「覚える」と「憶える」の漢字の違いと使い方

「覚える」と「憶える」の漢字の違いと使い方 雑学・豆知識

「覚える」という言葉には、その意味するところが多岐にわたります。

日常会話でよく用いられる「覚える」という単語ですが、「憶える」と言い換えることで、心情に訴えかけるような表現が可能になります。

今回は、「覚える」と「憶える」という言葉の微妙な違いと、それぞれの使い方について解説します。

スポンサーリンク

「覚える」とは?その使い方について

「覚える」という漢字には、「記憶する」「スキルなどを習得する」「感じる」といった様々な意味が含まれています。

また、古風な表現として「思われる」という意味合いで使われることもあります。

具体的には、「情報を脳に保存する」という意味合いで使われることが多く、また、スキルなどを体得するという意味でも用いられます

例文

歴史の年号を語呂で覚える。

自転車の乗り方を覚える。

夏の心霊スポットで感じた冷気を覚える。

「憶える」とは?その使い方について

一方で「憶える」という言葉は、過去の出来事を心に再現するという意味でよく使われます。

「覚える」がさまざまな状況で用いられるのに対し、「憶える」は主に個人的な体験や深い感情に結びついた記憶を呼び起こす場合に適しています。

例文

幼いころの風景を今も鮮明に憶えている。

亡くなった祖母が作ってくれたお菓子の味をいつまでも憶えている。

「覚える」と「憶える」の違い

言葉は似ていても、その使われ方には微妙な差があることがよくあります。

「覚える」という表現は、情報を頭に入れておくことを指しますが、「憶える」というフレーズは、より深い感情を表現する際に使われることがあります。

特に、個人的な感情や、大切な記憶を指す場合には、「憶える」が適していると言えます。

ポイント

「憶える」という表現は日本語の正書法では一般的ではないため、テストや公式文書では「覚える」と書くのが適切です。

そのため、学校では「覚える」と教えられることがほとんどです。

まとめ

「覚える」という言葉は広範囲に渡る意味を持ちますが、「憶える」は感情や大事な記憶に関連した時に使うことが多いです。

公式な場や教育の場では「覚える」が用いられますが、個人的な感情を表すときには「憶える」を用いることで、感情の深さを伝えることができます。

状況に応じた言葉の選び方で、より精確かつ感情的なコミュニケーションを心がけましょう。