春を彩る和菓子、桜餅と柏餅の特色とその違いを紹介

春を彩る和菓子、桜餅と柏餅の特色とその違いを紹介 料理・食べ物

毎年4月になると、日本全国でお花見が最盛期を迎え、桜の美しい景色が広がります。

そんな春の訪れと共に、桜餅と柏餅という季節感あふれる和菓子に注目が集まりますが、これらの和菓子の違いに気付いたことはありますか?

日本では、四季折々の食文化が根付いており、それぞれの季節にちなんだ美味しい伝統菓子を楽しむことができます。

この記事では、春の代表的な和菓子である桜餅と柏餅の個性や相違点を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

桜餅の特徴

桜餅は、塩漬けの桜の葉に包まれた、もちもちとした食感の和菓子です。

特に興味深いのは、桜餅には関東版と関西版という二つのスタイルがあるということです。

関東地方では「長命寺餅」と呼ばれるタイプがよく知られており、一方で関西地方では「道明寺餅」として人気です。

各地域の桜餅の特徴を見てみましょう。

関東風桜餅
  • 通常、江戸風桜餅と称される。
  • 皮は小麦粉や白玉粉で作られ、薄く焼かれる。
  • 中身は主にこしあんを使用し、円筒形か折りたたみ式に仕上げられる。
  • 最後に1枚から3枚の桜の葉で包む。
関西風桜餅
  • 一般に上方風桜餅とも呼ばれる。
  • 原材料はもち米から作られる道明寺粉で、これを蒸して餅を作る。
  • 餅を作る過程で砂糖を加え、粘り強く弾力のある餅にあんこを詰めて形を整える。
  • 最後に、1枚か2枚の桜の葉で丁寧に包み込む。

このように、関東と関西では桜餅の作り方や見た目にも違いがあり、それぞれ独自の魅力があります。

ぜひ両方の桜餅を試してみて、その違いを楽しんでみるのも良いでしょう。

柏餅の特徴

柏餅は、日本の伝統的な和菓子で、柔らかく丸めた上新粉の餅にあんこを詰め、かしわの葉で包んで作られるのが特徴です。

この和菓子は、日本の古い時代にその起源を持ち、江戸時代の武家文化の中で特に人気を博しました。

端午の節句に柏餅を食べる習慣が定着したことが、その普及に大きく貢献しています。

注目すべき点として、柏餅に使われる葉は実は柏ではなく、ブナ科の槲(かしわ)の葉です。

本来の柏とはヒノキ科のコノテガシワを指し、現在使われる葉の形とは異なります。

時間が経つにつれて、槲(かしわ)と柏が混同されるようになったものの、サルトリイバラの葉を使ったものでも柏餅と呼ばれることがあります。

柏餅の餡には、粒あんやこしあん、味噌あんが一般的です。

また、包んだ葉の表裏によって中の餡が異なる場合があり、葉脈が表側にあるとあんこが、裏側にあると味噌あんが使われることがあります。

桜餅と柏餅の違い

使用される材料の違い

春の風物詩である桜餅と柏餅は、それぞれ異なる材料を用いて作られています。

たとえば、桜餅の場合、関東地方で作られる長命寺餅には小麦粉や白玉粉が、関西地方で作られる道明寺餅には道明寺粉が使用されます。

この道明寺粉は、もち米を蒸して乾燥させて製粉したもので、桜餅だけでなくおはぎなどの他の和菓子にも活用されます。

一方、柏餅には上新粉が主要な材料として使われます。

上新粉は、精白されたうるち米を水洗いして乾燥させ、少量の水を加えて粉状にしたものです。

このように、桜餅と柏餅はそれぞれの基本となる材料において違いが見られるのです。

包み込む葉の種類の違い

桜餅と柏餅では包む葉の種類にも違いがあります。

桜餅に使用される桜の葉は塩漬けにされており、食べられる状態で提供されます。

これに対し、柏餅に使われる柏の葉は食用には適しておらず、主に香りを付ける目的で用いられます。

食べる時期の違い

桜餅と柏餅は、どちらも日本の伝統的な菓子ですが、その食べる時期によって特徴が異なります。

例えば、春の訪れを告げる雛祭りの際、3月3日には桜餅が好まれます。

対照的に、5月5日のこどもの日、端午の節句には柏餅がよく食べられるのが一般的です。

インターネット通販の普及により、これら季節限定の和菓子も一年中入手しやすくなりました。

そのため、昔ながらの「季節に合わせた味覚」の感覚が変わりつつあります。

また、日本各地では端午の節句の際に食べるものが異なります。

例えば、東日本では柏餅を食べるのが一般的なのに対し、西日本では粽(ちまき)を好むという地域差が存在します。

まとめ

この記事を通して、桜餅と柏餅の間の違いを理解することができました。

見た目は似ているものの、実は様々な違いがあるのです。

桜餅の種類や地域ごとの特徴、柏餅の歴史など、新しい知識を得ることができたでしょう。

これらの和菓子は春の節句に合わせて食べることで、季節を感じることができます。

特に、桜の下で桜餅を味わうのは、春の到来を満喫する素晴らしい方法の一つです。