スーツケースの車輪用ストッパーは後からでも追加できる!代替品として使える便利なアイテム!

スーツケースの車輪用ストッパーは後からでも追加できる!代替品として使える便利なアイテム! ライフスタイル

ストッパーが備わっていないスーツケースでも、心配は不要です。ダイソーをはじめとする各種バリューショップで簡単に手に入れることができます。

急な出張や旅行で、専用のストッパーがない時には、ドアストッパーを一時的な対策として利用できます。

多くの人が、単に足で車輪を押さえて固定するだけで十分だと考えがちです。

でも、電車やバスの中、または坂道で急に止まった時、ストッパーがないスーツケースは簡単に転がってしまうんです。

そんな困った状況を避けるためにも、車輪用ストッパーの使用を推奨します。

スポンサーリンク

スーツケース用のストッパーはどこで買えるの?

ダイソーやセリアなどの100円ショップ、さらにホームセンターでも手に入ります。

旅行用品コーナーや、キャスター付きのオフィス用家具やプラスチック製収納ボックスが置かれている場所で見かけることがあります。

これらは床を保護するためにも使われることが多いです。

外で使用したスーツケースを家の中で保管する時、ストッパーがあれば、邪魔になることなく、床を汚す心配も減らせます。

移動時はもちろん、日常的に車輪用ストッパーがあると便利ですし、持っていて損はないでしょう。

オンラインショップ、例えばアマゾンなどでも購入できます。

100円ショップでは一般的なサイズのストッパーが販売されています。

ですが、もし大きめのサイズが必要な場合は、サイズ別に販売されているので、購入する前にサイズを確認することをおすすめします。

スーツケースの車輪を簡単に固定する方法

出張や旅行が急に決まった時、スーツケースの車輪用固定具を準備するのを忘れがちですよね。

そんな時に役立つのが、ドア用のストッパーです。これはお掃除や換気の際にも使える多目的なアイテムです。

意外に思われるかもしれませんが、このドアストッパー、スーツケースの車輪の固定にもぴったりなんです。

使い方は簡単、車輪に挟むだけ。ただし、動かす時に置き忘れないように気をつけましょう。

スーツケースを安全に保つ工夫

キャスターが勝手に動いてしまうと、坂道や交通機関の急停車で問題が起こります。

通常は足で押さえて固定しますが、スカートや不安定な靴を履いている時には難しいでしょう。

そういう時は、スーツケースを壁際に寄せて、自分の体と壁で挟むようにして固定するのがベストです。

電車やバスが空いている時には、スーツケースを倒して置くという方法もありますが、中身が散らばらないように注意しましょう。

まとめ

ドアストッパーがスーツケースのキャスターを固定する上で、良い代替品になり得るということをお伝えします。

これらは100円ショップやホームセンター、オンラインで簡単に手に入ります。

ただし、購入時はサイズをしっかりと確認してください。

使用後のドアストッパーをスーツケースと共に忘れないようにすることも大切です。

たまに見かける忘れ物にならないようにしましょう。

そして、キャスターの固定具を使って、想定外のトラブルを防ぎましょう。