1. TOP
  2. 幼児に体操教室へ通わせることによる効果は?いつから?費用は?

幼児に体操教室へ通わせることによる効果は?いつから?費用は?

 2015/11/15 育児
この記事は約 6 分で読めます。
体操教室に通う女の子

我が子が赤ちゃん時代を卒業し、3~4歳になると、「どんな習い事をさせてあげようかな?」と考えるママやパパも多いでしょう。中でも、運動神経の発達に関わってくる体操教室は大人気です。

「何歳くらいから通えるの?」「いくらくらいかかるの?」など、気になる体操教室についてまとめてみました。

スポンサードリンク

幼児に体操教室へ通わせることによる効果は?

笑顔の幼児

幼児のうちから体操教室に通わせることは、子供にとって良い効果がたくさんあります。特に挙げられるメリットは「さまざまな運動を体験できる」、「身体が強くなる」、「社会性が身につく」の三つです。

さまざま運動を体験できる

サッカー教室、スイミングスクール、空手道場など、身体を動かすことのできる習い事はたくさんありますが、「サッカー教室ならサッカー」、「スイミングスクールなら水泳」のように、一つのスポーツしか経験できないものがほとんどです。

それにくらべ、体操教室では色々な種類の運動を体験させることができます。例えば、体操教室大手の「コナミスポーツクラブ」の幼児向けコースでは、ボール遊びからマット運動、跳び箱、鉄棒にリズム体操まで幅広く教えてくれますので、バランスのとれたスポーツ教育が可能です。

また、幼児のうちは、まだ自分の子供に向いている競技がはっきりとしないものです。たくさんの種目を体験する中で、子供が興味を持つものや得意なものがわかってくる点も良いですね。

身体が強くなる

大人に比べ、子供はあまり病気への抵抗力がありません。気温の変化が少しあっただけで熱を出してしまうお子さんも少なくないでしょう。体操教室に通い週に何度か運動するようになると、自然と体内のコントロール機能が高まり、身体が丈夫になります。

また、走ったり、跳んだりして筋肉を動かしますので、体力や持久力もつきます。実際、「体操教室に通い出したら、幼稚園のお友達よりも風邪を引かなくなった」という意見は大変良く聞かれます。

社会性が身に着く

体操教室は、グループ指導がほとんどです。同年代の子供たちと一緒に運動を習う中で、「並んで順番を待つ」、「着替えたものを自分の棚に入れる」、「お友達をサポートする」、「はじめとおわりのあいさつをする」など、基本的な社会性を身に着けることができます。

体操教室の中には、この社会性を重視しているところも多く、「礼儀を身に着けさせる」という指導方針を掲げているスクールもいくつもあります。

体操教室にはいつから通わせることができるの?

体操の先生

体操教室が受け入れを始める年齢は3歳前後がほとんどです。けれど、親同伴であれば1歳未満から受け入れを行っているスクールも増えてきました。

一人で練習に参加できるのは3歳前後から

ある程度言葉によるコミュニケーションがとれること、またトイレトレーニングなど基本的な生活指導ができていることなどが、一人で練習に参加できる条件となってくる体操教室がほとんどです。そのため、受け入れ開始の年齢は3歳前後に設定しているスクールが最も多いといえるでしょう。

3歳前後になれば、基礎的な運動能力がつき始めてくる頃です。「運動能力の発達に最も効果のある時期」とされている「ゴールデンエイジ」も3歳頃からですので、スポーツ教育上でも最も良い年齢であると言えます。

親子でなら1歳未満で受け入れている教室も

「親子スクール」などの名前で5~6ヶ月のベビーから受け入れを始めている体操教室も最近増えてきました。「親子スクール」では、親が子供と体操教室に通い、一緒にさまざまな運動を行います。運動能力を育てる、というよりは、親子のスキンシップの場としての効果が期待できます。

子供の運動を親がサポートする中で、子供に触れたり、励ましの言葉をかけたりする機会をたくさん持つことができますので、子供の情緒が安定し、落ち着いた元気な子に育つことが多いと考えられています。

実際、親子で体操教室に通うようになったら、癇癪(かんしゃく)を起したり夜泣きしたりする回数が格段に減ったという赤ちゃんも多くいます。

体操教室に通わせることでかかる費用は?

お金

体操教室は、スポーツ系の習い事の中では比較的安い費用で済みます。ただ、月謝の他に保険料などがかかる場合がほとんどです。

平均的な月謝

週1回、1~2時間で5000円~8000円程度が平均的な月謝であるといえるでしょう。幼稚園の中では、課外授業として園内の施設を使って体操教室を開いているところも多くあります。

園内教室の場合は、2000円~3000円程度で教えてくれるところもあります。全体的に見ても、外部の教室より安く設定されているところがほとんどです。

月謝の他にかかる費用

体操教室ではケガの心配がありますので、保険加入がほぼ必須となってきます。保険料は教室によってまちまちですが、毎月500円程度から、高くても2000円程度までのところがほとんどです。また、指定のユニフォームが用意されているところでは、ユニフォーム代も別途必要となります。

子供は成長がはやいため、ユニフォームを買い替える回数も多く、「思ったよりお金がかかった」というママもいます。

同じお教室に通っている年上の子からユニフォームを譲ってもらい、代わりに我が子のユニフォームを年下の別な子にあげてしのいでいる、という意見も聞きます。ユニフォーム代に関しては、工夫して上手に費用を抑えたいところですね。

多くはありませんが、夏季に合宿などを行っている教室では合宿代の用意も必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の内容をまとめると、以下のようになります。

  1. 幼児のうちから体操教室に通わせると、「さまざまな運動を体験できる」、「身体が強くなる」、「社会性が身につく」などの良い効果がある。
  2. 体操教室は「一人でなら3歳前後から」、「親子でなら生後数ヶ月から」通うことができる。
  3. 体操教室の月謝は週1回のレッスンで月5000円~8000円程度であり、別途保険料やユニフォーム代がかかる。

体操教室は、幼児のうちから通わせるには最適の習い事であると言えるでしょう。ぜひ、楽しくレッスンできると良いですね。

TOPICS育児疲れママが助かったと実感!赤ちゃん向けウォーターサーバー3選

関連記事幼児の運動によって期待できる効果は?年齢別の運動方法は?

関連記事ベビースイミングに通うメリット&デメリットは?いつから通えるの?

注目記事産後の腱鞘炎っていつ治る?病院での治し方は?痛みを和らげる対策法

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

体操教室に通う女の子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

運営事務局

運営事務局

「いくしぇあ」の運営事務局です。

育児・子育てに関連する情報を発信していきます。

こういった情報が知りたいといった、ご意見、ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • これってDV?DV夫の特徴や心理&被害者側の心理や後遺症までご紹介

  • 保育士が選ぶ!0歳児に読んであげたい絵本選び&おすすめ絵本16選

  • 着床時期に着床しやすくする為の過ごし方&気をつける事まとめ

  • 主婦必見!林修の今でしょ講座のカルチャースクール人気講座ベスト3

関連記事

  • 適切な刺激で変わる?!幼児(1~6歳児)の脳の発達を促す方法4つ

  • 子供のリズム感を鍛える為に実践してほしい5つのコト

  • 子供の塗り絵による効果とは?おすすめ無料の塗り絵サイト5選

  • 赤ちゃんから低学年までの絵本の読み聞かせ効果と心に寄り添う読み方

  • 小学校受験対策として身に付けておきたい家庭内でのしつけ

  • 5歳の子供が歯ぎしりをする原因は?自宅での改善法や病院での治し方