窓にプチプチを貼っても効果なし?断熱対策とその有効性とは?

窓にプチプチを貼っても効果なし?断熱対策とその有効性とは?ライフスタイル

家の窓ガラスにプチプチを取り付けると、初見ではあまり影響がないように思えますが、実はこれが意外と有効な断熱措置となり得ます。

断熱効果を実感できないとしたら、それは使用しているプチプチの質や貼り方に問題があるのかもしれません。

一般に市販されているプチプチよりも、特定のブランドの製品、例えば「ニトムズ」のようなブランドのものは、高い断熱性を提供すると評価されています。

特に、約7mmの厚さを持つ3層シートは、その中でも際立った省エネ効果をもたらすとされています。

そこで、プチプチを窓に貼る効果について、以下の内容を紹介します。

  • 窓にプチプチを取り付けることによる効果
  • 窓の結露を抑えるプチプチの効果
  • 二重窓におけるプチプチの最適配置
  • 窓にプチプチを貼るデメリット
  • 窓の断熱対策のその他の方法

では、具体的に窓ガラスにプチプチを貼るメリットについて掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

窓にプチプチを取り付けることによる効果

プチプチには実用的な断熱効果が確認されています。その効果の有無は、選択する製品やその取り付け方に左右されることが多いです。

窓ガラス用として特化されたプチプチは、通常の梱包用のものよりも優れた断熱性を提供します。

このような特殊なプチプチは、2層の構造が特徴で、その気泡が断熱性を高める空気の層を形成します。

これにより、屋内の温かい空気が外に逃げるのを効果的に阻止し、冬場の保温に一役買います。

取り付け後に室温の上昇を実感できるブランドのプチプチもあります。

では、どのような手順でプチプチを窓に適切に取り付けるのがベストでしょうか?

窓にプチプチを取り付ける方法

用意するもの

  • プチプチ
  • カッターかハサミ
  • 雑巾
  • マスキングテープや両面テープ

取り付け手順

1.測る

対象の窓の寸法を計り、それに合わせたサイズのプチプチを選びます。

2.カットする

計測したサイズに基づき、窓より少し大きめにプチプチをカットします。

3.清掃する

窓ガラスを清潔に拭き、プチプチがしっかりとくっつくようにします。

4.貼り付ける

プチプチの気泡面を窓ガラスに向け、密着させます。窓枠全体にきちんとフィットさせることで、隙間からの冷気の侵入を防ぎます。

余分な部分を整える:プチプチを貼り付けた後、余分な部分があればカッターやハサミで切り取ります。

5.固定する

プチプチが窓から剥がれないように、窓枠にそってマスキングテープや両面テープで固定します。

これらの手順によって、室内の温度をより効果的に保ち、夏の熱や冬の寒さから家を守ることができます。

ただし、窓からの光が遮られることで部屋が暗くなる点、また外観に影響を与える可能性があるため、それらを考えた上で使用するのがおすすめです。

窓の結露を抑えるプチプチの効果

寒い季節に窓ガラスに発生する結露ですが、プチプチを窓の外面に貼ることで、防寒効果が得られ、結露の発生を抑える効果が期待できます。

プチプチを貼ることで窓ガラスとの間に断熱効果を発揮する空気層が形成され、外気の冷たさを遮断します。

ただし、外側に貼った場合、耐候性に乏しく、剥がれやすくなるなどの問題が生じるため、長期間の使用には不向きです。

また、カビの発生を抑制するためにも、プチプチはきちんと隙間なく貼る必要があります。

二重窓におけるプチプチの最適配置

二重窓を設置している場合、内窓にプチプチを貼ることで、断熱性能が格段に向上します。

これは、内窓の内側に貼ることで形成される空気層が、冷気の侵入を防ぎ結露を軽減するからです。

プチプチを両面に貼ると、確かに断熱効果は増しますが、光の遮断による室内の暗さや視界の妨げという問題も発生します。

さらに、プチプチは元々防寒用として開発されたものではないため、外面に貼ると太陽光や雨風での劣化が早まります。

窓ガラスに特有の凹凸や、くもりガラスのような表面加工が施されたものでは、プチプチがうまく貼り付けられず、隙間が生じやすくなります。

また、ワイヤーや網が入ったガラスにプチプチを貼ると、温度差によりガラスが割れる恐れがあるため、避けた方が良いでしょう。

窓にプチプチを貼るデメリット

プチプチを窓に貼る際のデメリットには、景色が見えにくくなること、室内が暗くなること、美観が損なわれることが挙げられます。

これらは昼間に部屋を使用する際に特に問題となり得ますが、断熱効果を重視する場合には、それらを受け入れる価値があるかもしれません。

窓の断熱対策のその他の方法

断熱シート

外部の冷気を遮断するが、時間が経つと剥がれやすく、メンテナンスが必要になります。

断熱カーテン

豊富な空気層を作り出すことで断熱性を向上させるが、隙間からの冷気の流入を完全には防げない可能性があります。

内窓

全ての断熱対策の中で最も効果が高く、冷気の侵入を効率的に防ぐことができます。

まとめ

プチプチは、適切に使用すれば窓の防寒効果を向上させることができます。

特に二重窓の内側にプチプチを貼ることで、結露を防ぎつつ冷気の侵入を抑えることが可能です。

外側に貼る場合は、劣化を考慮した上で対策を施す必要があります。

さまざまな断熱対策を検討し、自宅の状況に最適な方法を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました