潮干狩りで使用を禁止されている道具とは?その理由とおすすめ適切な代替品の紹介

潮干狩りで使用を禁止されている道具とは?その理由とおすすめ適切な代替品の紹介 行事・イベント

春の暖かな日差しと共に、外での活動がより一層楽しくなる季節ですね。

特に潮干狩りを楽しみにしている方も多いと思います。

ですが、潮干狩りで使用が禁止されている特定の道具があるのをご存知でしょうか?

ここでは、そのような道具と使用禁止の理由について説明します。

スポンサーリンク

潮干狩りで使ってはいけない道具2種類

潮干狩りでの持ち込みや使用が禁止されている道具には、次の2つがあります。

  • ジョレン
  • 忍者熊手

これらのアイテムの中でも、特にジョレンの使用は多くの場所で禁止されていますので、持ち込まないようにしましょう。

ジョレン

ジョレンは長い柄の先に大きなスコップや網状の構造がついた特殊な道具で、「鋤簾(じょれん)」とも書かれます。

潮干狩りでたまに見かけられるこの道具は、その多様な形状と、大きなスコップ部分で効率的に貝を集めることができるため人気です。

しかし、多くの潮干狩り場所では、このジョレンの使用が禁止されています。そのため、これを使用する際は注意が必要です。

忍者熊手

忍者熊手は、網目がついた熊手の一種です。

忍者熊手

100円ショップなどで手軽に購入できるため、一見便利に思えますが、使用には注意が求められます。

使用禁止の道具とその理由

潮干狩りで使ってはいけない道具があることを知っていますか?その理由を説明しましょう。

ジョレンの使用が禁止されている主な理由は、過剰に貝を採取してしまうためです。

テレビで漁師がジョレンを使う姿を見かけることがありますが、潮干狩りでは不適切です。

これを使うと、他の人が貝を採る機会が減ってしまいます

また、ジョレンの柄が長いため、使っている際に周囲の人にぶつかる危険性もあります。

安全上の問題とルール違反を避けるためにも、使用を控えましょう。

忍者熊手も、通常の熊手に比べて多くの貝を採ることが可能です。

ジョレンほど広く禁止されているわけではありませんが、使用には注意が必要です。

おすすめの道具

潮干狩りには、伝統的に熊手が推奨されています。

熊手

子供がいる場合は、プラスチック製の熊手やスコップも適しています。

まとめ

禁止された道具を使うと、トラブルの原因になることがあります。

潮干狩りの楽しい時間が問題に発展することは避けたいですね。

「知らなかった」は通用しないので、禁止されている道具の使用は絶対に控えましょう。