室内で素早く濡れたスニーカーや靴を乾かす方法|効果的な乾燥テクニック

室内で素早く濡れたスニーカーや靴を乾かす方法|効果的な乾燥テクニック 家事

雨で濡れてしまった靴やスニーカーを、家の中でどうやって迅速に乾かすかご存知ですか?

家庭で簡単に使える道具からカイロを活用した方法まで、

迅速に乾燥させるための裏技を、詳しくお伝えします。

夜を通して効率よく乾かす、太陽光を必要としない乾燥方法の手順と注意点についても、

私の実体験に基づいてわかりやすくご説明します。

スポンサーリンク

室内で濡れたスニーカーや靴を迅速に乾かすコツ

雨によりスニーカーがびしょ濡れになったり、水たまりに足を踏み込んでしまった経験は誰にでもありますよね。

特に雨が続く梅雨の時期は、傘を差していても靴が濡れやすいものです。

濡れた靴をそのままにしておくと、不快な臭いやカビが発生する原因となるため注意が必要です。

室内でただ靴を放置しても、すぐに乾くわけではありません。

太陽で干せれば理想的ですが、室内での乾燥には場合によっては3日程度かかることもあります。

「明日も同じ靴を履く予定なのに、もう夜遅い…」という時でも安心です。一晩で靴を乾かす方法をご紹介します。

スニーカーと革靴では乾燥方法が異なるため、まずはスニーカーに適した方法からご紹介いたします。

スニーカーの素早い乾燥法

スニーカーを迅速に乾かすためには、洗濯機の脱水機能を利用するのが有効です。

脱水することで、余分な水分を効率良く取り除き、乾燥時間を大幅に短縮できます。

もし外で使用した靴をそのまま洗濯機に入れるのに抵抗がある場合は、不要になったTシャツやバスタオルを使って靴を包んでから洗濯機に入れる方法がおすすめです。

これにより靴が直接洗濯槽に触れることを避けられます。

バスタオルがない場合は、古い洗濯ネットをスニーカー用に使うのも良いでしょう。

次に、スニーカーを効率良く乾燥させる手順を紹介します。

 スニーカーの脱水手順
  1. 取り外し可能な中敷きを外します。
  2. 中敷きと靴の内外部分をタオルで拭き、水分を取り除きます。
  3. 中敷きと靴を洗濯機で脱水します。
  4. つま先を下にして靴を立てかけるか、吊るして乾燥させます。

革靴を含む様々な靴の迅速な乾燥方法

まず、スニーカー以外の靴の乾燥テクニックを紹介します。

スニーカーと同じく、中敷きが取り外し可能な靴は、中敷きを取り出して個別に乾燥させることが効率的です。

一見、中敷きが取り外せない靴でも、アーチ部分を少し曲げてみると外れることがありますので、試してみる価値があります。

新聞紙による乾燥法

新聞紙を靴の内部にたっぷりと詰める方法は、昔から効果的な乾燥法として知られています。

新聞紙は靴の湿気を吸い取ってくれます。

もし新聞が手元になければ、雑誌や電話帳などでも代用できますが、吸水性がないツルツルの紙は適していません。

濡れた革靴や合成皮革靴の新聞紙による乾燥方法
  1. 靴の外側と内側をタオルでしっかりと拭いて、余分な水分を取り除きます。
  2. 新聞紙を適当な大きさに破ったり丸めたりして、靴の中にぎゅっと詰めます。
  3. 靴のつま先を下にして立てかけるか、吊るして乾燥させます。

ペーパータオルを使った水分吸収法

新聞紙の代わりにペーパータオルを使う方法も効果的です。

ペーパータオルは新聞紙に比べて吸水性に優れており、非常に効率的です。

さらに、インクが移る心配もありません。

靴内部へのペーパータオルの詰め方

靴の中にペーパータオルを詰める際は、隙間なく充分に詰めることがポイントです。

十分に詰めれば、より多くの水分を吸収できます。

詰めたペーパータオルが湿気たら、約20分ごとに確認し、必要に応じて新しいものと交換します。

数回交換すると湿度が下がり、その後はペーパータオルを靴内に入れたままにしておくと良いでしょう。

ブーツや長靴の乾燥方法
  1. 取り外し可能な中敷きは取り外します。
  2. 靴の外側と内側をタオルで丁寧に拭いて水分を取り除きます。
  3. 靴のつま先部分に新聞紙やペーパータオルをしっかり詰め込みます。
  4. ペットボトルや他の高さのある容器を使用して、靴を逆さまにして乾かします。

靴を素早く乾かすための時短テクニック

濡れた靴を迅速に乾かすためのいくつかの効果的な方法をご紹介します。

どの方法を選ぶにしても、まずはタオルや新聞紙で靴の水分をできるだけ取り除くことが大切です。

スニーカーの場合、洗濯機の脱水機能を使うと効果的。

新聞紙やキッチンペーパーなどで水分をしっかり吸収させておく。

事前に靴から水分を取り除くことで、乾燥にかかる時間を大幅に短縮することができます。

靴を乾燥させる際、その置き方が重要になります。

通常は、靴のつま先を下にして立てかけることが推奨されています。(ブーツや長靴の場合は逆さにします)

この時、靴を立てかける面に新聞紙や雑誌を敷くと良いでしょう。これにより、滴り落ちる水分が紙に吸収されます。

布やタオルも水分を吸収することはありますが、湿った布が靴の乾燥を遅らせる可能性があるため、あまり推奨されません。

また、家にレンガがあれば、その上に濡れた靴を置くと、レンガが水分を吸収し乾燥を早めてくれます。

ドライヤーを利用した迅速な乾燥法

髪の毛を乾かすのに使うドライヤーは、濡れた靴を速く乾かすのにも役立ちます。

ドライヤーを使うことで靴の乾燥時間を大幅に短縮できます。

温風を使用すればさらに早く乾きますが、靴の接着部分を傷める可能性があるため注意が必要です。

ドライヤーを靴から適度に離し、温度と距離を調整しながら使用しましょう。冷風を使えば、靴に近づけても問題ありません。

扇風機による靴の乾燥

扇風機やサーキュレーターを使った乾燥も、靴に効果的です。

扇風機を使うとドライヤーより時間はかかりますが、過度な熱による靴の損傷の心配が少なくなります。

布団乾燥機を活用した迅速な乾燥方法

近年の布団乾燥機には、靴を乾かすための専用アタッチメントが付属しているものもあります。

専用パーツがなくても、家庭で簡単に靴を乾かすことが可能です。

布団乾燥機を使った靴の乾燥手順
  1. ゴミ袋を用意し、いくつか小さな穴を開けます。
  2. 乾燥させたい靴をゴミ袋に入れます。
  3. 袋の口をガムテープで軽く閉じます。
  4. 布団乾燥機を稼働させます。

この簡単な方法で、効率的に乾燥させることができ、湿気や臭いも逃がせます。

ただし、室内の換気は忘れずに行ってください。

自宅で布団乾燥機を使う時、特にスニーカーの場合はゴミ袋を使わず、送風口に直接当てて乾かしています。

ただし、ドライヤーの時と同じく、温風の温度に注意し、特に革靴を乾かす際は注意が必要です。

カイロを活用して靴の乾燥時間を劇的に短縮

伝統的な「新聞紙を詰める」や「キッチンペーパーを使用する」方法は有効ですが、紙の吸水限界があるため、何度も交換する必要があります。

そんな時に手軽で効果的な代替策として、カイロを使った乾燥法があります。

テレビ番組で紹介されたこの方法は、靴に使い捨てカイロを入れ、発生する熱で水分を蒸発させるというものです。

カイロによる靴の乾燥法

必要なものは、標準サイズのカイロ2つです。

  1. 使用可能にしたカイロを、靴の中にそれぞれ1つずつ入れます。
  2. そのまま放置するだけです。

カイロを入れておくだけで、発生する熱が持続し、靴を効率良く乾燥させてくれます。

実際に洗濯機で軽く脱水したスニーカーにこの方法を試したところ、約5時間後にはしっかり乾いていました。

もっと早く乾いていた可能性もありますが、完全に放置していたので正確な時間はわかりません。

使用したカイロは、靴専用ではなく一般的な長方形タイプのものです。

ただし、カイロの熱により靴の接着部分が損傷するリスクもあるため、高価な靴の場合は使用に注意が必要です。

家庭内で実践できる靴の早乾法

 乾燥場所の選び方

自宅で靴を乾かす際は、暖かい場所を選ぶと乾燥が早くなります。

夏季はエアコンの除湿機能が効果的ですし、それ以外の季節では、お風呂場の換気扇を利用するのも良いでしょう。

乾燥剤を活用

食品に付いてくる乾燥剤を靴の中に入れると、湿気を吸収し乾燥を加速させることができます。

靴専用の乾燥剤も、ドラッグストアや100円ショップで手に入ります。雨の多い時期には、あらかじめ準備しておくと便利です。

靴専用乾燥機の利用

頻繁に靴が濡れる場合、専用の靴乾燥機を使用することも考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

単機能のものから、脱臭や除菌機能がついた高性能なモデルまで、様々なタイプがあります。

私も使っており、自動電源オフのタイマーや角度調節機能がついているため、ブーツからスニーカーまで様々な種類の靴に対応して大変便利です。

乾燥後の靴の臭い問題への対処法

靴を乾燥させた後に残る気になる臭いに対しては、10円玉を靴の中に入れるという簡単な消臭方法が効果的です。

また、臭いだけでなく菌の除去も必要な場合、消臭スプレーを使用するのがおすすめです。

たとえば、ファブリーズの大容量タイプは、ダブルの除菌効果で99.9%のバイ菌を取り除き、日光消毒と同じかそれ以上の消臭効果があります(※最大で3時間分の天日干し効果と同等)。

もともと衣類や布製品向けに開発されたファブリーズですが、靴の消臭にも効果的です。ただし、不安を感じる方は使用を控えた方が良いかもしれません。

無香タイプのファブリーズが発売されてから、我が家では主にファブリーズを消臭対策に利用しています。

各部屋に一本ずつ置いて、定期的に除菌と消臭を行っており、大容量タイプはコストパフォーマンスも良いです。

まとめ

以上、濡れたスニーカーや靴を室内で素早く乾かすさまざまな方法をご紹介しました。

家庭で手軽にできる方法から、専門的な機器を使用する方法まで、乾燥にかかる時間や状況に応じて選べる幅広いやり方を紹介しました。

これらの方法を使えば、雨に濡れた靴も一晩できれいに乾かし、翌日には快適に使用することができます。

また、乾燥後の臭い対策として、消臭スプレーや家庭で簡単に試せる10円玉を使用する方法もお伝えしました。

濡れた靴を素早く乾かすことは、快適な履き心地を保つだけでなく、臭いやカビの発生を防ぐためにも重要です。

これらのテクニックを活用して、濡れた靴を効率的に乾かし、快適な靴生活を送っていただければ幸いです。