教育実習終了後の感謝の手紙:封筒の選び方と宛名の正しい書き方

教育実習終了後の感謝の手紙:封筒の選び方と宛名の正しい書き方 マナー

教育実習が終わると、お礼の手紙を書くのが通例になっています。

実は、手紙を書くことはできても、正確な封筒の宛名書きに不安を感じる実習生が少なくありません。

そんな実習を終えたみなさんのために、適した封筒の選び方と、間違いのない宛名の書き方をご紹介します。

スポンサーリンク

封筒の選び方のコツ

お礼状が書けた後は、封筒の準備に移ります。

特別高い封筒を選ぶ必要は全くありません。

リーズナブルな価格の封筒で十分で、100円ショップで様々な封筒を手に入れることができます。

縦書きのお礼状には、縦型の封筒が最適です。

100円ショップで見つかる封筒の中には、B5サイズの手紙を四つ折りにしたときにちょうどいい長形4号の封筒もあります。

長形4号の封筒

重要なのは、手紙を折りたたんでから封筒にスムーズに入れられるかどうかです。

そして、封筒への宛名は、封筒が空のときに記入するのが最も良い方法です。

そうしないと、手紙に筆圧が残ってしまう可能性があります。

封筒に直接下書きをする場合、ボールペンで上書きする前に鉛筆の線を薄めに消すときれいに仕上がります。

ただし、封筒の材質によっては消しゴムの跡が残ることがあるので気をつけてください。

今後の社会人生活を見据えても、宛名を手書きできるスキルは重要ですから、今のうちから練習しておくことをお勧めします。

パソコンを利用する場合は、宛名を印刷する方法もありますが、その際は宛名の情報が正確であること、そして封筒の中央に適切に配置されていることを確認しましょう。

宛名を書く前の準備

感謝状を送る前に、確実に行うべき作業があります。

それは、実習先の学校の正しい郵便番号、住所、学校名を把握することです。

宛名が間違っていれば、せっかくの感謝状が届かない可能性があるため、正確な情報の確認は必須です。

宛名の正しい書き方

お礼状もそうですが、封筒の表面、裏面も心を込めて、丁寧に書くことが重要です。

封筒の表面の書き方

宛名を書く際は、縦型の封筒を使用する場合のポイントを説明します。

封筒の表面

宛名書きの注意点は以下の通りです。

ポイント1

郵便番号は、封筒の左上に配置された枠の直下にスペースを空けて記入します。

ポイント2

学校名は、公式の正式名称で記述します。例えば、「高等学校」とフルネームで。

ポイント3

住所、学校名、担当者名は、目立つように大きく書きます。

ポイント4

住所と学校名は、一字分下に下げて書きます。

ポイント5

担当者名の間には、苗字と名前の間にスペースを取ります。

ポイント6

役職名がある場合は、担当者名の前に記載することも多いです。例: 「校長 ○○ ○○ 先生」

ポイント7

送る相手が校長以外であれば、役職名と担当者名を記載します。例: 「三年二組担任 ○○ ○○」

ポイント8

切手は左上にしっかりと貼り、取れないように注意します。

封筒の裏面の書き方

表面の宛名が完了したら、裏面の記載に移ります。

封筒の裏面

以下の点を意識して記載してください。

ポイント1

郵便番号の上に、郵送予定日を縦書きで入れます。

ポイント2

実習生の所属する大学の住所、もしくは実習生の自宅住所を記載しますが、特に指定がなければどちらも可です。

ポイント3

表面の宛名と比べて、裏面の文字は小さめにします。

ポイント4

郵便番号の枠の下に、一字分下げて住所を記載します。

ポイント5

住所の左側には、所属大学の名前、学部名、学科名を記載します。

ポイント6

その左側には、実習生の氏名を記入します。

ポイント7

氏名は住所よりも目立つように大きく書きます。

下書きをして、配置や文字の大きさを調整した後に清書に取り掛かりましょう。

すべての記載が終わったら、手紙を封筒に入れ、封をして、〆印を書いてください。

最終的に切手を貼って、郵送することで作業は完了です。