出産祝いにギフトカードは嬉しくない?不人気な理由トップ5とそのメリット

出産祝いにギフトカードは嬉しくない?不人気な理由トップ5とそのメリット 出産・出産準備

プレゼントとして様々な物品を受け取る際、その収納に頭を悩ますことがあります。

私は2人の子供を持つ母親として、数多くの出産祝いのプレゼントを受け取ってきました。

中でも、ギフトカードはその利便性で際立っていました。受け取った我々が好きな時に好きなものを選べるため、本当に必要な時に役立ちます。

しかし、

「ギフトカードをもらっても特別な喜びを感じない」

という意見も実際にあります。

その理由の一つとして、カードに書かれた具体的な金額が、何となく冷たく感じられることが挙げられます。

今回は、ギフトカードを贈り物として受けることの喜びと不満について、さまざまな角度から考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

出産祝いへのギフトカードに潜む不満の種5つ!

ギフトカードが贈り物として好ましくないと感じる主な理由は以下の通りです。

  • カードに記された金額が明示されること
  • 金銭そのものを贈られた印象
  • 贈与者との心理的な距離感
  • 店舗でのみ利用可能な物理的カードの不便さ
  • 赤ちゃん連れでの買い物の大変さ

物理的なプレゼントでは価格を正確に把握するのが難しいですが、ギフトカードでは金額が一目で分かってしまい、それが気になることがあります。

その上、ギフトカードが金銭を直接贈る行為と重なり、それに対する抵抗を感じる人もいます。

これはなかなかキツイ一言ですね。

親しい友人との心の距離

「親しい友人なら、本当に必要なものを聞いてほしかった」

そう願う人たちもいるのです。

本来なら、遠慮なく欲しいものを伝えられるはずの親友から金銭同等のものを受け取ると、何か違和感を覚える場合があります。

制限された使用範囲

オンラインショッピングを好む人々にとって、実店舗のみで利用可能な物理的なギフトカードは不便に感じられます。

今日では、デジタルのギフトカードがより好まれています。

さらに、赤ちゃんを連れての外出は、多くの荷物を要するため、買い物の回数を減らしたいというニーズがあります。

そのため、期限のないギフトカードは、特にありがたく感じるものです。

なぜギフト券が選ばれるのでしょうか?

ギフト券が出産祝いとして贈られることに対する不満が存在するものの、それがよく選ばれる理由はあります。

一つには、贈る側は具体的な商品を選ぶよりも、受け取る側が自分で使い道を選べる自由を尊重しているからです。

また、ギフト券にのし紙を付けることができ、それが祝いの気持ちを伝える一助となっています。

このシンプルな工夫が、プレゼントの形式を整える助けになっています。

ギフト券を受け取るメリット3つ<喜ばれるポイント>

ギフト券をもらうメリットは、次のように考えられます。

  • スペースを取らない
  • ほしい商品に使える
  • 内祝いの額を決めやすい

スペースを取らない

家に赤ちゃんがやってくると、ベビー用品が一気に増えていきます。

そんな忙しい時に、収納に困らないギフト券は大変便利です。

ほしい商品に使える

ギフト券にはさまざまな種類があり、受け取った人が欲しいものに自由に使えるという点が魅力です。

赤ちゃんの必需品から親の欲しいものまで、幅広く対応できる柔軟性を持っています。

内祝いの額を決めやすい

贈り物に対するお返し、つまり内祝いの金額を決める際にも、ギフト券は利点があります。

私自身も、内祝いの額を決める際にギフト券の明確さが役立った経験があります。

通常、内祝いの額は受け取った金額の約1/3から半分に設定されることが多いですが、ギフト券なら簡単に金額を把握できます。

これにより、育児の合間を縫ってオンラインで内祝いを選ぶ時にも、予算設定がしやすくなるのです。

ギフトカードを選ぶ理由とは?

ギフトカードが広く贈られる一方で、それに対する不満も存在します。

  • 感じられる金銭的な印象
  • 義務的に贈られているような感覚
  • 使用可能な場所や用途に制限があるギフトカード

贈る人は選択肢を与えたいと考えていますが、受け取る側は、贈り手の温もりを感じる具体的なアイテムを望むことも多いです。

出産祝いの定番としてよく選ばれるギフトカードが、選ぶ手間を省くための代替品と見なされることもあります。

使用範囲の限定性

使える場所や用途が限られているギフトカードは、利便性に欠けると感じられることがあります。

特に普段使わないオンラインストア専用のギフトカードは、登録の手間などが不便と感じる原因になります。

食事券の意外なデメリット

新生児を持つ親にとって、外食を控える傾向があり、レストランの食事券が使いづらいという問題があります。

赤ちゃんを連れての外食では、気を使いすぎて料理を楽しめないという経験をされている方が多いようです。

より多様な用途に使えるギフトカードが好まれる傾向にあります。

ギフトカードを贈る際の工夫

出産祝いでギフトカードを選ぶ際には、もっと心のこもった贈り方を考えましょう。

他のプレゼントとの組み合わせ

ギフトカードに加えて、絵本やおもちゃ、ベビー用品などの小さなアイテムを同封することで、受け取る人に対する心遣いが伝わります。

金額にこだわらずに、心が感じられる品を選んでください。

心を込めたメッセージの添え方

プレゼントを選ぶのが難しい時は、心のこもったメッセージカードがおすすめです。

単純な金券よりも、手書きのメッセージが添えられていると、贈り主の感情がより強く伝わります。

書くのが得意なら、手紙を添えるのも素敵です。

赤ちゃんやその家族の雰囲気にマッチするカードを選ぶことで、ギフトの特別感を高めることができます。

ギフトカードの多様性とは?

ギフトカードには多くの種類が存在します。いくつか例を挙げてみましょう。

  • 様々な店舗で使えるクレジットカード会社のギフトカード
  • 特定のスーパーマーケットでのみ利用できるギフトカード
  • 子ども専用のギフトカード
  • オンラインで利用可能な電子ギフトカード
  • 食事専用ギフトカード

例えばJCBのようなクレジットカード会社のギフトカードは、幅広い店舗で使えて非常に便利です。

イオンやイトーヨーカドーのような特定のスーパーマーケットでしか使えないギフトカードもあり、これらの店舗では食品だけでなく、様々な商品に利用できるかもしれません。

子ども用品専門のギフトカードは出産祝いに特に人気があり、2人目を迎えた家庭では上の子のためにこのタイプを希望することもあります。

私もアカチャンホンポは頻繁に行ってたので、出産祝いにもらっていたら嬉しかっただろうなー。

オンラインショッピングを好む人には電子ギフトカードが喜ばれますし、外食を楽しむ人向けの食事券は、特にファミリーレストランなど気軽に利用できるところで有効です。

ギフトカードだけじゃないおすすめギフト

ギフトカードだけでは足りないと感じる場合には、以下のようなプレゼントがおすすめです。

個性的なおむつケーキ

選べるサイズのベビー服

便利な離乳食用の食器セット

心を温める絵本

これらは多くの親が喜ぶギフトです。

おむつは3歳頃までの長期間必要で、サイズが選べるおむつケーキは特に実用的です。

特にSやMサイズのパンツ型は便利と好評です。

ベビー服は成長が早いため、少し大きめのサイズが長く使えて便利です。

絵本は時代を超えた名作を選ぶと、親子で楽しむことができます。

まとめ

調査によれば、出産祝いで最も喜ばれるのは現金とされていますが、ギフトカードも十分喜ばれると考えられます。

贈り物を選ぶ際は、相手の好みや性格を考慮し、心からの祝福を込めてギフトカードを選べば、きっと喜んでもらえるはずです。

出産祝いにギフトカードを考えているなら、これらのアドバイスが参考になるでしょう。