デニムの色移りを解消する落とし方!バッグ、靴、シャツを新品同様に!

デニムの色移りを解消する落とし方! 家事

デニムはその頑丈さや、汚れが目立たない特性、どんな服装にもマッチする便利さからお気に入りです。

しかし、デニムの色が他の服に移る問題は頭を悩ませるところです。

新しい白いシャツと一緒に洗濯してしまい、シャツが青く染まってしまったり、新品のスニーカーやバッグに色がついてしまった経験ありますよね?

そんな時、色移りしたアイテムはもう手遅れかと思いきや、そうではありません。

色がついてしまった「バッグ、靴、シャツ」を元通りにする方法が実はあるんです。

今回は、以下の内容をお伝えしていきます。

  • デニムの色移りからアイテムを取り戻す方法
  • デニムからの色移りに対する予防法
  • 色移りを防ぐコツ
スポンサーリンク

デニムの色移りからアイテムを取り戻す方法

デニムからの色移りはファッション愛好家なら誰もが経験するもの。

ここでは色移りしたアイテムを取り戻す実用的な方法を紹介しますが、実行する前に必ずテストをしてアイテムを傷めないようにしましょう。

効果的な洗剤選びとして、より強い洗浄力を持つ弱アルカリ性の粉末洗剤がお勧めです。通

常の使用量よりも多めに使い、汚れをしっかり落としましょう。

バッグのクリーニング方法

バッグの素材は多岐にわたるため、適切な方法を選ぶことが重要です。

特に、本革と合成皮革は見た目が似ていることもあるので、慎重に処理してください。

レザーバッグの場合

レザー専用のクリーニング剤を使い、次の手順でケアします。

1.固形のレザークリーナーで色移りした部分を丁寧になじませていきます。

2.スプレータイプの汚れ落としを染み込ませた布で、色移りした部分を拭き取ります。

3.何度か処理を繰り返した後、レザー保護用のクリームで仕上げます。

キャンバスバッグの場合

耐久性に優れるキャンバスは煮洗いが可能です。固形の洗濯石鹸と酸素系漂白剤を使用してください。

1.鍋に水を沸かし、石鹸を溶かした後、漂白剤を加えます。

2.バッグを鍋に入れ、5分間煮洗いします。

3.きちんとすすいだ後、形を整えて陰干しします。

合成皮革バッグの場合

シミがつきにくい合成皮革には、除光液が効果的です。

1.除光液を含ませた脱脂綿で、色移りした箇所を優しく拭き取ります。

2.水を含ませた布で除光液を拭き取ります。

靴のクリーニング方法

靴は特に汚れが付きやすいため、まずはそれらを除去してから色移りをケアします。

革靴の場合

レザーバッグと同じく、固形のクリーナーとスプレークリーナーで手入れをします。

1.靴ブラシで埃や汚れを取り除きます。

2.固形クリーナーで色移りした部分を擦り、スプレータイプで拭き取ります。

3.仕上げに靴クリームを塗ります。

スニーカーの場合

白いスニーカーなら漂白剤を、カラフルなものは消しゴムや中性洗剤でケアします。

1.スニーカーを水に浸し、色移りした部分に酸素系漂白剤を塗布します。

2.ドライヤーで温めて漂白剤の反応を促し、色を抜きます。

3.その後、中性洗剤で擦り洗いし、十分にすすぎを行います。

4.形を整えてから、風通しの良い場所でしっかりと乾かします。

シャツのクリーニング方法

シャツについたデニムの色移りは、高温のお湯で浸け置き洗いすることで効果的に落とすことができます。

適温は繊維を痛めず、洗剤の力を最大限に引き出せる50〜60℃が理想的です。

1.洗剤を高温のお湯に溶かし、酸素系漂白剤を加えます。

2.シャツをこの溶液に入れ、軽く押し洗いした後、30分程度放置します。

3.すすぎの際は洗剤が残らないように念入りに行い、最後に形を整えて陰干しします。

以上の方法を試しても色移りが改善されない場合や、アイテムが高価な場合は、専門のクリーニングサービスを利用するのが最も安全で確実です。

費用はかかりますが、大切なアイテムを長持ちさせるためには、プロの手を借りることが得策です。

これらの手法をうまく活用して、デニムの色移りによるトラブルを未然に防ぎ、お気に入りのアイテムを長く楽しんでください。

デニムからの色移りに対する予防法

デニムの色移りに困った経験はありませんか?デニムがなぜ色移りしやすいのか、その予防法について考えてみましょう。

染料の特性を知ることで、色移り対策も明確になります。

デニムの青い色、その秘密「インディゴ」とは?

デニムを特徴付ける青色は「インディゴ」という染料から来ています。

昔は天然素材から抽出されていたインディゴも、今は合成が主流です。

インディゴは水に溶けにくく、粒子が大きいため、布の内部に染み込むのが難しいのです。

インディゴ染めが選ばれる理由

デニムの生地は、染料が表面に付くことで、摩擦や洗濯で色落ちしやすくなっています。

この色落ちが進むことで、使い込んだデニム独特の風合いが出てくるのです。

この自然な色の変化が、デニムを特別なものにしている理由なのです。

それでも、色移りしやすいという事実は変わらず、しかし色が表面にあるため、適切な方法を使えば落とすことも可能です。

色移りしたアイテムも、適切なケアで元に戻すことができるのです。

色移りを防ぐコツ

色移りを予防するには、防水スプレーが有効です。

デニムを着る前に、特に色が移りやすい部分にスプレーをしておくことがポイントです。

もし色移りしてしまったら、迅速な対応が成功への鍵です。

まとめ

バッグ:レザーは専用クリーナー、キャンバスは煮洗い、合成皮革は除光液が有効です。

靴:革靴はクリーナーで磨き、スニーカーは漂白剤を使います。

シャツ:洗剤と漂白剤を溶かした50〜60度のお湯で浸け置き洗いをします。

家庭でのケアでも色移りが改善しない場合は、クリーニング店へ。高価なアイテムや思い入れのあるものは、プロの手に任せるのが無難です。

これらの方法をうまく活用し、色移りの心配なく、デニムを楽しみましょう!