簡単で効果的!電源をオフにせずに冷凍庫の霜取りをする2つの方法

簡単で効果的!電源をオフにせずに冷凍庫の霜取りをする2つの方法 家事

冷凍庫内の霜除去は一般に面倒な作業とされています。

従来の方法は、電源を切って扉を開けたままにすることですが、これには夏場で約10時間、冬場で約15時間かかることがあります。

この期間中、冷凍食品が傷んでしまうリスクがあり、クーラーボックスを使用しても完全には安心できません。

そこで、電源を切らずに行う簡単な霜取り方法をご紹介します。

スポンサーリンク

電源をオフにせずに行う霜除去の2つの方法

電源を切らずに実行可能な、効率的な霜除去の方法を2つご紹介します。

分厚い霜の除去法

特に分厚い霜を除去する場合、ドライヤーの使用が有効です。

ただし、熱風の使用は避け、冷凍庫内のプラスチック部品が溶けないように注意してください。

ドライヤーを使う際は、冷風や送風モードを選択するのがポイントです。

霜を効果的に溶かすためには、ドライヤーを均一に動かしながら霜に風を当てます。

特に大きな霜がある場合は、その基部に集中して風を吹き付けると良いでしょう。

また、水の浸透を防ぐために、冷凍庫の近くにはフェイスタオル、床にはバスタオルを敷くことが推奨されます。

薄い霜の除去法

表面に薄く付いた霜を除去するには、以下の方法が効果的です。

温湿布の使用

軽度の霜に対しては、40℃程度の暖かい水に浸した湿布を利用するのがおすすめです。

この湿布を霜に当てて溶かした後、拭き取るだけで手軽に除去できます。

特に薄い霜はすぐに溶けるため、簡単に取り除くことができます。

もし霜が頑固な場合は、湿布を温水に再浸して霜に当てる作業を繰り返すと良いでしょう。

最後に乾いたタオルで仕上げを行います。

スプーンとバターナイフの活用

普段使いのキッチン用具でも霜を除去できます。

薄い霜にはスプーンやバターナイフが適しています。

スプーンの柄で霜を崩し、先端で掻き出します

バターナイフが霜と壁の間に入る場合は、そっと挿入し、少しずつ霜を削り取ります

但し、金属製の道具は冷凍庫を傷つける恐れがあるため、プラスチック製のものの使用が望ましいです。

熱湯とフォークを使った除去法

もしスプーンやバターナイフで霜を取り除くのが難しい場合、熱湯とフォークを使う方法が有効です。

最初に、冷凍庫に熱湯を少量ずつかけて、【固くなった霜】を溶かします。

ここでは、一度に多くの水をかけないように注意し、計量カップを使ってゆっくりと水を加えるのがポイントです。

霜が柔らかくなり崩れるようになったら、フォークで慎重に削り取ります。

霜が硬くなってフォークが通らなくなった場合は、もう一度熱湯をかけて柔らかくした後、再びフォークで取り除きます。

この際、フォークの尖った部分で冷凍庫の内部を傷つけないよう注意が必要です。

さらに、水が周囲に飛び散り、衣類や床を濡らさないように、作業エリアにフェイスタオルやバスタオルを敷くことを推奨します。

冷凍庫に霜が生じる主な3つの理由

冷凍庫内で霜が生じる主要な理由は、以下の3点です。

温度と湿度の差による影響

最初の理由は、冷凍庫の内外での温度差や湿度差です。

この差が結露を引き起こし、その結露が凍結して霜に変わります。

冷却器の通気口の汚れが原因

もう一つの原因は、冷却器の通気口に付着する汚れや埃です。

これらが通気口を塞ぐと、冷凍能力が落ち、結露が発生しやすくなります。

この結露が凍ることで霜が形成されます。

ドアのゴムパッキンの老化

最後の原因は、冷凍庫ドアのゴムパッキンの劣化です。

ゴムパッキンが老朽化して変形したり、ヒビが入ったりすると、冷気が適切に密閉されず、結露が生じます。

この結露が凍って霜になるのです。

霜が付きにくくする予防策

霜が付きにくくなるための予防策には以下の方法があります。

冷凍庫の開閉を最小限に

冷凍庫の扉の開閉は、必要最低限に留めましょう。

取り出すものは一度にすべて取り出すことを心掛けてください。

これは、湿気が入り込むのを防ぎ、冷凍庫内の温度を一定に保つためです。

扉のしっかりとした閉め方

冷凍庫の扉がきちんと閉まっているかをいつも確認することが重要です。

これは冷気が逃げないようにするためです。

使用後は扉が完全に閉じているかを確認することを習慣にしましょう。

温かい食品は冷やしてから冷凍

温かい食品をそのまま冷凍庫に入れるのは避け、先に冷ましてから保存しましょう。

これは、温かい食品から発生する結露を防ぐためです。

湯気が出ている状態では保存せず、急ぐ場合は密封できる容器を利用し、容器の水滴は定期的に拭き取ることが効果的です。

冷凍庫内の食品配置に注意

冷凍庫内の食品は、適切に配置して過剰に詰め込まないようにしましょう。

これは、冷気が均等に流れることを確保するためです。

食品間に空間を確保し、背面や側面に余裕を持たせるのが良いでしょう。

ゴムパッキンの定期的なチェック

冷凍庫の扉や引き出しについているゴムパッキンの状態を定期的に確認しましょう。

ゴムパッキンは密閉性を保つために重要です。

もし冷気が漏れたり結露が発生したりすると、それが霜の原因になることがあります。

ゴムパッキンが劣化しているときは、新しいものに交換することを考えましょう。

霜を放置すると生じるデメリット

霜を放置すると、次のようなデメリットがあります。

霜の蓄積が扉の開閉を妨げる

冷凍庫内の霜が定期的に取り除かれない場合、扉が開かなくなる事態が発生することがあります。

霜が次第に増え続けると、鍾乳洞のような形になり、やがて扉のゴムパッキンに密着してしまいます。

これにより冷凍庫が開かなくなり、問題が生じます。

扉を無理に開けようとすると、ゴムパッキンが損傷する恐れがあり、修理や交換が必要になることがあります。

場合によっては、扉が完全に壊れてしまい、冷凍庫の全体交換が必要になることも考えられます。

電気代の増加

霜取りを怠ると、余計な電気代が発生する可能性があります。

冷却部分や温度センサー周辺に霜が生じると、冷気の流れが阻害されます。

冷却効率が落ちると、冷凍庫内の温度が上昇し、冷凍庫はより多くの電力を消費し、電気代も増加します。

霜取りはどのくらいの頻度で行うべきか

霜取りは通常、1ヶ月に1回程度実施することが推奨されます。

長期間放置すると、大量の霜が生成され、溶けた霜によって冷凍庫内部が水浸しになる可能性があります。

これは電気代の増加や冷凍機能の効率低下を招きます。

小型の冷凍庫や冷蔵庫は直冷式で霜が付きやすいですが、これは冷却器が内部に設置されているためです。

対照的に、大型の冷蔵庫は間冷式を採用しており、霜が発生しにくいのが特徴です。

キッチンにスペースがあれば、間冷式の大型冷蔵庫へのアップグレードも有効な解決策となります。

まとめ

冷凍庫の霜取りは、家庭内でのメンテナンス作業の中でも特に手間がかかる作業の一つです。

しかし、電源を切らずに効果的に霜を取り除くための方法は存在します。

今回紹介した「ドライヤーを使った方法」や「あたたかい濡れタオルを使用する方法」は、時間と労力を大幅に削減することができる手段です。

また、冷凍庫の霜が発生する原因を理解し、予防策を講じることも重要です。

これらの方法を適切に活用することで、冷凍庫の霜を効率的に管理し、電気代の節約や冷凍庫の長期的な性能維持につなげることができます。

定期的な霜取りは、冷凍庫の効率的な運用と維持のために不可欠な作業であり、手間なく行える方法を知っておくことは非常に有益です。