ハンカチのプレゼントはうれしくない?5つの理由と対策を紹介

ハンカチのプレゼントはうれしくない?5つの理由と対策を紹介 ライフスタイル

ハンカチをプレゼントとして選ぶ時の落とし穴とは何でしょうか。また、それらの問題をどう解決すればよいのかを探ります。

興味深いこの問いに対し、以下の通りお答えいたします。

まずは結論から。ハンカチがプレゼントとして喜ばれない主な理由は、以下の要素に関連しています。

  • デザイン
  • 質感
  • ブランド
  • 実用性の高さ

つまり、受け取る人の個人的な好みと合わないことがしばしばあります。

日頃のちょっとした贈り物として選ばれることの多いハンカチですが、相手が本当に喜ぶデザインはどれか考えるのも楽しみの一つです。

ですが、ハンカチを贈る際には、残念ながら喜ばれない理由もあります。そんな点を避け、相手が喜ぶプレゼントを選びましょう!

今回は、ハンカチを贈る際に知っておくべきポイントを詳しく解説しています。

最後まで読むことで、思わぬ失敗を回避し、相手との良い関係を続けるためのアドバイスを得られます。

スポンサーリンク

プレゼントとしてのハンカチが不評な理由!

喜ばれない理由にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

  • 相手の好み(色や形)と合わない
  • 好みの質感でない
  • 望まれていたブランドでない
  • 既に多数のハンカチを持っている
  • 実用的だが平凡すぎると感じる

これらは受け取る人の好みが反映されやすいため、ハンカチが個人の趣味に合致していないことが問題のようです。

しかし、これらのポイントを事前に把握しておけば、プレゼントが喜ばれる可能性を高めることができます!

ハンカチを贈る際の印象的な方法と選び方

ハンカチをプレゼントとして渡す際に印象的な演出をする方法についてご紹介します。

女性へのハンカチの贈り方のポイント

女性へのハンカチの贈り物は、相手との関係やその時のシチュエーションに合わせた方法で贈ることが大切です。

例えば、特別な日ではなく普段の日にハンカチをプレゼントすると、予期せぬ喜びを与えることができます。

しかし、誕生日などの特別な日にハンカチのみを贈ると、その価格が想像されやすく、がっかりされるリスクもあります。

そこで、ハンカチに加えて、感謝を表すメッセージカードや小さな贈り物を添えると、より一層喜ばれるでしょう。

男性へのハンカチの贈り方のポイント

男性へのハンカチの贈り物では、女性の場合ほど贈るタイミングを選ぶ必要はありません。

受け取ることそのものがうれしいため、選ぶハンカチ自体にこだわりましょう。

ビジネスシーンで使える実用的なデザインや、タオルやガーゼなどの高品質な素材を選ぶと評価されやすいです。

しかし、個性的なデザインを好む人もいますので、プレゼントを選ぶ際には、相手の好みやスタイルをよく知ることが大切です。

ハンカチの贈り物が持つ意味と配慮すべきポイント

単純な贈り物のように思えるハンカチには、予想外の深い意味が隠されていることがあります。

間違ったメッセージを送らないように、相手の文化や背景を考え、ハンカチを贈る際には注意が必要です。

ハンカチが象徴するもの

ハンカチにはどんな意味が込められているのか、その背後にある意味を見ていきましょう。

「手巾(てぎれ)」と書くハンカチには、「手を切る」という意味があり、涙を拭うアイテムとしての役割から悲しみを連想させることもあります。

避けた方がよいギフトシーン

ハンカチは結婚祝いや他の祝い事には向かないと一般的に考えられています。

特に白色のハンカチは、故人を弔う際に使われることが多いため、プレゼントとしては適切ではありません

また、中国ではハンカチを贈ることが縁を切ることを意味するため、異文化の人への贈り物としては避けた方が良いでしょう。

相手にとって快適な贈り物を選ぶためにも、これらの意味をきちんと理解しておくことが大切です。

感動を呼ぶハンカチプレゼント術

ハンカチプレゼントに対する否定的な印象を払拭し、印象に残る贈り方をするためのコツを紹介します。

カスタマイズされたハンカチ

相手のイニシャルや特別なデザインが入ったハンカチは、相手への思いやりと配慮が伝わります。

大切な人や特別な方への贈り物に、選び抜いたハンカチを贈りましょう。

心のこもったメッセージの添付

ハンカチに感謝の気持ちを込めたメッセージカードを添えて贈ります。

「〇〇様にぴったりの色だと思って選びました。いつもお世話になりありがとうございます。」

このような心温まるメッセージを加えることで、ハンカチは単なるアイテムから心のこもったプレゼントへと変わります。特に尊敬する上司や、新たなスタートを切る同僚へのプレゼントに適しています。

他のプレゼントとの組み合わせ

ハンカチは単体ではなく、ハンドクリームや花など他のプレゼントと合わせて贈ることで、ギフトとしての魅力を増します。

プレゼントのタイミングに工夫を

大切な日にハンカチをプレゼントすると物足りなく感じられることも。

しかし、デートの終わりにサプライズで贈るなど、思いがけないタイミングでのプレゼントは、相手に喜ばれることが多いです。

プレゼントするタイミングを工夫して、ハンカチを贈りましょう。

年代に合わせたハンカチブランドの選び方

年代に応じたハンカチブランドのおすすめをお伝えします。

20代~30代の女性に人気のブランド

  • TOCCA
  • FURLA
  • アニエスベー
  • ジェラートピケ
  • ジルスチュアート

これらのブランドは、カラフルで多様なデザインが特徴で、デパートや百貨店で容易に見つけることができるおしゃれで人気のブランドです。

20代~30代の男性に選ばれるブランド

  • オロビアンコ
  • カルバンクライン
  • ブルックスブラザーズ
  • ポロラルフローレン
  • ポールスミス

これらのブランドは、シンプルながらも品があり、どんなシーンにも合わせやすいデザインが充実しています。

40代以上の大人にふさわしいブランド

  • 今治タオル
  • エルメス
  • バーバリー
  • フルラ

年齢を重ねた大人には、素材の良さと高級感のあるブランドがおすすめです。

これらのブランドなら、どの年代の大人も自信を持って使うことができます。

まとめ

ハンカチには想定外の解釈がされることもあり、場合によっては受け手に負のイメージを持たれることもあります。

しかし、選び方やプレゼントのタイミングを工夫すれば、感謝の気持ちが相手に伝わり、喜ばれるはずです。