大きめサイズの靴を快適に履くための5つの方法!緊急時の対策から便利アイテムまで!

大きめサイズの靴を快適に履くための5つの方法!緊急時の対策から便利アイテムまで! お役立ち

流行りのデザインの靴を手に入れたものの、履いてみると少し大きい…そんな時、どう対応しますか?

オンラインでの靴購入が増え、サイズ選びが難しい時代です。

そこで今回は、少し大きめの靴を快適に履くための様々な方法をご紹介します。

子供たちが急速に成長するこの時期、靴が小さくなるのも早いですよね。

大きめの靴を選んでも足にフィットさせる方法を伝授します!

スポンサーリンク

大きめ靴の応急処置方法

外出先で靴が緩くなってしまったときの、即席でできる応急処置を紹介します。

持ち歩くと便利なアイテムは以下の通りです。

  • 絆創膏
  • ティッシュペーパー
絆創膏

靴が緩くて足が滑る部分に貼ります。足に傷がなければ、靴の内側に直接貼ると滑り止め効果があります。

足にマメや水ぶくれができている場合は、足に絆創膏を貼って保護しましょう。

ティッシュペーパー

足先部分のクッションとして活用できます。

かかと部分を埋めたい場合、ティッシュペーパーをかかとに入れ、絆創膏で固定します。

この方法は緊急時の一時的な対応です。自宅に戻ったら、絆創膏は取り外しましょう。

大きいサイズの靴をジャストフィットさせるアイテム

一時しのぎの対策では完璧な履き心地を得るのは難しいです。

靴のサイズを調整するための特別なアイテムを使用してみましょう。

大きめの靴をどのようにしてピッタリサイズにするか、具体的なアイテムを用いて解説します。

 中敷きの利用

対象となる靴
全体を覆うタイプの靴(スニーカー、ブーツ、パンプス等)

靴のサイズを調整する最も一般的な方法は中敷きの使用です。

中敷きの選択により、若干大きめからかなり大きめの靴まで対応できます。

様々な厚みの中敷きが100円ショップで手に入ります。

特に「極厚」タイプの中敷きは、約1cmのサイズダウンが可能です。

三層構造の中敷きは、土踏まずやかかと部分を特にサポートします。

足先が締め付けられる場合は、その部分を取り外して調整することもできます。

実際の例として、私の娘が0.5cm大きな靴を買ったとき、既存の中敷きの上に100円ショップの薄い子供用中敷きを敷き、更にスポーツ用の厚い中敷きを重ねて三層にしました。

この方法を使えば、簡単にサイズ調整が行えます。

つま先にクッションを追加する

対象となる靴
つま先が覆われている靴(スニーカー、ブーツ、ハイヒールなど)

サイズが大きめの靴に対処するために、つま先にクッション材を入れるという方法があります。

一般的にはティッシュを利用することが多いですが、靴用の専用パッドも市販されています。

これらは足指に優しい柔らかいクッション性を持っており、快適です。

ただし、歩行時に足が滑る可能性があるため、長時間の使用には適していません。

靴専用のパッドは、脱ぎ履きにも便利で、布よりも安心して使用できます。

厚手の靴下を使用する

対象となる靴
足を全体的に覆う靴(スニーカー、ブーツ、ハイヒールなど)

大きめの靴をフィットさせるために厚手の靴下を履くのは効果的です。

女性の場合、厚手のタイツの上に靴下を履くと、約0.5cm分のサイズ調整が可能です。

男性の場合、厚手の靴下を一枚履いたり、蒸れにくい5本指の靴下の上にさらに靴下を重ねることで、ピッタリとした履き心地に調整できます。

シューズストラップを使う

対象となる靴
パンプス

女性用パンプスの場合、靴が大きいとかかとが抜けやすいですが、シューズストラップ(別名:パンプスバンド、シューズバンド)を使用することで足にしっかりフィットし、脱げにくくなります。

様々なデザインのシューズストラップが市販されています。目立たないものを好む場合は、透明なタイプを選ぶと良いでしょう。

ビジュー付き、リボン付き、カラフルなものなど、靴に合わせて選べる楽しさがあります。

これらは100円ショップで見つけることもできます。

部分用インソールの利用

対象となる靴
全種類の靴、サンダルやミュールも対応

つま先やかかと部分用の滑り止めジェルインソールがあります。

靴が大きすぎて足が滑るのを防ぐのに役立ちます。これらも100円ショップで手に入ります。

全体用中敷きとは違い、必要な部分にのみ使用することで歩行を快適にします。

ジェルタイプは透明なので、開放的なデザインのサンダルやミュールにも自然に馴染み、サンダルの前滑りを防止しています。

スニーカー専用の部分用インソールもあり、サイズ調整と衝撃吸収の両方の効果が期待できます。

スポーツ時にも特におすすめです。

ぴったりの靴を見つけるためのポイント

ここで、最適なサイズの靴を選ぶ際の重要なポイントをいくつか紹介します。

靴の試着は、日中の活動後、足が少し膨張している夕方がベストです。

この時間帯なら、足のサイズが実際に最も近い状態で確認できます。

靴のタイプによって異なりますが、革靴やスニーカーなどは履き続けると少し伸びる性質があるため、初めは少々きつめを選ぶと後でジャストフィットします。

サンダルやミュールなど、特にヒールの高い靴は、履いていると広がってしまうことがあります。

これを防ぐためには、インソールなどの調整用アイテムを購入することをおすすめします。

まとめ

以上、サイズが少し大きめの靴を快適に履くための様々な対策をご紹介しました。

緊急時の対処法から便利なアイテムの活用法まで、さまざまな方法がありますが、大切なのは自分の足に合った履き心地を見つけることです。

また、今回の対策は応急処置として有効ですが、長期的な履き心地と足の健康を考えると、最終的には足にぴったり合うサイズの靴を選ぶことが重要です。

靴選びは日々の快適さに直結するので、購入時には慎重にサイズを選ぶことを忘れないでください。

そして、もしサイズが合わない場合は、今回のような工夫を活かして、快適な歩行を楽しんでいただければと思います。