花見の隠れた心配事!毛虫が降ってくる?

花見の隠れた心配事!毛虫が降ってくる? 行事・イベント

「桜の木の下で花見をしていると、毛虫が上から落ちてくるって本当?」

虫が苦手な人なら、こんな疑問を持つかもしれませんね。

この記事では、花見をしている時に毛虫が落ちてくる可能性や、桜の木に生息する毛虫の種類、もし毛虫と接触してしまった場合の対応策などを紹介します。

スポンサーリンク

花見の季節に毛虫は現れる?

花見の時期に毛虫が落ちてきたり、地面を這っていることは、一般的にはあまりないようです。

これは、毛虫が桜の新芽を食べるため、花見の頃にはまだ卵の中であることが多いからです。

もし孵化していたとしても、成長して十分な大きさになるまでは、たいていは木の幹の隙間などで静かに待っています。

地域によっては異なりますが、毛虫が目立つのは大体5月中旬から6月末の初夏の頃です。

ですから、花見の時期にはそんなに毛虫を心配する必要はないでしょう。

ただし、風が強い日は注意が必要です。孵化が早い毛虫が風に乗って飛んでくることがあります。

特に毛虫が苦手な方は、風の強い日の花見を避けた方が良いかもしれません。

また、子供たちが木に登る際には、毛虫との接触の可能性もありますので注意が必要です。

ただし、SNSでは以下の投稿のように、花見の際に毛虫に遭遇した方もいらっしゃいました。

桜の木に生息する毛虫の種類

春のお花見シーズンにおいて、桜の木周辺の毛虫の存在について過度に懸念する必要はあまりありません。

それでも、どのような種の毛虫が存在するのかを知っておいても損ではありません。

アメリカシロヒトリ

アメリカシロヒトリの幼虫

本州、四国、九州に広く分布するこの毛虫は、長い毛を持ちますが、毒はありません。

オビカレハ

オビカレハの幼虫

日本全国で見られるこの種は、体長が60mmにもなることがありますが、毒性は持っていません。

もし触れたとしても心配は不要です。

イラガ

イラガの幼虫

イラガは、日本各地に生息する体長約25mmの有毒毛虫です。

触れると激しい痛みを伴うことがありますが、主に夏から秋にかけて活動するため、春のお花見シーズンには滅多に遭遇しないでしょう。

ドクガ

ドクガの幼虫

ドクガは、その名の通り日本全国に分布する毒性を持つ毛虫です。

皮膚に触れると炎症を引き起こす可能性があります。

しかし、ドクガが活動する主な時期も夏から秋にかけてであるため、春のお花見時にはほとんど遭遇しないと言えます。

毛虫の刺激にどう対応すべき?

お花見の時期に毒を持つ毛虫に出会うことは少ないとされていますが、念のため、もし刺されたらどうするかを知っておくと安心です。

もし毛虫に刺されてしまった場合、まずは被害を受けた部分を水でたっぷり洗い流しましょう。

指で患部を優しく摘んで毛虫の毒を洗い流すのがポイントです。

その後、セロハンテープや粘着テープを使って毛虫の細かな毛や毒針を取り除く方法も効果的です。

初期処置が完了したら、市販の虫刺され薬を塗って炎症を抑えましょう。

毛虫に刺された場合、特別な処置をしなくても大体1週間程度で自然に治癒することが多いですが、症状が改善しない場合は、医療機関の受診をお勧めします。

まとめ

このように、花見の季節に毛虫に出くわす可能性は低いですが、事前の準備をしておくことは重要です。

楽しい花見を心置きなく楽しむためにも、毛虫対策は忘れないようにしましょう。

完全に毛虫を避けたい場合、桜の木の直下ではなく、少し離れた場所で花見をすると安心です。