを聞いてくれるたり、同じような年齢の子供に出会えます。

1日でも離れてみる

伸びをする女性

子育てから24時間離れることが出来なければイライラが溜まってしまって当然です。休日やおじいちゃんおばあちゃんが尋ねてきた日など、赤ちゃんのそばから1日・1夜・1時間でも離れてみましょう。

心配でも任せてママがしっかり睡眠を取り、心と体が休まればまた赤ちゃんと向き合う余裕が生まれます。同時に、「こんなに泣かせて」「どうにかできないのか」などと言っていた旦那やお姑さんであれば、任せることで大変さやどうにもならないことなどを理解してくれるでしょう。

家事は手を抜く

料理を作る女性

何でも完璧にこなしたい、家事はしっかりとやっていると言うママさんであれば、家事が思うように進まないことに余計に苛立ちを溜めてしまいます。

夜泣きが酷くて睡眠時間がしっかりと取れない状態ではお料理や掃除も計画通りに進められないでしょうから、この時期は手が回るときにまとめてやる、料理は簡単に済ませるようにするなどして、少しでも手を抜く方法を考えるといいです。

家事のノルマが減り、子育てに専念できれば心の余裕が生まれます。

まとめ

赤ちゃんの夜泣きは、理由もなく泣き出す子がほとんどです。抱き上げても泣き止まず、何をしても効果が無ければ、「頑張っているのに」「ママ失格かな」など、どうしたら良いのか分からなくなってしまいます。

大きな声で泣かれればストレスが溜まるのは、誰しも同じことですから、まずは自分と向き合い心を落ち着かせるのが大切です。また、昼間に外出したり、誰かに少し面倒を見てもらうなどして、ストレスから心と体を休ませるようにすると子育てに余裕が出来ますよ。

TOPICSウォーターサーバー導入によるママ&赤ちゃんのメリット・デメリット

関連記事3歳から4歳児の夜泣きがひどい場合に考えられる原因&対策まとめ

関連記事赤ちゃんの夜泣きとは?いつから始まるの?しない子もいるの?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

イライラするママ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

卯月ここな

卯月ここな

海外大学留学時代、OLを経て出産子育て。
2011年長男の妊娠中からフリーライターへ。
現在、育児や美容コラムを中心に日々執筆活動中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 百日祝いとは?いつするの?何をするの?(内容や流れについて)

  • 成長痛とは?痛みを和らげる為の対処法は?治すことはできるの?

  • マタニティウェアって必要なの?最低限必要なものは?代用はできる?

  • こむら返りとはどういった状態なの?原因は?予防する方法は?

関連記事

  • 赤ちゃんの低温やけどによる症状&対処法は?対策も紹介

  • 赤ちゃんのスキンケアは必要?不要?何もしない事による影響は?

  • オイルヒーターは赤ちゃんに安全?メリット・デメリット&選び方

  • 赤ちゃんの夜泣きトラブルを防ぐための防音対策まとめ

  • 夜泣きに気づかず起きれない時の対策は?放置してると何か影響ある?

  • 赤ちゃんのハウスダストアレルギーによる症状は?原因&対策法まとめ