ダイソーで揃える潮干狩りの便利グッズ!必需品とお勧め小物の紹介

ダイソーで揃える潮干狩りの便利グッズ!必需品とお勧め小物の紹介 行事・イベント

気候が暖かくなり、アウトドア活動に最適な季節がやってきました。

特にこの時期は、子供から大人まで楽しめる潮干狩りが大人気です。

ゴールデンウイークには、多くの家族が海辺で潮干狩りを楽しむでしょう。

「潮干狩りに行きたいけど、何を準備すればいいの?」「潮干狩りの準備はダイソーでできるの?」と考えている方もいるかもしれませんね。

この記事では、そんな疑問を解決し、潮干狩りを十分に楽しむための準備方法を紹介します。

特にダイソーで手に入る必要なアイテムや便利グッズに焦点を当てています。

スポンサーリンク

潮干狩りに必要なもの、ダイソーで揃う?

潮干狩りで必要な用具は、ダイソーで手軽に揃えることができます

100円ショップの利点を活かして、他の店舗よりもお得に必要なアイテムを揃えることが可能です。

ダイソーで見つける潮干狩りの基本アイテム

潮干狩りに必要な基本アイテムはダイソーで手に入ります。

主要なアイテムは熊手、スコップ、手袋、そしてバケツの4つです。

これらは潮干狩りをする上で不可欠ですので、忘れずにそろえましょう。

潮干狩りのための道具を初めて選ぶ際には、「どのタイプが最適か」「使ってはいけないものはあるか」などの疑問が生じることがあります。

お金を無駄に使わないためにも、それぞれのアイテムについて詳しく説明します。

潮干狩りに欠かせない熊手とスコップ

貝を掘り出すのに必要なのが熊手とスコップです。

「素手でも掘れるのではないか」と思うかもしれませんが、貝を傷つけたり、自分自身が怪我をするリスクがあるため、これらの道具を使うことが推奨されます。

熊手は先が丸く、柄が太いタイプが使いやすいです。

一方、スコップは砂掘りに便利ですが、貝を傷つけないために、先端が鋭くないものを選ぶことが重要です。

熊手を選ぶ際に注意が必要なのは、網付きのタイプは一部の地域で使用が禁止されていることです。

特に愛知県や三重県などでは禁止されています。

禁止地域で使用すると問題が起こる可能性があるため、訪れる潮干狩り場の規則を事前に確認することを忘れないでください。

潮干狩りに最適なセット

驚くかもしれませんが、ダイソーで潮干狩り専用のセットが手に入ります

このセットは、特に潮干狩り初心者やどんな道具を選べばいいか迷っている方にぴったりです。

セットの内容は「熊手、網、スコップ」の3点で、家族全員分をリーズナブルな価格で揃えることができますので、大変重宝します。

しかし、購入時に一つ注意点があります。

さきほども述べたように、網付き熊手は一部の地域で使用が制限されていることがあります。

したがって、セット内の熊手の種類や、訪れる潮干狩りの場所で使えるかどうかを事前に確認することが大切です。

穴あきおたまを使っている人も!

熊手が売り切れで、穴あきおたまを使っている方がいました。

確かに穴が開いているので、意外と使えそうな感じがしますね。

ただ100均アイテムで、それほど耐久力がなさそうなので、これだけ買って潮干狩りに行くのは多少リスクがありそうな気がしますが…。

手袋類

素手での作業は怪我の可能性があるため、「手袋、ゴム手袋、軍手」が不可欠です。

実際に、我が家でも手袋を着用せず作業していた際に貝の破片で指を切った経験があります。

長時間の作業によるマメやタコの予防にも役立ちます。

どの手袋を選ぶかは迷うところですが、おすすめは耐久性があり、長時間使っても疲れにくい、水に濡れても問題ないゴムや樹脂でコーティングされた作業用手袋です。

軍手も便利ですが、濡れた時の冷えや使いにくさに注意が必要です。

滑り止め加工された軍手なら、道具をしっかり握ることができます。

バケツ

潮干狩りで採った貝を入れたり、砂抜きに使ったりする際に非常に便利なのがバケツです。

ダイソーでは、子供から大人まで使えるさまざまなサイズのバケツが販売されています。

バケツを持ち歩いているときにつまずいて海水をこぼしたり、服を濡らしてしまったことがあります。

そういった事故を防ぐためにも、蓋付きのバケツを選ぶことをお勧めします。

ダイソーで見つかる潮干狩りに便利なアイテムは?

潮干狩りの楽しみをより向上させるために役立つ便利グッズを紹介します。

ダイソーでは以下のようなアイテムが揃っています。

ザルや網

回収用のネット袋

ビーチサンダル

日焼け防止用の帽子やアームカバー

保冷剤

クーラーボックス(発泡スチロール製)

塩・ドレッシング入れ(マテ貝を採る場合用)

これらのアイテムをダイソーで揃えれば、潮干狩りがより快適で楽しいものになるでしょう。

それぞれのアイテムの詳細についても見ていきましょう。

ザルと網

潮干狩りで非常に便利なのがザルです。砂や泥を洗い流す際に重宝します。

さらに、多くの貝を収集した際にも、ザルを使用すると選別が簡単になります。

また、採集した貝には細菌が付いている可能性があるため、持ち帰る前にしっかり水で洗うことが大切です。

真水での短時間の洗浄は、貝には害を及ぼさないので安心です。

回収ネット

潮干狩りで集めた貝を保管するのに便利なアイテムが回収ネットです。

ダイソーには様々な回収ネットが販売されていますが、もし見つからなければ、粗目の排水溝ネットでも代用可能です。

軽くて持ち運びがしやすいため、荷物を最小限に抑えたい方に特におすすめです。

ビーチサンダル

潮干狩りで足が濡れることを考えると、ビーチサンダルを履くことが推奨されます。

裸足でも問題ないと思われがちですが、割れた貝殻などで足を傷つけるリスクがあるため、注意が必要です。

ダイソーには、子供から大人まで使えるさまざまなデザインのビーチサンダルがありますので、好みの一足を見つけることができます。

ビーチサンダルが苦手な方には、クロックスタイプやベランダ用サンダルも良い選択肢です。

またサンダル以外に、マリンシューズもおすすめです。

一度ダイソーでチェックしてみるといいでしょう。

日焼け対策グッズ(帽子、アームカバー)

これからの季節は、日差しが強くなります。特に潮干狩りの場所では日陰が少なく、紫外線に晒される時間が長くなります。

肌を守るための日焼け対策は必須です。

帽子やアームカバー、サングラスなど、様々な種類のアイテムが役立ちます。

特に、帽子が風で飛ばされないように固定するクリップは大変便利です。

潮風は予想以上に強いので、帽子が飛ばされてしまうと、濡れて使えなくなるリスクもあります。

保冷グッズ(発泡スチロール製クーラーボックス)

貝は熱や光に非常に敏感です。

新鮮な状態で持ち帰るためには、クーラーボックスの使用が適しています。

家にない場合や新たに購入を検討している方には、ダイソーで販売されている発泡スチロール製の保冷箱がお勧めです。

いくつかのサイズがあり、持ち運びに便利な紐が付いています。

保冷剤

潮干狩りで集めた貝を新鮮なまま持ち帰るためには、保冷剤がとても重要です。

ダイソーでは、さまざまな種類の保冷剤が販売されています。

使用する際は、事前に自宅でしっかり凍らせておくことが必要です。

また、潮干狩りの場所には日陰が少なく、熱中症のリスクもありますので、保冷剤を活用して体を冷やし、休憩中に体温を下げるのに役立てましょう。

特に小さいお子さんがいる場合は、熱中症対策のために持っていくことをお勧めします。

塩・ドレッシングボトル(マテ貝用)

特に注目したいのがマテ貝の採集です。

マテ貝は塩に反応しやすく、穴に塩を入れることで簡単に捕獲できます。

ここで活躍するのがドレッシングボトルです。

細い先端から塩をピンポイントで穴に入れることができ、マテ貝の効率的な採集が可能になります。

この方法は楽しく、夢中になってしまうこと間違いありません。

ただし、扱いやすい細かい粒状の塩を使用することをお勧めします。

潮干狩りのための他の便利グッズ

ダイソーには、潮干狩りに役立つ様々なアイテムが揃っています。

疲れたときに使える簡易椅子やレジャーシート、日差しから身を守るための簡易テントなどが特におすすめです。

長時間の貝掘りは腰に負担がかかりますので、簡易椅子があると大変楽になります。

また、日陰が少ない潮干狩り場では簡易テントが休憩時の日差しを避けるのに便利で、着替えの際にも使えます。

レジャーシートは、帰りの車内で荷物の下に敷くことで汚れを防ぐのにも役立ちます。

ダイソーになければ潮干狩りの道具はどこで手に入る?

近所のダイソーに潮干狩りの用具が見つからない場合、どうすればいいでしょうか?

その際はホームセンターがおすすめです。

100円ショップとは異なり価格はやや高めですが、必要なアイテムが豊富に揃っているので、安心して潮干狩りの準備ができます。

特に潮干狩りのシーズン中は、専用コーナーが設けられており、初心者の方も探しやすいでしょう。

また、潮干狩りのスポットによっては、現地でのレンタルサービスを提供している場合もあります。事前に調べておくと良いでしょう。

まとめ

ダイソーで潮干狩りの準備が整うかもしれませんが、他にも選択肢はあります。

特に大人数や家族連れにとって、費用を抑えられるのは重要なポイントです。

以下が主なポイントです。

  • 潮干狩りの道具はダイソーで揃う可能性が高い。
  • 基本的な必需品としては、熊手、スコップ、手袋、バケツが挙げられる。
  • 地域によっては忍者熊手の使用が禁止されていることも。
  • ダイソーの潮干狩りセット(熊手・網・スコップ)は特に便利。

これらの情報を踏まえて、ゴールデンウイークの潮干狩りを楽しんでください。