1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 100均(ダイソー)の防水ケース3商品を徹底検証!海・プールは大丈夫?

100均(ダイソー)の防水ケース3商品を徹底検証!海・プールは大丈夫?

ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。
ダイソーの防水ケース

海やプールで使えるような防水ケースが100均でも売っているのか気になっている方もいらっしゃると思います。

そこで今回、ダイソーに3種類の防水ケースが売っていましたので、プールや海でも使えるようなアイテムなのか、iphone7を使ってお風呂で検証してみることにしました。

先に結論からいいますと、海やプールの中で使えるアイテムではありません

実際に検証してわかった、海やプールでの使い方のポイントや注意点などをご紹介していますので、興味がある方は参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

ダイソーに売っている防水ケース3種類を徹底検証

今回ダイソーで購入した3種類の防水ケースを使って、お風呂で防水ケースの機能面や操作性については、検証してみることにしました。

簡易防水ソフトケース スマートフォン用

簡易防水ソフトケース スマートフォン用

丈夫な特許構造で、濡れた手でもタッチができるというアイテムです。

ただ開封して確認をしてみましたが、どこが丈夫なのかよくわかりませんでした。

簡易防水ソフトケース スマートフォン用を開けてみた

上部の両サイドに穴が開いていますので、紐などを付けて首に吊るすことができそうです。

ジッパー部分は、素材に直接熱などで加工している、一体型のタイプです。

ジッパー部分

収納物の大きさは、全長13cm以下、周囲15.2cm以下のスマホと書いてありましたが、iphone7はギリギリ入りました。

ジッパー部分はちゃんと締まりますが、一体型なのでロックがよわく、ちょっと力を入れると空いてしまいます

iphone7を入れている様子

防水ケースを水で濡らしてから操作してみたところ、指紋認証の設定をしている場合、ホームボタンを押しても反応しませんでした。

簡易防水ソフトケース スマートフォン用の操作性を検証

指紋認証が無理だったのでパスワードで解除した後は、ホームボタンやその他の液晶画面にも反応していました

次に、iphone7と同サイズに加工した段ボールのテスト用携帯を防水ケースに入れて、防水機能を検証してみることに。

段ボールを防水ケースに入れる

シャワーで濡らしたり、水の入った洗面器に5分間沈めておきました。

防水ケースの防水性の検証

その後で確認してみると、水は防水ケースの中に浸水しておらず、テスト用携帯も濡れていませんでした

iphone7は濡れていません

簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ)

二重ジッパー構造で水や汚れをガードしてくれ、ケースに入れたままタッチができるというアイテムです。

簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ)

確かに2重のジッパー構造になっていますね。あとジッパー部分は、本体と接着剤などでくっ付けられている、分離型のタイプです。

ジッパー部分

収納物の大きさは、約16cm×10cmまでのスマホなら入るようで、iphone7 Plusがギリギリ入りました。

ジッパー部分はしっかりと締まって、ガッチリとロックされていますので、ちょっと力を入れた程度では開きません

iphone7を入れている様子

防水ケースを水で濡らしてから操作してみたところ、最初に検証した放水ケースと同様に、指紋認証の設定をしている場合、ホームボタンを押しても反応しませんでした。

簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ)の操作性を検証

パスワードで解除した後は、ホームボタンやその他の液晶画面にも反応していました

それと防水ソフトケースは水の中で使うアイテムではありませんが、せっかくなので洗面器に水をためて水の中で操作ができるのか試してみたところ、ホームボタンも他の液晶画面も反応しませんでした

簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ)の水の中での操作性を検証

水の中と外で、スマホにどのように変化が起きているのかはかわかりませんが、操作はできないんですね。

次に、iphone7Plusと同サイズに加工した段ボールのテスト用携帯を防水ケースに入れて、防水機能を検証してみることに。

シャワーで濡らしたり、水の入った洗面器に5分間沈めておきました。

防水ケースの防水性の検証

その後で確認してみると、水は防水ケースの中に浸水しておらず、テスト用携帯も濡れていませんでした

iphone7Plusは濡れていません

立てて見れる防水ソフトケース スマートフォン用

立てて見られるスタンド型で、濡れた手で操作ができるというアイテムです。

立てて見れる防水ソフトケース スマートフォン用

横から入れるタイプで、マジックをはがすと、縦と横どちらでも立てることができるという仕様になっています。

立てて見れる防水ソフトケース スマートフォン用を開けてみた

ジッパー部分は、素材に直接熱などで加工している、一体型のタイプです。見るからにロックが弱そうな予感が。

ジッパー部分

サイズはどこにも書かれていませんでしたが、iphone7 Plusが無理やり入れて入るくらいの大きさでした。

iphone7 plusを入れてみた

ただ、取りだすのも大変だったので、サイズ的にはiphone7くらいのスマホにしておいた方がよいでしょう。

ジッパー部分は一応締まりますが、一体型なのでロックがかなりよわく、すぐに空いてしまいます

これまで検証した防水ケースと同様に、指紋認証の設定をしている場合、ホームボタンを押しても反応しませんでした。

立てて見れる防水ソフトケース スマートフォン用の操作性を検証

パスワードで解除した後は、ホームボタンやその他の液晶画面にも反応していましたが、ビニール素材で厚みがあるせいか、若干反応が鈍いような気がしました。

次に、これまでと同じ流れで防水機能を検証してみることに。

防水ケースの防水性の検証

その後で確認してみると、やはり水が防水ケースの中に浸水していて、テスト用携帯にも浸み込んでいました

iphone7が濡れていました

ダイソーに売っている防水ケース3種類の検証結果まとめ

サイズ 操作性 防水性
簡易防水ソフトケース スマートフォン用 iphone7
簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ) iphone7 Plus
立てて見れる防水ソフトケース スマートフォン用 iphone7 ×

※記号(◎>〇>▲>×)で4段階評価をしています。

簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ)は、ジッパー部分が2段階構造でロックも強いので、これなら使えそうかなと思いましたが、実は再度使ってみようとジッパーを閉めようとしても、奥のジッパーがなぜか閉まらない…。

なんでだろう?と見てみると、ロックの強度が強すぎて、開ける時に接着部分が剥がれていたようです。

接着部分が取れている様子

一体型の場合は、こういったことはあり得ないのですが、その反面ロックがよわいので、正直どっちもどっちだなと思いました。

ジッパー部分をチェック

とはいえ、簡易防水ソフトケース スマホ用(大きめサイズ)の場合、ジッパーをゆっくりと開けるなど気を付ければかなり使えるのかなと思いました。

海やプールでの使用について

海・プールの場合、スマホを置いていると盗まれる心配があるので、持ち歩きたいという方が多いと思うのですが、上で紹介した3つの防水ケースに関しては、完全防水ではないので、水の中では使えませんとパッケージに書かれています。

あくまで、濡れた手でも使えます程度のものなので、海やプールから出た後にちょっとスマホを確認したいというような使い方になります。

それと、指紋認証の設定をしているとホームボタンが反応しませんので、指紋認証の設定をしている場合は事前に解除してからでないと使えませんので、その点は注意してください。

まとめ

大事なスマホを水から守りたいと考えているなら、100均の防水ケースを使うのは止めておいた方がよいでしょう。

お風呂で水につけなければ使えるんじゃないかと思うかもしれませんが、湿気も良くないはずなので、毎日使うとなると完全防水でなければちょっと心配です。

完全防水、しかも指紋認証までできるアイテムが、千円ほどで売っていますので、個人的にはそちらを利用されることをおすすめします。

強化版 防水ケース スマホ用 【IPX8認定 指紋認証対応】 スマホ 防水携帯ケース
出典:amazon.co.jp

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの注目記事を受け取ろう

ダイソーの防水ケース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いくしぇあ | 育児・子育てを応援するメディアサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

運営事務局

運営事務局

「いくしぇあ」の運営事務局です。

育児・子育てに関連する情報を発信していきます。

こういった情報が知りたいといった、ご意見、ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。