山手線の読み方は「やまてせん」か「やまのてせん」?由来とその背景

山手線の読み方は「やまてせん」か「やまのてせん」?由来とその背景 雑学・豆知識

山手線には「やまてせん」と「やまのてせん」という二つの読み方が存在しますが、どちらが正式なのでしょうか?

また、なぜこのような違いが生じたのでしょうか?

ここでは、「山の手」という名称の起源や、歴史的背景、さらには読み方がどのように混在してきたのかを解説します。

スポンサーリンク

「山手線」の読み方の歴史的背景

JR東日本が運営する山手線は現在、「やまのてせん」と呼ばれていますが、過去には「やまてせん」とも読まれていたことがあります。

山手線が開業したのは1885年(明治18年)。

その名称である「山の手」は、低地に位置する「下町」と対照的な、高台にある地域を指す言葉でした。

開業当時の読み方は現在の「やまのてせん」と同様でした。

山手線の名称:「やまてせん」と「やまのてせん」の由来と変遷

山手線は現在「やまのてせん」という読み方が正式ですが、過去には「やまてせん」と呼ばれることもありました。

特に1945年(昭和20年)から1971年(昭和46年)の間、この呼び方が広く使われていました。

1945年の終戦後、連合国軍最高司令部(GHQ)が山手線の路線名の分かりやすさを求め、ローマ字表記「YAMATE LOOP LINE」や「YAMATE」を導入。

この変更が「やまてせん」という読み方を浸透させました。

「YAMATE」という表記に至った背景には様々な説があり、国鉄内で非公式に使われていた、あるいは国鉄関係者によるローマ字表記のミスなどが理由とされています。

その後、1971年(昭和46年)に全国の鉄道路線にふりがなを付ける取り決めが行われ、これに伴い、「やまてせん」から伝統的な「やまのてせん」へと名称が戻されました

この変更は、路線の由来と歴史的な背景を尊重した結果です。

山手線の名前は、時代と共に変化してきました。

かつてのふりがなとローマ字表記が変更され、現在では「YAMANOTE LINE」や「YAMANOTE」と表記されています。

それに伴って、漢字表記もかつての「山手」から現在の「山手線」へと変わりました。

まとめ

この「山手線」の読み方の変遷には、歴史的な経緯があります。

特に1971年(昭和46年)以前に東京にお住まいだった方々には、「やまてせん」という読み方が馴染み深かったため、現在でもその読み方を用いる方がいるのです。

これは、その時代の名残りと言えるでしょう。