快適な食事のためのローテーブルの高さ調整テクニック

快適な食事のためのローテーブルの高さ調整テクニック お役立ち

一人暮らしや和室での生活では、ローテーブルを使った食事が普通ですが、快適さを感じないこともしばしば。

ダイニングセットがない家庭では特に、この問題が顕著になります。

そこで、ローテーブルでの食事を快適にするためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

ローテーブルで食事が不便に感じる主な理由

ローテーブルでの食事が不便だと感じることには、以下のような原因があります。

これらを理解することで、どのように対策すれば良いかが見えてきます。

床に座るとテーブルが高すぎる場合

床に直接座るとテーブルの高さが顔のすぐそばにあり、食事が取りにくく感じることがあります。

座椅子を使用しても、沈み込んでしまい高さの問題は解決しません。

ソファ使用時のテーブルの低さ問題

ソファとローテーブルを組み合わせて食事をする際には、テーブルの低さが問題になることがあります。

ソファはリラックス用に設計されているため、食事には適していないのです。

正座が適したテーブルの高さ

伝統的なちゃぶ台では正座して食事を取ることが一般的ですが、現代人は正座の習慣が少なく、そのためローテーブルでの食事が難しく感じることがあります。

身長が低い方のローテーブル使用時の問題

身長が低い方がローテーブルを使用すると、テーブルが口元に近すぎて食事が取りづらいという問題が生じます。

正座をしなければ、この問題は簡単には解決しないでしょう。

ローテーブルで快適に食事するためのアイディア

食事の際にローテーブルの高さが問題となることがありますが、そんなときに試す価値のある便利なアイディアをいくつかご提案します。

テーブルの高さが高くて食べにくいときの解決策

ローテーブルが高くて食事がしにくい場合、次のような方法を試してみましょう。

座布団やクッションを使って高さ調整

座椅子が手元にない場合、まずは用意するのがおすすめです。

座椅子は体を少し持ち上げてくれますが、それでも足りないときは、追加で厚手の座布団やクッションを何枚か重ねるといいでしょう。

自分に合った高さを調節できるように、座布団を重ねて使います。

正座椅子の活用

足がしびれにくい設計の正座椅子を使うのも一つの方法です。

これは普通の椅子よりも高さがあり、ローテーブルでの食事をより快適にします。

リラックスして座ることができるので、見た目を気にしなければ年齢に関わらずおすすめです。

子供専用の椅子の導入

お子様がローテーブルで食事する際の高さに困っている場合は、子供専用の低い椅子(ミニチェア)が役立ちます。

これは子供の体の小ささに合わせてテーブルの高さを調節してくれるため、子供も大人も快適に食事ができるようになります。

ローテーブルの低さに合わせた食事の工夫

ローテーブルが低くて食事がしにくい時、次のような方法で快適に食べられるよう工夫してみてください。

テーブルの脚を伸ばせる継足を使う

ソファに座ってローテーブルで食事するときに高さが合わないなら、テーブルの脚を長くできる継足が便利です。

これはテーブルの足を伸ばしてくれるアイテムで、設置も簡単にでき、ご自宅のテーブルを理想の高さに調整できます。

見た目が少し気になるかもしれませんが、取り外しが手軽で価格もリーズナブルなので、試してみると良いでしょう。

食事専用のサイドテーブルを用意する

ソファとローテーブルの高さが合わないと食事がしにくいですが、食事専用のサイドテーブルを用意すれば解決します。

食事の時だけソファの横に置いて使い、不要な時は狭い場所にしまっておけばスペースを取りません。

折りたたみが可能なサイドテーブルなら、使わないときに場所をとらずに収納できて便利です。

食事時のローテーブルの不便さを解消するための選択肢

ローテーブルでの食事が不便を感じる場合、以下の3つの選択肢を検討してみましょう。

調節可能な高さの昇降テーブルを選ぶ

食事の際の理想的なテーブルの高さは人それぞれです。

昇降テーブルを使えば、座る位置に合わせてテーブルの高さを自在に変えることができます。

ソファに座っても、床に座っても、自分に合った高さで食事が可能になります。

スペースに合わせたダイニングセットを導入する

もしローテーブルでの食事に馴染めないなら、スペースに合わせて小さめのダイニングセットを選ぶのが良いでしょう。

一人暮らしでも置ける小型のダイニングセットはたくさんあり、心地よい食事の場を提供してくれます。

パソコンデスクを活用する

仕事や勉強に使うパソコンデスクは、食事の際にも役立ちます。

ローテーブルとは別にパソコンデスクを置くことで、作業と食事の場を分けることが可能です。

スペースが限られている場合でも、食事に必要なスペースを確保することができます。

食事や作業に適したテーブルの高さと幅を知る

テーブルでの食事や作業では、高さだけでなく幅も大事です。

テーブルが適切な高さと幅を持っていないと、体に負担がかかり、食事や作業がしにくくなります。

快適なテーブルを選ぶことで、食事の時間をもっと楽しむことができるでしょう。

食事を楽しむためのテーブル高さの調整ポイント

快適な食事のため、テーブルの高さを調整する際は、あなたの身長と座る位置の高さ、すなわち「差尺」に注目しましょう。

「差尺」とは、あなたが座った状態での目線の高さとテーブルの天板との高さの差のことです。

特に、床に座るときは、床からテーブル天板までの高さを差尺と考えます。

例えば、

ソファの座面までの高さ:30cm

テーブルの高さ:57cm

このケースでは差尺は27cmです。

一般的には、27~30cmの差尺が理想的とされていますが、身長によって最適な差尺は異なります。

自分に合った差尺を知るための計算式は以下の通りです。

身長×0.55÷3−2〜3cm

例えば身長155cmの人の場合は、

155×0.55÷3−3cm=約25cm

約25cmが適正な差尺です。

標準的なローテーブルの高さでは低身長の人には不向き

身長ごとに理想的な差尺を出すと次のようになります。

145cm→約23cm
150cm→約24cm
155cm→約25cm
160cm→約26cm
165cm→約27cm
170cm→約28cm
175cm→約29cm
180cm→約30cm

※小数点以下は四捨五入

つまり、多くのローテーブルが30cm以上の高さであることを考慮すると、180cm以下の人は床に座るときに不便を感じる可能性があります。

身長に合わせて適切なテーブルを選ぶか、他の解決策を模索するのがよいでしょう。

一人当たりのテーブルスペースの基準

食事をする際、一人に必要なテーブルのスペースは約60cmとされています。

二人で並んで食事をするときは120cmが目安ですが、向かい合わせだと60cmで十分です。5人家族の場合は180cmのテーブル長が必要になります。

ご家庭の人数やお客様を迎える際には、適切なテーブルサイズを選ぶことが大切です。

まとめ

ローテーブルでの食事が不便に感じる場合、次のような対策が有効です。

  • 座椅子の利用とクッションや座布団で高さを調整
  • 正座が苦手な方向けの専用椅子の利用
  • 小さなお子様にはミニチェアを用意

これらを取り入れて座る高さを調節することで、食事がしやすくなります。

テーブルの低さが問題な場合は、

  • テーブルの脚を延長する継足を使用
  • 別途サイドテーブルを設置して食器を置く

このような方法を試してみると良いでしょう。

それでもまだ問題が解決しない場合は、新しいテーブルへの買い替えを考えてみてください。

自身の身長やライフスタイルに合わせたテーブルを選ぶことが、快適な食事への鍵となります。