サラミとカルパスの違いとは?それぞれの特徴と健康への影響を解説

サラミとカルパスの違いとは?それぞれの特徴と健康への影響を解説 料理・食べ物

サラミとカルパスは、おつまみやスナックとして人気がありますが、この二つにはいくつかの違いがあります。

今日はサラミとカルパスの特徴と、健康に与える影響について詳しくお話ししますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

サラミとカルパスの主な違い

サラミとカルパスの最大の違いは、使用されている肉の種類です。

サラミは牛肉と豚肉で作られるのに対し、カルパスはこれに加えて鶏肉も使用されます。

また、水分量の違いも大きな特徴です。

サラミは水分が35%以下で比較的硬め、一方カルパスは水分が55%以下で柔らかい食感が楽しめます。

サラミはイタリアで生まれたドライソーセージで、サイズが大きいため、料理やおつまみによく使われます。

一方、カルパスは小さいスナックサイズで、手軽に楽しめるセミドライソーセージとして人気があります。

サラミとカルパスの健康への悪影響は?

サラミとカルパスは保存がきく食品で、これは食品添加物のおかげです。

これらの添加物は保存期間を延長し、菌の繁殖や変色を防ぐ役割を果たします。

ただし、食品添加物には健康への悪影響を懸念する声もあります。

国が定める基準内で使用されるこれらの添加物は、通常、健康に害はありませんが、適量を守ることが大切です。

サラミやカルパスには塩分が多く含まれているため、過剰に摂取することは避けましょう

次に、サラミとカルパスの特徴をもっと詳しく見ていきましょう。

サラミの特徴について

このセクションでは、サラミについて詳しく見ていきましょう。

サラミは、イタリアが発祥の地で、その主な材料は豚肉や牛肉、あるいはこれらの混合肉です。

このような肉がサラミの主要な成分となっています。

サラミはカルパスと比べると、豪華で大きめの外観が特徴的です。

イタリアでは古くからドライソーセージとして親しまれ、日本においても次第に人気が高まっています。

サラミを作る過程で、肉には香辛料や調味料、ラードが加えられ、腸に詰められた後、熱を加えずに約2~3ヶ月間乾燥・熟成されます。

日本市場において販売されるサラミには、水分量が35%以下でなければならないという基準が設けられています。

サラミはイタリアンレストランなどで頻繁に提供され、そのまま味わうのはもちろん、ピザ、パスタ、サンドイッチ、サラダなど様々な料理に利用されています。

さらに、塩分が豊富であるため、スナックとしても親しまれています。

カルパスのユニークな特徴

サラミと比較すると、カルパスは一目で小さく、コンパクトな印象を与えます。

サラミよりも柔らかいため、スナックや軽食としてそのまま食べられることが多いです。

通常、一口サイズで個別に包装されており、スーパーマーケットでよく見かける商品です。

サラミとカルパスの主な違いは「使用する肉の種類」にあります。

サラミは主に豚肉と牛肉を使用するのに対し、カルパスでは豚肉、牛肉、鶏肉の挽肉、またはこれらの混合肉を使用します。

特に鶏肉を含むことがカルパスの特徴であり、その起源はロシアにあります。

製造プロセスでは、サラミと同様の初期工程を経ています。

香辛料、調味料、ラードを混ぜ合わせて腸詰めした後、加熱処理を施し、2~3ヶ月間乾燥させて熟成させます。

この過程で水分量が55%以下に保たれたものが、「セミドライソーセージ」としてカルパスと呼ばれます。

まとめ

サラミとカルパスの主要な違いは、使用される原材料と水分量にあります。

また、サイズにもわずかな差があります。

サラミは料理やおつまみに頻繁に用いられるのに対し、カルパスは軽食やおやつとしての人気が高いです。

ぜひ両方を試して、自分好みの味を見つけてみるのも良いでしょう。