潮干狩りで捕まえたヤドカリの飼い方|手作り海水と適切な量、食餌と貝殻の代替案

潮干狩りで捕まえたヤドカリの飼い方|手作り海水と適切な量、食餌と貝殻の代替案 生物

潮干狩りに行った際に海岸で拾ったヤドカリを家庭で飼う方法について解説します。

海生生物であるヤドカリは、淡水生物のメダカや金魚とは異なり、特別な海水と新しい貝殻が必要です。

この記事では、潮干狩りで拾ったヤドカリの飼育に初めて挑戦する方向けに、必要なアイテムや海水の作り方について説明します。

スポンサーリンク

潮干狩りで見つけたヤドカリの家庭での飼育

潮干狩りで見つけたヤドカリの家庭での飼育は十分可能です。

まずはバケツにヤドカリと海水を入れて自宅に持ち帰りましょう。

長期間飼育する場合には、ヤドカリが快適に過ごせる環境を作ることが大切です。

潮干狩りで一般的に見られるヤドカリは「ホンヤドカリ」という種類で、丸い目が特徴です。

ホンヤドカリ

ヤドカリ飼育に必要な基本的なアイテム

ヤドカリを家で飼うためには、次の6つのアイテムが必要です。

水槽、海水、砂、貝殻、エアポンプ、そしてヒーター

それぞれについて、詳しく説明します。

適切な水槽の選び方

ヤドカリが逃げないように、蓋があるか、または深さのある水槽を選ぶことが大切です。

ヤドカリのサイズに合わせた水槽を選びましょう。

たとえば、5cm未満のヤドカリであれば、20cm×20cmの水槽で最大5匹を飼育できます。

ヤドカリ用海水の作り方

自然から捕獲したヤドカリを飼育するためには、海水が欠かせません。

直接海から海水を汲むのがベストですが、それが難しい場合、「人工海水の素」を利用すると便利です。

この粉末を水道水に混ぜれば、手軽に海水が作れます。

また、水を足す際に使用する「カルキ抜き」も用意しておくと良いでしょう。

飼育に適した砂

海辺の砂は細菌が豊富なため、サンゴ砂の使用が推奨されます。

これはペットショップで入手可能です。

水槽にはヤドカリが潜れるように、サンゴ砂をヤドカリの2~3倍の深さまで敷き詰めてください

清潔さを維持するために、定期的な砂の交換が必要です。

砂は1か月ごとに交換し、古い砂は水洗い後、天日干しして再使用可能です。

岩や流木を追加して環境を豊かにすると、ヤドカリに遊び場や隠れ家を提供できます。

貝殻の用意

ヤドカリは成長するにつれて貝殻を新しくする必要があります。

自然からの採集が理想的ですが、手に入らない場合はオンラインでの購入も可能です。

脱皮時に貝殻を変える際は、失敗すると死んでしまうリスクがありますので、いくつかの貝殻を用意して選択肢を与えると良いでしょう。

エアポンプの役割

屋内でヤドカリを飼育する際には、エアポンプが酸欠を防ぐために不可欠です。

ろ過装置も併用すると、水質が安定し、掃除の頻度が減少します。

温度の管理

ヤドカリは暖かな環境を好むため、気温が10度以下になると生命に危険が及びます。

特に冬場は室温が15度以下になることが多いので、水槽用のヒーターを設置することが重要です。

淡水用と海水用のヒーターがあるので、適切な海水用ヒーターを選ぶことが大切です。

ヤドカリの食事について

ヤドカリは雑食性で、その食事内容は海藻、野菜、果物、魚、貝類など多岐にわたります。

海藻や魚類を与える際は、無添加・無調味のものが適しています。

食べ残しには注意が必要で、定期的な掃除が欠かせません。

生のエサを用意するのが難しい場合は、熱帯魚やザリガニ用のエサも代用できます。

これらは100円ショップなどで手軽に購入できます。

自作海水の作り方と適量について

家庭で海水を作る際には、「人工海水の素」の使用が便利です。

この粉末を水道水に混ぜるだけで、簡単に海水ができます。

この製品はホームセンターやペットショップで手に入ります。

水槽には十分な量の海水を用意することが大切で、ヤドカリはエラで呼吸するため、水中での生活が可能です。

水の量が少ないと水質の劣化が早まるので、水の量を定期的にチェックし、必要に応じて追加することが望ましいです。

一般には、週に1回の水替えが理想的とされます。

ヤドカリに使える貝殻の代わり

ヤドカリの新しい家として、カットしたストローを利用する方法もあります。

ただし、自然物でない材料を使うと、ヤドカリが中に入るのを嫌がったり、すぐに他の貝殻を求めたりすることがあるようです。

自然の貝殻が見つからない場合は、オンラインショップなどでの購入が推奨されます。

まとめ

潮干狩りで捕まえたヤドカリは、適切に作られた海水環境がないと生きていけません。

人工海水を作るのに少し手間はかかりますが、飼育の初心者でも管理は可能です。

エアポンプやヒーターを選ぶ際には、淡水用と海水用があることを念頭に置いて選ぶ必要があります。