結婚式に出席できない時の対処法|友情を保つ方法とは?

結婚式に出席できない時の対処法|友情を保つ方法とは? マナー

結婚式を欠席することで友情が終わってしまうかもしれない、そんな心配を抱えたことはありませんか?

親しい友人や知人の結婚式に出席したくても、避けられない事情や仕事の関係で参加できないことがありますよね。

このような場合に、友人を傷つけることなく、関係を保ちながら欠席の意向を伝える方法や、適切なご祝儀の金額、渡し方、おすすめのギフトについてご紹介します。

私自身、若い時には結婚式への参加が少なく、欠席の際のマナーを知らずに、相手を不快にしてしまった経験があります。

その経験を踏まえ、皆さんと一緒に正しい知識を学びましょう。

スポンサーリンク

結婚式を欠席しても友情を保つ方法

結婚式は新郎新婦にとって大変重要な行事です。招待されれば、できる限り出席したいものです。

しかし、スケジュールが合わなかったり、急な用事が入ったりして、どうしても出席できないこともあります。

欠席はやむを得ないことですが、その伝え方次第で友人との関係に影響を及ぼす可能性があります。

そうした事態を防ぐための適切な対応について、詳しくご説明します。

欠席後も友人と良好な関係を維持するためのポイントをお伝えします。

事前に招待を断る際の対応

結婚式への招待を事前に断る必要がある場合は、早めに直接連絡をすることが望ましいです。

こうすることで、招待状の発送を省くことができます

直接の招待を受けた場合、後にメールで辞退することも良い方法です。

事前に辞退を伝えることで、主催者は他のゲストへの対応や計画の調整を容易に行えます。

招待状受領後の断り方

招待状を受け取ってから出席できなくなった場合は、返信用ハガキで辞退を伝えましょう

ハガキを送った後でも、電話で直接理由を伝えることが良い心遣いとされます。

断った後のフォローアップも忘れずに行うことが大切です。

ハガキの迅速な返送は、新郎新婦が他のゲストの調整を行うためにも役立ちます。

急な欠席の対応

出席を約束した後、急な事情で欠席せざるを得なくなることもあります。

この場合、式の席数や準備に影響が出るため、速やかに連絡する必要があります。

そんな時は、直接電話で伝えるか、メールで連絡を取ると良いでしょう。

連絡する際には、理由を明確に伝えることが重要です。

手紙やハガキでは時間がかかるため、できるだけ迅速に連絡を取ることが推奨されます。

結婚式直前のキャンセルの注意点

結婚式の1~2週間前に欠席を伝える場合は、キャンセルが受け入れられないこともあるので、慎重に対応しましょう。

直前のキャンセルは新郎新婦に負担をかけるため、特別な理由がない限り避けるべきです。

この場合、直接電話で連絡するか、メールで伝えるのが好ましいです。

手紙や葉書での連絡は避けましょう。

どうしても避けられない事情の場合は、心を込めて伝えることで、新郎新婦も理解してくれることでしょう。

結婚式当日の急なキャンセル

結婚式当日に体調不良や家庭の事情で参加できなくなることもあります。

体調が悪い場合は無理せず、欠席することも選択肢の一つです。

日は新郎新婦が忙しいため、直接連絡が取れないことがあります

その場合は結婚式場に連絡するのが確実です。

また、新郎新婦への思いやりとして、メールでの連絡も忘れずに行いましょう。

欠席を伝える際は、関係性に影響を及ぼす可能性があるデリケートな問題なので、自分の予定と照らし合わせて慎重に対応することが重要です。

欠席時のご祝儀の考え方と相場

結婚式に出席できない場合のご祝儀についての疑問はよくあります。

出席できなくても、新郎新婦に迷惑がかからないようご祝儀を贈る方法を考えることが大切です。

通常、招待状を受け取った後に欠席を決める場合、ご祝儀を準備するのが一般的なマナーとされています。

しかし、招待状が届く前や、口頭で欠席を伝えた場合は、ご祝儀を贈る必要はないとされることもあります。

招待状受領後の欠席は新郎新婦の手間が増えるため、ご祝儀を贈ることが推奨されています。

適切なご祝儀の金額は?

新郎新婦との関係に応じて金額を調整し、相手を不快にさせないことが重要です。

特に心を込めたい場合は、割り切れない金額を贈るのが良いでしょう。

出席の予定をしていた後で欠席する場合は、新郎新婦への配慮を考え、予定していた金額を贈るのが適切です。

例えば、友人の結婚式を欠席する場合、1万円程度が相場になることが多いです。

欠席時のご祝儀は、通常出席時の1/3から1/2程度が一般的とされています。

直接手渡しの際の心遣い

結婚式に参加できない場合でも、新郎新婦に直接会える機会があれば、式前にご祝儀を直接渡すことが望ましいです。

この時、お祝いの言葉を添えると、感謝の気持ちが伝わります

日にちを選ぶ時は、縁起の良い「大安」や「先勝」などの吉日を選ぶとよいでしょう。

さらに、朝の時間に渡すことで、良い縁起を担ぐとされています。

特に日取りを重んじる新郎新婦の場合、吉日の午前中にご祝儀を渡すと喜ばれます。

現金書留を活用する

直接手渡しできない場合は、現金書留を利用するのが適切です。

現金書留は、現金を安全に送るためのサービスで、法的にも保証されている方法です。

専用の封筒が用意されており、ご祝儀袋をそのまま入れて送ることができます。

休日の配達や再配達も可能で、受け取る側にも便利です。

現金だけでは感情が伝わりにくいため、メッセージカードを添えることで、心からのお祝いの気持ちを伝えられます。

結婚式に不参加の場合のご祝儀の贈り方で気をつけるべき点は、他の出席者に代わりに渡してもらったり、新郎新婦の銀行口座に直接振り込むことは避けるべきです。

これらの方法は礼儀に反するので、極力避けましょう。

結婚式不参加の際のプレゼントの選び方

結婚式に出席する予定が突然の欠席に変わった場合、プレゼントを贈ることが一般的です。

では、どのようにプレゼントを選べばよいのでしょうか?

通常、結婚式へのお祝いとしては、ご祝儀かプレゼントのどちらかを選ぶのがマナーです。

出席の場合はご祝儀を渡しますが、欠席の場合はプレゼントでお祝いするのも良い方法です。

欠席しつつも、形に残るプレゼントでお祝いの気持ちを伝えることは、新郎新婦に喜ばれるでしょう。

ご祝儀とプレゼントを両方贈る場合は、合計金額が相場を考慮した範囲内であることに注意しましょう。

適切なプレゼントの金額は、出席時のご祝儀額の約1/3から1/2が目安となります。

相場は新郎新婦との関係によって変わりますので、選ぶ際はその点を考慮してください。

プレゼントを贈るタイミングは、結婚式の1週間前が理想です。

日程を確認して、適切な時期に贈りましょう。

可能であれば直接手渡しすることが望ましいですが、大きなものは宅配便で送ると便利です。

宅配便を利用すると、受け取り側も都合に合わせて受け取れます

プレゼントの包装は「外のし」を選びましょう。

これは包装紙の外側にのし紙をかける方法で、一般的なお祝い事に使われます。

プレゼント選びでは、新郎新婦のニーズや好みを考慮することが重要です。

直接希望を聞くことが難しい場合は、一般的に喜ばれる以下のようなアイテムを選ぶことをおすすめします。

ギフトカタログ

結婚祝いとしてギフトカタログを贈ることは、非常に一般的です。

新郎新婦が自分たちの好みに応じて商品を選べるため、喜ばれること間違いありません

特に新郎新婦の好みが分からない時には、このようなカタログは大変便利です。

キッチン用品

料理を趣味とする新郎新婦には、キッチン用品を贈るのがおすすめです。

多様な種類から選べるので、贈る側も楽しめます

高品質の調理器具や食器類は、日々の生活に役立ち、実用的なギフトとなります。

便利な家電製品

共働きするカップルには、日常生活を助ける家電が最適です。

自動調理器具、先進的なブレンダーなどは、忙しい日々の役に立つアイテムです。

ロボット掃除機や空気清浄機などの家庭用電化製品も、受け取る側を喜ばせることでしょう。

フラワーギフト

お祝いにはやはり花が欠かせません。結婚祝い用の花は、新郎新婦の好みやスタイルに合わせて選ぶと良いです。

花束やアレンジメントは素晴らしいですが、長く楽しめるプリザーブドフラワーは特に印象深いギフトとなります。

手入れが必要ないため、忙しい新郎新婦にも最適です。

パジャマ

新郎新婦のサイズを知っている場合、パジャマは素晴らしいギフトになります。

高品質のブランドパジャマは、通常自分では買わない特別なアイテムで、受け取る喜びも大きいです。

新郎新婦のためのお揃いのパジャマは、記念にもなっておすすめです。

心からの祝福を込めたプレゼントであれば、何でも喜ばれるでしょう。

ただし、不吉な意味を持つアイテムは避けましょう。

例えば、縁を切るとされるハサミや包丁、壊れやすい食器、不幸を連想させる櫛などです。

まとめ

結婚式を欠席することが友情の終わりを意味するわけではありませんが、適切な対応は大切です。

欠席する際は、直接かメールで連絡するのが望ましいです。当日に欠席する場合は、結婚式場へ連絡する必要があります。

招待状を受け取った後のご祝儀の相場は一般に1万円程度です。

ご祝儀は直接手渡し、または現金書留で送るのが一般的です。

欠席時のプレゼントにはギフトセット、キッチン用品、家電、花、パジャマなどが適しています。

適切な対応をすれば、結婚式に出席できなくても友情は続きます。

この記事が、結婚式を欠席する際にも友情を大切に続けるための参考になればと思います。