三隣亡の日に避けるべき行動とは?どのようなことに注意すべき?

三隣亡の日に避けるべき行動とは?どのようなことに注意すべき? 行事・イベント

三隣亡(さんりんぼう)の日には避けるべき行動があります。

この日は不吉とされ、特定の行動を控えることが良いとされています。

今回は以下の項目について詳しく解説します。

  • 三隣亡は不吉な日!避けるべき行動とは?
  • 三隣亡の本質と2024年の日程
  • 三隣亡と大安が重なる日の運勢

三隣亡の日の持つ意味や、大安との重なりによる運勢の変化にも触れていきますので、最後までご一読ください。

スポンサーリンク

三隣亡は不吉な日!避けるべき行動とは?

三隣亡は不吉な日とされていて、特定の行動を控えることが推奨されています。

どんな行事や行動を避けるべきか、具体的にお伝えします。

建築に関する行事

三隣亡の日は建築に関する行事を控えるべきです。

歴史的にこの日に建築作業を行うと、現場での事故や職人の怪我が多く発生したとされています。

三隣亡は「建築業界にとって最悪の日」とも言われるほどです。

建築業界では、上棟式や土地の祝福などの儀式を避けることが一般的です。

建築関連の計画を立てている場合は、関係者によって中止を求められることもあります。

伝統的には、三隣亡は職人たちが休む日とされていたこともあります。

引越しに関する活動

引越しも、三隣亡の日は控えるべきです。

新築や賃貸問わず、この日に行う引越しは「自宅から3軒隣まで不幸が及ぶ」という言い伝えがあります。

このため、個人だけの問題ではなく、近隣住民にも影響が及ぶ可能性があります。

たとえあなた自身が三隣亡を気にしない場合でも、周囲の人たちが気にすることも考えられます。

引越しを予定している場合は、周囲への配慮を忘れずに行動しましょう。

結婚式や入籍について

思いがけないかもしれませんが、三隣亡の期間中に結婚式や入籍などの結婚に関連する重要なイベントを控えることが推奨されています。

結婚は建築や引越しとは異なりますが、それでも生活に大きな変動をもたらします。

一般に、人々は生活環境が変わる際に、「新しい生活を存分に楽しむ」という願望を持ちます。

しかし、三隣亡において大きな生活の変化を行うと、将来に対する不安が高まり、運気が下がる可能性があるのです。

結婚に伴う問題を回避するため、特に三隣亡の時期には注意が必要です。

そうすることで、幸せな結婚生活のスタートを切る手助けとなるでしょう。

葬儀に関する儀式

通夜や葬儀を三隣亡の日に行うことは、通常は勧められていません。

特にいくつかの地域では、三隣亡の日に葬儀を行うことを避ける風習があります。

この日に葬儀を行うことが不吉と捉えられることがあるためです。

例えば和歌山県の一部では、この習慣が特に強く根付いており、多くの人がこれを重視しています。

参加者の感情を配慮し、三隣亡の日を避けることが望ましいでしょう。

宝くじを買うタイミング

三隣亡は、宝くじを購入すべきではない日としても知られています。

宝くじは、大安や一粒万倍日などの吉日に購入するのが一般的に良いとされています。

それに対して、三隣亡や仏滅、赤口などの凶日には購入を控えるべきです。

宝くじを購入する際は、できるだけ当選確率を高めたいものです。

三隣亡の日に購入すると運気が低下するリスクがあるため、吉日を狙って購入することが推奨されます。

高所での作業について

意外かもしれませんが、三隣亡の日は高い場所へ登る行為も控えるべきです。

この日に高所で作業をすると、怪我の可能性が高くなると言われています。

特に建築業界での高所作業はこの日には避けられる傾向にありますが、日常生活での高所での作業も注意が必要です。

たとえば、脚立を使っての電球交換などは、三隣亡の日には控えた方が無難です。

登山やハイキングなど、高い場所へ登る活動も、この日には避けた方がよいでしょう。

その他の避けるべき行為

三隣亡の日に控えた方が良いその他の行為には以下のようなものがあります。

  • 新しい財布の購入や使用
  • 車の納車
  • 贈り物

新しい財布の購入や車の納車は、三隣亡の日には避けるべきとされています。

また、「贈り物も避けるべき?」と思われるかもしれませんが、群馬県や新潟県の一部では三隣亡の日の贈り物は不吉とされています。

この風習によれば、贈り物を受け取る側が不幸になると言われています。

ただし、この習慣は地域によって異なり、一般的ではないため、自分や相手がそれにこだわらない場合は、過度に心配する必要はありません。

三隣亡の本質と2024年の日程

まずは、三隣亡とは何か、その具体的な意味についてご説明します。

一般的に「不吉な日」として知られる三隣亡ですが、その背景や由来を理解することが大切です。

また、2024年の三隣亡の日程についてもご紹介しますので、是非チェックしてみてください。

三隣亡の由来とは?

三隣亡は、伝統的には建築に関連する凶日とされています。

この日に建築工事を行うと、「隣の3軒まで災いが及ぶ」と言われています。

江戸時代中期から暦に登場し、明治時代には広く知られるようになりました。

ただし、もともとは「三輪宝」と記され、建築に適した吉日とされていた歴史もあるため、現代では「迷信かもしれない」との考えもあります。

最終的には、三隣亡を信じるかどうかは個人の判断ですが、不安を感じる場合は、その日に大きな変更を避けることが推奨されます。

2024年の三隣亡の日程

2024年における三隣亡の日程は以下の通りです。

2024年度 三隣亡の日
1月 3(水)、7(日)、19(金)、31(水)
2月 5(月)、17(土)、29(木)
3月 15(金)、27(水)
4月 12(金)、24(水)
5月 11(土)、23(木)
6月 4(火)、7(金)、19(水)
7月 1(月)、17(水)、29(月)
8月 15(木)、27(火)
9月 11(水)、23(月)
10月 5(土)、9(水)、21(月)
11月 2(土)、7(木)、19(火)
12月 1(日)、16(月)、28(土)

三隣亡が記されたカレンダーを活用するか、自分で日付をマークしておくことが便利です。特に、避けるべき行動には注意を払いましょう。

三隣亡と大安が重なる日の運勢

時々、三隣亡と大安が同じ日に重なることがあります。

例えば、「宝くじを買いたいけど、三隣亡と大安が重なっていて迷っている」という悩みを抱える人もいるでしょう。

結論から言うと、三隣亡と大安が重なる日は、大安の吉日を優先して考えるのが一般的です。

人はネガティブな面に焦点を当てがちですが、大安の吉日のパワーに信頼を置くといいでしょう。

また、一粒万倍日が重なる日も吉日とされ、良い運気をもたらすとされています。

ただし、建築関連のイベントについては、三隣亡の日は避けることをおすすめします。

大安と重なったとしても、三隣亡は特に建築に関連した不吉な日とされているため、地鎮祭や上棟式などは別の日に設定する方が良いでしょう。

まとめ

三隣亡の日に避けるべき行動や注意点をご紹介しました。

特に建築関連の活動において不吉とされている三隣亡ですが、結婚式や葬儀など、その他にも気をつけるべき点があります。

自分自身があまり気にしていなくても、周りの人が気にしている可能性があるため、他人を不快にさせないよう配慮することが大切です。