男性の厄年に注意すべきこと&避けた方が良い行動

男性の厄年に注意すべきこと&避けた方が良い行動 マナー

男性が厄年を迎える際に注意すべき行動や、避けるべき事柄について知っておくことは、不測の事態を避ける上で非常に重要です。

厄年は不運や災難が起こりやすいと言われているため、特に気を付けるべき行動について理解しておくことが求められます。

今回は、男性の厄年において避けるべき行動や気を付けるべきポイントを詳しく紹介します。

スポンサーリンク

男性の厄年に避けた方が良いこと

厄年における男性が避けた方が良い行動や気を付けるべき点をまとめています。

具体的には、以下の行動や事柄が含まれます。

新築や家の建設の延期

新しいプロジェクトや計画を控えることが推奨されており、特に新しい家を建設することは避けるべきとされています。

42歳の厄年は特に大厄とされ、この時期の新築や家の建設はリスクが伴うとされています。

安全を期すためには、厄年を過ぎてから建設を始めるのが良いでしょう。

転職の延期

25歳や42歳の厄年に転職を検討する男性は多いですが、特に42歳の大厄では慎重な判断が求められます。

厄年には転職のリスクが増すため、可能な限り厄年を避けて転職を検討するのが望ましいです。

事業の開始を避ける

新しい事業を開始する際にもリスクが伴うため、特に厄年には慎重な検討が必要です。

すべての取り組みを避ける必要はありませんが、新しい事業を始める際には特に注意が必要です。

引っ越し計画の見直し

特に25歳や42歳の厄年においては、引っ越しを行うことが避けられる場合があります。

厄災に遭遇する可能性が高まるためですが、引っ越しは必要に応じて適切な準備と対策を行うことが重要です。

結婚計画の検討

厄年に結婚を行うことは一般的に避けられるとされていますが、結婚はタイミングが重要です。

厄年であることによって結婚を延期すると、破談の原因になる可能性もあるため、慎重な検討が必要です。

健康に配慮した生活

42歳の厄年は健康上の問題が生じやすい時期であり、仕事のストレスや忙しさによる不健康な食生活に陥りがちです。

健康的な食生活を心がけ、適度な運動を取り入れることで、健康リスクを低減させることができます。

男性が厄年に新しい取り組みを控えるべき理由

この時期に災厄が起こりやすいとされているからです。

厄年には生活上の大きな変化が起こることが多く、それらの変化がリスクを伴う可能性があるため、新しい挑戦には慎重に取り組むことが推奨されます。

特に男性の場合、40代前半になると身体的、社会的な変化が生じやすくなります。

この時期に起こる変化は避けられないことも多く、それらの変化にはリスクが伴うため、厄年には新しい挑戦よりも現状維持や安定を目指すことが良いでしょう。

しかし、すべての新しいことを避ける必要はなく、重要なのは厄年という時期を理解し、十分なリスク管理を行いながら行動することです。

男性の厄年に該当する年齢

男性の厄年はいつなのか、具体的なタイミングを見てみましょう。

一般的に厄年は前厄、本厄、後厄の3年間であり、男性と女性で異なる年齢に訪れます。

ここでは男性の厄年に該当する年齢を紹介します。

前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

人生で厄年は3回訪れ、42歳の本厄は特に大厄とされています。

この時期は社会的な責任が増え、仕事や家庭でのストレスが高まることが一般的です。

この年齢に達したら、特に健康管理やストレス対策を意識することが大切です。

2023年に該当する男性の厄年

2023年の男性の厄年を示す早見表をご覧ください。特に42歳の大厄は、心身の変化が激しく、注意が必要です。(年齢は数え年です)

前厄 本厄 後厄
平成12年生まれ(24歳) 平成11年生まれ(25歳) 平成10年生まれ(26歳)
昭和58年生まれ(41歳) 昭和57年生まれ(42歳) 昭和56年生まれ(43歳)
昭和39年生まれ(60歳)  昭和38年生まれ(61歳) 昭和37年生まれ(62歳)

2024年に該当する男性の厄年

2024年の男性の厄年を示す早見表をご覧ください。特に42歳の大厄は、心身の変化が激しく、注意が必要です。(年齢は数え年です)

前厄 本厄 後厄
平成13年生まれ(24歳) 平成12年生まれ(25歳) 平成11年生まれ(26歳)
昭和59年生まれ(41歳) 昭和58年生まれ(42歳) 昭和57年生まれ(43歳)
昭和40年生まれ(60歳)  昭和39年生まれ(61歳) 昭和38年生まれ(62歳)

この表を参考にして、厄年には特別な注意を払い、適切な対応を心がけましょう。

厄年でも過度な心配をせずに日々を送る

男性の厄年に関しては多くの迷信や伝統的な言い伝えが存在しますが、これらに科学的根拠はありません

厄年とは、古くから「この年齢では特に注意が必要」とされてきた年齢を指すもので、実際に起こる出来事がすべて厄年のせいであるとは限らないのです。

したがって、厄年を迎えたからといって、日常生活に不必要な心配を抱え込む必要はありません。

大切なのは、厄年を「平常より注意を払うべき時期」と考え、普段どおりの生活を送ること。

たとえば、歩行時に石につまずくリスクを過度に恐れずに、単に注意深く歩くことが肝心です。

厄払いによる心の安堵を求めて

もし厄年の不安が強い場合は、厄払いがお勧めです。

科学的な証拠はなくとも、厄払いによって多くの人々は「心が穏やかになった」と感じています。

心の平穏は、不安感やパニックを防ぐ上で重要な要素です。

厄払いは、合格祈願や安産祈願のお守りのように、心のサポートとなり得ます。

これらのお守りに科学的効果はありませんが、持つことで安心感を得ることができます。

心配な方は、厄払いを受けて心の安定を得ることを検討してみてはいかがでしょうか。

心の安らぎを得ることが、厄年を穏やかに過ごす上での助けとなるでしょう。

厄年を新たなスタート地点として捉える

厄年は新しいことをためらいがちですが、実際にはこれを新しいチャンスと捉えることも可能です。

男性の厄年は25歳、42歳、61歳の本厄期間にあたり、これらはしばしば職業や人生の重要な転換期と一致します。

新しい業務に取り組んだり、昇進や転職を考慮する良い機会となり得ます。

江戸時代には、厄年を「役年」として積極的に新しいことに取り組む文化が存在しました。

現代でもこの精神は有効で、厄年を新たなステップへの足がかりとして捉えることが推奨されます。

直接的な仕事の変更が難しい場合でも、新しい技能の習得や投資、資産運用の学習など、自己成長のためにこの時期を活用することが良いでしょう。

日々の生活環境の清掃に焦点を当てる

厄年において、日常の清掃活動の見直しが特に有効です。

定期的な掃除を通して、住居や職場を清潔に保つことが勧められています。

特に気の滞りがちな水回りを集中的に掃除することで、悪い気を取り除き、良いエネルギーを引き寄せるとされています。

ストレス軽減とリラックスの時間を大切に

厄年は心が不安定になりやすい時期です。

そのため、ストレスが溜まり過ぎないよう、リラックスできる時間を確保することが重要です。

例えば、朝の静かな時にコーヒーを味わう、夜空を眺めてリラックスするなど、日常の中に小さな喜びを見つけることで、心のバランスを保つことができます。

男性の厄年における適切な行動指針

男性の厄年には、いくつかの特定の行動を避けることが一般的に推奨されます。

厄年は伝統的に運気が低迷しやすいとされる期間で、大きな生活の転換や新たな挑戦は控えるべきとされています。

具体的には、結婚、家の購入、転職、新規事業の立ち上げなどの重要な決断は、この期間には慎重に行うべきです。

厄年の際の厄除け祈願

厄年を迎える男性には、地域の神社やお寺で行われる厄除け祈願が役立ちます。

これは全国の神社・お寺で行われる伝統的な儀式で、厄年の人々のために特別な祈りが捧げられます。

この祈願は精神的安定をもたらし、不安感を軽減する効果があります。

本厄とは何か

本厄は、新しいことを始めたり、重要な決断をする前に十分な慎重さが求められる時期です。

ストレスの蓄積を防ぎ、バランスの取れた生活を心がけることが重要です。

特に注意が必要な年齢

男性における厄年は、25歳、42歳、61歳が主な本厄とされています。

これらの年齢では人生の大きな変化が起こりやすく、精神的、肉体的にも不安定になりやすい時期です。

厄年に起こりうること

厄年には、人生の転機が訪れやすく、健康面や精神面での不安が増すことがあります。

日々の小さな変化にも気を配り、平穏な心を保つことが大切です。

厄年の由来とその意義

厄年は、古くからの日本の伝統的な考えに基づいており、特定の年齢での精神的、肉体的な浄化を目指し、次のステージへの準備期間とされています。

この概念には、宗教的、社会的な背景が深く関係しています。

まとめ

男性が厄年を迎える際は、結婚、家の購入、キャリア変更、新たな挑戦など、人生の重要な転機に関して特に注意が必要です。

しかし、同時に、自己成長のための基盤作りを進めることも大切です。

厄年は、自己反省と成長に最適な時期であり、この機会を有効活用することが推奨されています。