家にある調味料で!簡単自家製めんつゆの代替レシピ

家にある調味料で!簡単自家製めんつゆの代替レシピ 料理・食べ物

普段使いの調味料を使って、めんつゆの代わりになるレシピをご紹介します。

身近にある「顆粒だし」や「白だし」、「醤油」を使って、簡単においしいめんつゆの代用品を作ることができます。

このレシピの良い点は、電子レンジを使って調理できること。手間が省けて便利です。

スポンサーリンク

手持ちの調味料で作る、めんつゆの代替品

「めんつゆ」とは、出汁、醤油、みりん、砂糖を混ぜて作られる調味料です。

もともとは蕎麦のつゆとして使われていて、醤油、みりん、砂糖を加熱した「かえし」が基本です。

濃縮して保存性を高めたものが、一般的なめんつゆになります。

代替品を作る際、顆粒だし、白だし、醤油、みりんの代替品などをベースにして、様々な材料を組み合わせて作ることができます。

作り方はどのレシピも同じで、以下の手順に従います。

  1. 必要な調味料を準備する。
  2. それらを混ぜ合わせて加熱する。
  3. 完成しためんつゆを冷ます。

使用する材料によっては、調理方法や時間に多少の違いが出ることがあります。

それでは、それぞれのステップについて詳しく見ていきましょう。

顆粒だしを使っためんつゆの代替方法

普段家にある顆粒だしを使って、簡単にめんつゆの代わりが作れる方法をご紹介します。

作るのに必要な材料とその分量はこちらです。

醤油:15ml(大さじ1)

みりん:15ml(大さじ1)

顆粒だし:5g(小さじ1)

水:50ml

作り方
  1. すべての材料を鍋に入れてよく混ぜます。
  2. 混合した材料を火にかけ、沸騰させます。
  3. しっかりと冷ませば完成です。

新たに作ったばかりの時、醤油の塩分が強く感じられることがあります。

この時は、料理の味を豊かにするために「旨味調味料」を少し加えると良いでしょう。

これで塩分が抑えられ、より風味豊かな味になります。

また、調理中に味が足りないと感じたら、追加の醤油や、甘みが足りなければ砂糖を加えるなどして、自分の好みに合わせて調整することもできます。

白だしを使っためんつゆの代替方法

白だしを主成分として活用した手作りめんつゆの作り方をお教えします。

作るのに必要な材料とその分量は以下のようになります。

白だし:10ml(小さじ2)

醤油:5ml(小さじ1)

みりん:3ml(小さじ0.5)

水:50ml

作り方
  1. これらの材料を鍋に入れ、よく混ぜ合わせます。
  2. 混合した材料を火にかけ、沸騰させた後に冷ませば完成です。

ちなみに、白だしとは、白醤油や薄口醤油、出汁、砂糖、みりんを混ぜて作られる調味料です。

うどんや煮物に使われることが多く、茶碗蒸しやだし巻き卵にもよく使われます。

白だしの特徴は、その淡い色合いで、食材の色を生かしつつ、独特な風味を楽しむことができる点にあります。

醤油を使った簡単めんつゆの代替レシピ

醤油をメインにしためんつゆの代替レシピです。

作るのに必要な材料とその量は以下のようになります。

醤油:100ml

みりん:100ml

顆粒だし:10g(小さじ2)

作り方
  1. みりんを鍋に入れ、中火でやや強めに加熱します。
  2. みりんが沸騰し始めたら、1分から1分半煮立たせてアルコール分を飛ばします。
  3. その後、醤油を加えて20~30秒煮立たせます。
  4. 顆粒だしを加えて溶かし、よく混ぜます。
  5. しっかりと冷ませば完成です。

作っためんつゆは、保存がしやすい容器に移して、冷蔵庫で保管してください。

みりん抜きで手作りするめんつゆの代替方法

多少風味は落ちますが、みりんを使わないでめんつゆを作る方法をお教えします。

以下の材料と分量で作れます。

醤油:50ml

砂糖:5~10g(小さじ1~2)

顆粒だし:10g(小さじ2)

お湯:200ml

作り方
  1. すべての材料をボウルに入れ、均等に混ぜてよく溶かします。
  2. 冷やしたら完成です。

このレシピを覚えておけば、めんつゆがない時でも安心して料理ができます。

電子レンジで作る簡単めんつゆの代替方法

通常、めんつゆは鍋で作りますが、電子レンジでも作ることができます。

作り方は以下のステップに従います。

  1. 必要な材料を揃える。
  2. 深めの耐熱容器に入れて材料を混ぜ合わせ、電子レンジで2分30秒~3分間かけ煮立たせる。
  3. 加熱しためんつゆをしっかり冷ませば完成です。

電子レンジを使う利点は、鍋を洗う必要がないことです。

ただし、大量に一度に作るのには向いていません。

毎回必要な分だけ作る場合は、電子レンジを活用するととても便利です。

めんつゆの代わりにポン酢を使うのはどうか?

ポン酢をめんつゆの代わりに使うことについて考えると、実はそれほど適していないと言えます。

ポン酢は、柑橘系の酸味が特徴的な日本の伝統的な調味料で、レモンやライム、ゆずなどのフルーツの酸味が際立つのが特長です。

これがポン酢の魅力を高め、多くの料理にマッチしますが、めんつゆとして使うには適さない点があります。

めんつゆは、甘みとだしの風味が麺料理に深みを加える重要な要素です。

これは魚介や昆布から取っただしの優しい甘みが特徴で、そうめんやうどん、そばなどに合います。

しかし、ポン酢の酸味は料理に酸っぱさを加えるため、麺料理には必ずしも最適ではありません。

これが味のバランスを崩してしまう恐れがあります。

ポン酢に何かを加えてめんつゆ風にしようとしても、めんつゆ固有の甘みやだしの風味を再現するのは難しく、ポン酢本来の味を損なう可能性もあります。

結論として、ポン酢とめんつゆはそれぞれ異なる特徴を持つ調味料であり、適切な使い方を理解することが大切です。

まとめ

めんつゆは麺料理だけでなく、他の料理にも使える便利な調味料です。

基本的な材料は出汁、醤油、みりん、砂糖で、これらを使って家庭でも簡単に作れます。

顆粒だしを使うのも良いですし、自分で出汁をとって調味するのもおすすめです。

材料が足りない場合でも、他の調味料で代用することが可能です。

麺を茹でた後にめんつゆがないと気付いた時は、自作してみてはいかがでしょうか?