刺繍枠がなくても大丈夫!身近なもので代用・自作する方法

刺繍枠がなくても大丈夫!身近なもので代用・自作する方法 お役立ち

刺繍をする際、刺繍枠が手元にないこともありますよね。

でも安心してください!

家庭にあるものや100円ショップで見つけることができるアイテムで、簡単に代用品を作ることが可能です。

以下に、便利な代用品とその作り方を紹介します。

スポンサーリンク

身近なアイテムで作る刺繍枠の代用品

いくつかの方法を使って、手軽に代用品を作ることができます。

洋服ハンガーの活用

一般的な洋服ハンガーを利用して、布をかけてクリップや洗濯ばさみで固定します。

子供用ハンガーが特に使いやすいです。

テープの芯で作成

セロハンテープやマスキングテープの芯を使用し、洗濯ばさみで布を留めて固定します。

ただし、ガムテープのような幅広いテープの芯は避けた方が良いでしょう。

フォトフレームを利用

100円ショップで手に入るフォトフレームの表面枠を刺繍枠として活用します。

サイズの選択肢も多く、便利です。

箱や段ボールでの自作

化粧箱や板状の段ボールを使い、自分で刺繍枠を作ります。

箱の底を切り抜いたり、段ボールを適切なサイズに切ることで、簡単に自作できます。

これは特に短時間の刺繍に適しています。

例として、チーズの木箱や6Pチーズのフタも使えます。

これらのアイデアを使えば、簡単に刺繍枠を自作したり代用することが可能です。

刺繍を始める際に、ぜひ試してみてください!

小さい布でもできる刺繍の方法

刺繍をするとき、布が小さくて刺繍枠が使えない場合がありますね。

特に、布の端の部分に刺繍する場合は、布が枠に収まらないことも。

そんな時は、同じ厚みの別の布を縫い足す方法が役立ちます。

この追加の布は、後で簡単に外せるように大まかに縫い付けると良いです。

また、小さな布に刺繍をする際は、以前紹介したマスキングテープの芯を使うのも有効です。

刺繍枠なしでもできる刺繍方法

刺繍枠の主な使い方は、布を適度にピンと張って、しわを防ぎながら刺繍するためです。

これによって、針の動きもスムーズになります。

しかし、すべての場合に刺繍枠が必要なわけではありません。

次のような場合は、刺繍枠がないと刺繍がやりにくいです。

  • 表面全体に刺繍する場合(塗りつぶすように)
  • 太い糸を使う場合
  • 薄い布を使う場合

これらの状況以外では、刺繍枠なしでも刺繍が可能です。

特に糸を強く引っ張る癖がない場合や、刺繍に慣れている場合には、枠なしでも作業がしやすいです。

しかし、刺繍初心者や子供が刺繍する場合は、刺繍枠を使用する方が良いでしょう。