0800から始まる電話番号には出ない方がいい2つの理由とは?

「0800」から始まる番号の特徴と確認方法について お役立ち

普段、知らない番号からの着信には誰もが戸惑いがちです。

特に迷惑電話の場合、通話を終えるのが一苦労で、人々はより警戒するようになっています。

本稿では、「0800」で始まる電話番号の特性にスポットを当て、その重要性について説明します。

これらの番号の背景を理解することで、着信に適切に対応する手助けになるでしょう。

今回は、以下の内容をご紹介していきます。

  • 「0800」番号が持つ意味は?
  • 「0800」番号の発信源を特定する方法
  • 「0800」番号が迷惑電話と間違えられる理由
  • 「0800」番号の通話料は誰が負担する?
  • 「0800」番号からの電話への対応方法
  • 「0800」番号からの着信をブロックする方法
スポンサーリンク

「0800」番号が持つ意味は?

「0800」で始まる番号は通常、「フリーダイヤル」として認識されています。

多くの会社が使用する「0120」と同じく、近年では「0800」もフリーダイヤルとして用いられるようになっています。

これは、「0120」番号の枯渇に伴い、「0800」が新たな選択肢として登場したためです。

特に、記憶しやすい番号を求める企業にとって「0800」は有用です。

「0120」と「0800」は機能的に差異はなく、両者ともフリーダイヤルサービスを提供しています。

このサービスは「NTTコミュニケーションズ」が運営し、通話料は契約者が負担する形になっているため、「0800」で始まる電話番号の通話は、発信も受信も料金が発生しないため、費用を心配する必要はありません。

多くの企業が、顧客が気軽に問い合わせできるようこのサービスを利用しています。

結果として、「0120」や「0800」で始まる電話番号は、一般的に企業や個人事業主からのビジネス関連の通話と考えられています。

「0800」番号が迷惑電話だと思われる2つの理由

「0800」から始まる番号はすべてが迷惑電話であるとは限りません。

ですが、迷惑電話である可能性が高いのも事実です。

その1つ目の理由は、多くの企業がこの番号を使って営業や勧誘を行っているからです。

フリーダイヤルを使用した営業電話は様々な分野で見られます。

  • 不動産売買の営業
  • 太陽光発電や蓄電システムの営業
  • インターネット関連サービスの営業
  • 電気やガスの営業
  • 化粧品や健康食品の営業
  • 投資商品の営業
  • 出張買取の営業
  • 住宅の修理や改修の営業
  • ウェブサイト制作の営業

実際に、フリーダイヤルを使った営業電話は非常に多く、国勢調査の通知以外では、ほとんどが営業目的であることが多いです。

2つ目の理由は、「0800」番号が携帯電話番号と混同されやすいためです。

「080」で始まる携帯電話番号が一般的で、知り合いからの電話と勘違いしてしまうケースが増えています。

通常、フリーダイヤルの番号は「0800-○○○-○○○○」の11桁で表示されますが、端末によっては「080-0○○○-○○○○」と表示されることもあります。

これにより、携帯電話との区別が難しくなり、誤解を招きやすくなります。

「0120」番号の電話は一般的に営業目的と認識されています。

しかし、「0800」番号は見た目が携帯電話番号に似ており、普段「0120」番号の電話には応答しない人も、間違って出てしまうことがあります。

「080」の携帯番号と「0800」フリーダイヤルの識別方法

携帯電話番号は通常「080」で始まることが多いですが、「080」と「0800」フリーダイヤルとの間の違いを見分ける方法があります。

携帯電話や市外局番で始まる番号の先頭8桁には、「0」や「1」は使われません

「0」は国際番号などで用いられる国を示すための数字であり、「1」は緊急時に使用される番号(例えば110番や119番など)に割り当てられています。

通常は「2」から「9」の範囲の数字が使用されます。

このため、「080」の後にもう一つ「0」が続く場合、それはフリーダイヤル番号「0800」であると判断できます。

「0800」番号の通話料は誰が負担する?

前にも述べたように、「0800」で始まる電話番号への通話料は、契約者が負担します。

このため、発信者は「0800」番号へ通話しても、通話料を支払う必要がありません。

問い合わせなどで長時間話す場合でも、通話費用について心配することはありません。

「0800」番号からの電話への対応方法

0800番号からかかってきた電話にどう対応すればよいか、その手順を紹介します。

対応のステップは以下になります。

  1. 0800からの着信を見落とさないようにする。
  2. 最初にかかってきたときは、すぐには応答せず様子を見る。
  3. 着信番号をインターネットで検索して、どこの企業からの電話か調べる。
  4. 連絡した企業が特定できたら、必要に応じて後でかけ直す。必要がなければそのまま無視する。

ステップの重要なポイントは、最初に発信元を確認することです。

知らない企業からの電話であれば、無視しても問題ありません。

しかし、契約している企業からのものである可能性があれば、重要な連絡の可能性もありますので、注意が必要です。

余裕があれば、0800番号への折り返しも通話料無料ですから、後ほど連絡を取り返すこともできます。

0800番号からの電話に対応する際は、不要な営業話に時間を取られずに、スムーズに対応することが大切です。

ネットで電話番号の出所を調査する方法

「0800」で始まるフリーダイヤル番号は、かける側に通話料がかからないため、多くの大企業が顧客サービスなどで利用しています。

そのため、このような番号が全て怪しいとは限りません。

実際に、主要な携帯電話会社も自社のカスタマーサポート用に0800番号を活用しており、docomoやSoftBankなどはそれぞれ特定のサービスセンターへの連絡用に0800番号を設定しています。

もし着信履歴に「0800」で始まる番号があった場合、すぐに折り返す前に、その番号をGoogleなどの検索フォームに入力して検索してみてください。

また迷惑電話を調べられるサイトなどもありますので、こちらも活用してみましょう。

電話番号検索@迷惑電話チェック

インターネットには、様々な企業や団体の電話番号が記載されたリストが数多く存在し、検索するだけでどの組織からの電話かが判明することがほとんどです。

また、迷惑電話をかけてくる企業の番号は、警戒が必要な情報として掲載されていることもあり、同じような経験をした人たちのレビューを読むことも可能です。

「0800」番号からの着信をブロックする方法

「0800」番号からの頻繁な着信に困っているなら、着信拒否の設定が効果的かもしれません。

この設定は、使用している携帯電話の種類によって方法が異なります。

スマートフォンのキャリアの中には、迷惑電話とみなされる番号を自動でブロックするサービスを提供しているところもあります。

この機能により、「0800」番号を一部ブロックできる場合がありますが、全ての番号をブロックすることはできないかもしれません。

一方で、固定電話を使っている場合は、特定の番号を手動でブロックするのが一般的です。

この方法を実施するためには、発信者番号表示サービスを利用する必要があります。

また電話機によっては、迷惑電話ブロック機能が付いている場合があるようなので、自分の電話機の説明書などチェックしてみてもいいかもしれません。

まとめ

「0800」で始まる番号は、発信する側にとっては無料ですが、受ける側にとっては営業や勧誘の電話であることが多いです。

これらの電話が不要であれば、着信拒否リストに追加してブロックするのが最良の方法です。

また、「080」から始まる携帯電話番号と混同しないように注意することも大切です。