潮干狩りに最適な時間帯と潮の状態について|満潮時を避けるべきか?

潮干狩りに最適な時間帯と潮の状態について|満潮時を避けるべきか? 行事・イベント

潮干狩りをする上で、最適なタイミングを把握することが大切です。

漁師さんが早朝に作業することもあり、多くの人が潮干狩りには午前中が適していると考えがちです。

また、テレビで昼間に貝拾いをしているシーンを目にすることもあり、昼間ならいつでも良いと思い込みがちですが、実はそうとは限りません。

思いつきで時間を選んでしまうと、潮干狩りができないこともあるのです。

準備をして出かけたのにできなかったらがっかりですよね。

そこで、潮干狩りに最適な時期とその確認方法について説明します。

スポンサーリンク

最適な潮干狩りのタイミング

初めて潮干狩りをする際、どのタイミングがベストか迷うことでしょう。

まずは、潮干狩りに適した時間を見つけることから始めましょう。

理想的な潮干狩りの時間帯

潮干狩りに適した時間は、一般的に「干潮の2時間前後」と言われています

できれば、干潮の2時間前に始めて、干潮時に終える予定を立てると良いでしょう。

特に、「大潮」の日は潮干狩りに最適です。

無料の潮干狩りスポットでは、大潮の日でないと貝が少ない場合があります。

普段は人が多く訪れる岸辺近くは、貝が既に取られてしまっていることが多いからです。

大潮の日は、通常海の中にある部分まで潮が引くので、そこで掘ることで楽しむことができます。

一方、有料の潮干狩りスポットでは、大潮でなくても「干潮の2時間前後」に行けば、貝を採ることができます。

準備は早めに!駐車場の混雑を避けよう

車で潮干狩りに行くなら、遅くなると駐車場が満杯になる可能性があるので注意が必要です。

一般的に、多くの人が干潮の約2時間前には到着しているため、その時間帯は特に混雑していることが多いです。

また、昼からの潮干狩りを希望する人が多いため、干潮の時間に合わせても、昼過ぎに到着すると駐車場が満杯である可能性があります。

車で行く場合は、できるだけ早く現地に着くようにしましょう。

駐車場の混雑状況を考えると、潮干狩りに最も適しているのは「大潮の日で、干潮が午前中の早い時間に設定されている日」です。

大潮でなくても、「干潮が午前中の早い時間」であれば問題ありません。

というのも、朝早い時間は駐車場が満杯になることが少ないからです。

干潮が10時ごろなら、8時前には到着し、干潮に合わせて活動を終了する計画を立てるのが良いでしょう。

朝の早い時間からの活動は、漁師のように朝日を浴びながら貝を採る楽しい体験になるかもしれません。

要注意:潮干狩りができない日もある

潮干狩りの場所によっては、定休日が設けられていることがあります

その日は潮干狩りができないため、事前に目的の場所や漁業組合のウェブサイトで休業日を確認し、計画を立てておくことが大切です。

潮干狩りに適した干潮の時刻をいかにして確認するか

潮干狩りの理想的な時間は、大体「干潮の2時間前後」とされています。

だけど、干潮の時刻は日によって異なるので、訪問予定日の干潮時刻は事前にチェックすることが重要です。

干潮の時刻の調べ方

干潮の時刻を調べるのは、特に初めての人には少し難しいかもしれません。

そこでおすすめの、見やすくて分かりやすいウェブサイトをご紹介します。

使いやすい潮見表 -潮MieYell(しおみエール)

これまで見てきた中で、このサイトは特に初心者にも見やすくなっています。

まず、都道府県を選び、続いて表示されるページの上部にある「地域から選ぶ」セクションの地名をクリックします。

その後、日付の横にある「潮」の欄をチェックし、「大」と表示されている日が大潮の日となります。

また、右側には潮干狩りに適した日かどうかの表示もあります。

これらの情報をもとに計画を立ててみましょう。

潮の動きとその用語の解説

この記事では「干潮」や「大潮」といった言葉が登場しています。

これらの意味を把握することは潮干狩りにおいて重要です。

干潮とは

干潮は、潮が最も引いた状態を指し、潮がこれ以上引かない点を意味します。干潮が過ぎると、潮は満ち始めます。

一方で「満潮」とは、潮が最も満ちた状態、つまりピークを指します。満潮を過ぎると潮は引き始めるのです。

大潮の意味

「大潮」は、1日の中で満潮と干潮の間の潮位の差が大きい時期を指します。

逆に、潮位の差が最も小さい時期は「小潮」と呼ばれます。

これらの現象は太陽、地球、月の位置関係によって生じますが、詳細はここでは割愛します。

通常、大潮は新月や満月の前後数日間に発生します。

潮見カレンダーの「長」と「若」

潮見カレンダーには「長」と「若」という用語が使われています。

「中」は大潮と小潮の中間を示していると思われますが、「長」と「若」の意味は一見して分かりにくいかもしれません。

「長」は特に潮干狩りには適していないため、その意味を知っておくことが重要です。

「長」とは

「長」は長潮(ながしお)を意味し、これは小潮の後の上弦や下弦の月の1~2日後に起こります。

この時期は潮の干満の差がより小さく、変化がゆっくりと長い時間にわたります。

「若」とは

「若」は若潮(わかしお)を意味し、長潮の翌日から始まり、徐々に潮の干満の差が大きくなっていく日を指します。

これに続いて中潮があり、その後大潮になります。

したがって、潮干狩りには大潮の期間が最適ですが、大潮以外の日に行く場合は、若潮から中潮の期間が良い選択となるでしょう。

満潮時の潮干狩りは可能か?

潮干狩りを計画する際、干潮が早朝や夕方に設定されていることもあります。

そのような場合、別の日に変更するのが難しいこともあるでしょう。

昼間は満潮が訪れる時間ですが、この時間帯に潮干狩りを行っても問題はないのでしょうか?

満潮時の潮干狩りの可否

理想的な干潮の時間ではなくても、潮干狩りを実施することは可能です。

ただし、満潮時を過ぎてから潮干狩りを始めることになるため、潮が引いていくのを追っていく形になります。

一方で、干潮後は潮干狩りに不向きな時間帯です。

潮が満ちてくると砂掘りが困難になり、安全面にも問題が生じます。

特に貝は浅瀬の砂地に生息しており、潮が満ちている時には潮干狩りが難しくなります

そのため、満潮時の潮干狩りは可能ですが、潮が完全に引いていないために熊手を使って掘ることができる場所が限られ、多くの貝を採ることは難しいです。

また、小潮や長潮の日には潮があまり引かないため、満潮時の潮干狩りは避けるべきです。

まとめ

潮干狩りに最適な時間は、一般に干潮の前後2時間とされています。

海は絶えず満ち引きを繰り返しているため、干潮の時刻は日によって異なります。

潮干狩りに出かける際は、時間の調整をしっかりと行い、アサリなどをたくさん採るための準備をしておきましょう。