+1844番号からの不審な電話|原因と適切な対応策

+1844番号からの不審な電話:原因と適切な対応策 お役立ち

最近、+1844という番号からのスマートフォンへの怪しい電話が増えているようです。

実際、これらの電話の多くは詐欺の可能性が高いため、応答しないことが推奨されます。

ここで、その理由と対応方法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

+1844の着信はどこの国から?

+1844の番号は、アメリカ合衆国からの着信を意味しています。

この形式は+1(844)XXX-XXXXとなります。

この番号を細かく見てみると、国際コードの+1と、844に分けられることがわかります。

844という番号は、Toll Freeというアメリカ国内で通話料無料のフリーダイヤルサービスを表しています。

アメリカでは「1-800-」をはじめ、833, 855, 866, 877, 888といった様々なフリーダイヤルの接頭辞があります。

これらの番号に日本から直接かけると通話料がかかりますが、Skypeなどのオンライン通話サービスを利用すれば、追加料金なしで電話をかけることができます。

したがって、+1844で始まる電話番号は、アメリカから掛かってきた国際電話ということになります。

+1844の電話、なぜ自分が選ばれたの?

+1844からの電話は、ランダムに多数の番号へかけられています

したがって、偶然にあなたの番号が選ばれたというわけです。

番号が漏れたわけではなく、特定されたわけでもありません。

不快かもしれませんが、この種の事例は珍しくなく、過剰な心配は不要です。

さらに、携帯番号には特定のパターンが存在し、これを基に自動的に連続して電話をかけることができます。

+1844からの電話を受けた際の対処法

+1844の番号から電話がかかってきたら、相手の話を聞かずにすぐに電話を切ることが最善です。

この番号からの通話は詐欺の可能性があるため、注意が必要です。

しかし、相手に自分の情報を一切伝えなければ、被害に遭うリスクは大幅に減少します。

もし電話に出てしまった場合は、以下のことに気をつけてください。

  • 相手の怪しい要求には応じない
  • 個人情報は絶対に伝えない
  • 何かおかしいと感じたらすぐに電話を切る

違和感を感じたら、ためらわずに通話を終了することが重要です。

一度電話を切って冷静になれば、話の内容や電話番号を元に、詐欺や迷惑電話であるかどうかを判断する手がかりになります。

自分で判断できない時は、警察に相談するのも一つの方法です。

+1844からの詐欺電話の事例

+1844からの着信には、特定のパターンがいくつか見られます。これらを理解しておくと、適切に対処できます。

中国語アナウンスの場合

+1844の番号からの着信に応答すると、最初に遭遇する可能性が高いのが、中国語でのアナウンスです。

ここでの話題は、主に投資や株取引に関する内容が多いです。

通話を続けると通話料がかかるため、できるだけ早く通話を終了することが推奨されます。

日本の企業を装うケース

+1844の番号からの着信で、NTTなどの国内企業を名乗ることもあります。

日本語で未払いの料金の請求をされる場合がありますが、これは個人情報を聞き出すための手口です。

相手はランダムに電話をかけており、誰に電話をしているかは把握していません。

個人情報の提供は避け、未払い料金の請求も架空のものであるため、支払う必要はありません。

通話料が発生する可能性もあるので、長引く会話は控えましょう。

配送トラブルを偽装した詐欺の手法

最近、配送トラブルに関する詐欺が増えています。

詐欺師は、荷物配送に問題があると偽り、日本語で通話を試みます

彼らは、荷物の配送先や個人情報などを尋ねることが多いです。

しかし、実際には何の荷物もなく、これは個人情報を盗むための典型的なフィッシング詐欺です。

情報を提供すると、詐欺グループにマークされ、さらなる詐欺の被害に遭う可能性があります。

もし情報を伝えてしまった場合は、怪しい電話や話題には関わらないよう注意しましょう。

+1844からの電話に掛け直す行為にはリスクあり

もし+1844という番号から電話が掛かってきた場合は、折り返しかけ直すのを避けるのが賢明です。

この番号へ折り返しかけ直すことは、異常に高い国際通話料金を請求される可能性があります。

国際通話を巡る詐欺では、発信元の国の通信事業者が詐欺団体と組んで、通話料の一部を不正に詐取するケースがあります。

電話に応答すると、わざと通話を引き延ばすために外国語の案内が流れたり、特定の数字を押すよう指示されたりすることがあります。

また、個人情報や金融情報を騙し取る目的の電話も存在します。

短い着信やメッセージを使ってかけ直しを促すこともありますが、そういった誘いには応じない方がよいでしょう。

見慣れない+1844からの着信は、無視することが最良の選択です。

+1844の電話が掛かってきた際の対応策

+1844の番号から電話がかかってくる場合、それを完全に無視するのが最良の対応方法です。

電話に出たり、かけ直したりすることは避け、どれだけ気になっても応答しないことが大切です。

発信者はランダムに電話をかけており、特定の相手に集中しているわけではないので、無視すれば繰り返しの着信は減少します。

たとえ何度も着信があっても、無視を続けることで次第に着信は止まるでしょう。

着信拒否設定の利用

度重なる着信により不安を感じる場合は、現在契約している携帯電話会社に相談し、海外からの着信を拒否する設定を行うことも一つの方法です。

この設定を行えば、不快な着信がなくなり、安心して過ごせるようになります。

まとめ

+1844からの電話は詐欺の可能性が非常に高いため、基本的には無視するのが最善の対応です。

着信があっても返信はせず、情報提供は絶対に避けましょう。

万が一応答してしまった場合でも、できるだけ早く通話を切断し、個人情報は決して共有しないよう注意が必要です。