あさりが開かない理由とその対処法|開かせるための3つのポイント解説

あさりが開かない理由とその対処法|開かせるための3つのポイント解説 料理・食べ物

あさりを使った料理、たとえば味噌汁、クラムチャウダー、ボンゴレパスタなどは人気ですよね。

潮干狩りで採った開かないあさりに悩まされ、仕方なく捨てるという方も多いのではないでしょうか。

そこで、開かない原因と解決策など以下のポイントについて解説します。

  • あさりが開かない理由
  • あさりの殻が開く仕組み
  • 開かないあさりの扱い方
  • あさりを上手に開かせるコツ

あさりの開かない問題で困っている方の助けになれば幸いです!

スポンサーリンク

なぜあさりは開かないのか?その4つの理由

あさりが開かない主な原因は以下の4つです。

  • すでに死んでいる
  • 低温でゆっくり茹で過ぎた
  • 冷凍されたあさりを自然解凍した場合
  • 靭帯や貝柱が原因

これらの理由について、詳しく説明していきます。

すでに生きていないため

あさりがすでに死んでしまっている場合、その殻は開かないことが多いです。

「すでに死んでいる」とは、調理中に茹でられたわけではなく、自然に寿命が尽きたり、悪い水質で亡くなったりした場合のことを言います。

このように、既に死んでいるあさりは、いくら高温で調理しても、殻が開くことはほとんどありません。

低温でのんびりと調理したため

あさりを低温でゆっくり調理し過ぎると、殻が開きにくくなることがあります。

また、低温でフライパンで炒めた場合も、殻が開きにくくなることがあります。

※あさりの殻を開く適切な加熱方法については、この後詳しく説明します。

冷凍した後の自然解凍が原因

砂抜きしたあさりを保存するために冷凍した場合、解凍方法が原因で殻が開きにくくなることがあります。

特に、冷凍庫から冷蔵庫へ移してゆっくり解凍したり、室温で急に解凍したりすると、殻が開かなくなることがあります。

貝の構造による影響

あさりの殻が開くかどうかは、靭帯と貝柱によって左右されます。

靭帯が損傷していたり弱っていたりすると、殻が開かないことがあります。

また、おいしいとされる貝柱が太くて強い場合も、殻が開きにくくなります。

靭帯と貝柱の機能を理解することで、あさりの殻がなぜ開くのか、または開かないのかがよくわかります。

あさりが口を開く仕組みについて

あさりを加熱すると口が次々に開いていきますが、これは死のサインではないんですよ。

実際、あさりが生きているか死んでいるかは、その靭帯と貝柱の状態が口の開閉に影響しています。

これらを家のドアに例えてみると、以下のようになります。

  • 靭帯 = ドアの蝶番
  • 貝柱 = ドアの鍵

靭帯はドアの開閉を支える蝶番の役割を担っています。

一方、貝柱はドアを閉じたままに保つ鍵のようなものです。

靭帯は自然と貝を開けようとする力がありますが、貝柱がこの力を制御し、貝の2枚の殻を密着させています。

しかし、加熱することで貝柱が収縮し、その力が弱まり、結果として殻が開いてしまうわけです。

そうすると、貝柱の力が弱まった状態で、あさりの口が開くことになるんですね。

開かないあさりの持つリスク

あさりが調理時に殻を開くのは生きている証拠であり、新鮮である証です。

しかし、開かないあさりにはいくつかのリスクがあります。

開かないあさりには以下のようなリスクが考えられます。

  • 死んでからの時間が不明で、腐敗している可能性
  • 砂抜きが不十分で、砂が残っている可能性
  • 貝毒を含む危険

これらのリスクは重要です。特に、あさりが開かない場合は砂抜きが完了していない可能性が高く、食べた際に砂を感じることがあります。

さらに、死後の時間が不明であるため、新鮮さに疑問が残ります。

腐敗している可能性があり、下痢性貝毒や麻痺性貝毒などの貝毒を含んでいる可能性もあります。

これらの貝毒は加熱しても消滅しないため、誤って摂取すると、下痢や嘔吐、呼吸困難を引き起こすリスクがあります。

そのため、開かないあさりは食べないほうが安全です。

※腐敗が進んだあさりは特有の悪臭を放つため、この臭いで腐敗を判断することもできます。

半開きの状態で固まったあさりの危険性

殻が半開きで、触っても開かない、閉じないあさりもあります。

これは死後に貝柱が部分的に伸びて殻が半開きになったと考えられます。

このように半開きで固まっているあさりは、大抵の場合、すでに死んでいます。

そのため、こうしたあさりを食べることは避けるべきです。

あさりを効率よく開かせる方法

あさりの口を開かせるための、ほぼ確実なポイントをご紹介します。

  • 新鮮なあさりを選ぶ
  • 沸騰したお湯で加熱する(高温で調理)
  • 冷凍されたあさりは、凍った状態で高温で加熱する

これらを実践すると、開かないあさりに遭遇する確率がぐっと下がります。

さらに詳しく見ていきましょう。

新鮮なあさりの選び方

最も重要なのは、新鮮なあさりを選ぶことです。

もともと死んでいるあさりや、元気がないあさりは、どんなに調理しても開かないことが多いんです。

それでは、新鮮なあさりを見分けるコツをお伝えします。

新鮮なあさりの識別方法

スーパーや魚屋で売られているあさりの新鮮さは、以下の点で判断できます。

  • 殻がしっかり閉じているか?
  • 触れると反応して殻を閉じるか?
  • パック内の水が透明か?

殻がきちんと閉じている場合は、生きていて新鮮な証拠です。

殻が少し開いている場合でも、触ったときにすぐに閉じれば問題ありません。

また、パック内の水がクリアであれば、新鮮さの良い指標となります。

購入する際は、これらの点をしっかりと確認し、良いあさりを選んでくださいね。

熱湯での迅速な加熱(高温での調理)

あさりは、高温で素早く加熱することにより、貝柱が縮まり、殻が開くことが一般的です。

逆に、低温でゆっくり加熱すると、貝柱が十分に縮まず、殻が開かないこともあります。

たとえば、味噌汁に加える際は、冷水ではなく、沸騰しているお湯に入れることが重要です。

また、炒め物にする際も、フライパンを予め温めてからあさりを加えることがポイントになります。

あさりは約50℃で口を開始し、沸騰する温度になると完全に開きます

冷凍されたあさりの急速な加熱

冷凍されたあさりも、適切に加熱すればきちんと開きます。

自然解凍すると、温度がゆっくり上がるため、貝柱が適切に縮まずに殻が開かないことがあります。

そのため、冷凍された状態のまま調理するのがベストです。

冷凍されたあさりを味噌汁に加える場合や、炒める時も、予熱したフライパンにそのまま入れて、強火で加熱するのがコツです。

全てが開くわけではない

10個から20個のあさりを購入した時、1~2個くらいは開かないのが普通です。

どんなに新鮮なあさりを選んだとしても、中には既に死んでいるものが含まれていることは避けられません。

この現実を受け入れ、「全てが開かないこともある」と理解し、開かないものは食べずに処理するのが一般的な対応です。

あさりが開かない状況でのQ&A

ここでは、「あさりが開かない」という一般的な問題に対して、実用的な対処法をご紹介します。

味噌汁に使うあさりが開かない時はどうすればいい?

味噌汁に使ったあさりが開かない時は、安全を考えて捨てるのが最善の方法です。

沸騰したお湯でしっかり調理しても開かない場合、そのあさりは調理前から死んでいる可能性が高いです。

強引に開いて食べると、貝毒による健康上のリスクがあるため注意が必要です。

また、開かないあさりは砂を吐いていないことが多く、食べると砂の感触が残ってしまうことがあります。

砂抜きしたあさりが開かない時の対処法は?

砂抜きしている間にあさりが口を開く瞬間は、見逃しやすいものです。

中には勢いよく口を開くあさりもいれば、そっと少し開けてすぐに閉じるあさりもいます。

そのため、砂抜きの段階で「あさりが開かない=死んでいる」と早合点するのは避けた方が良いでしょう。

砂抜き(塩水浸漬)の方法とその重要性

あさりの砂抜きを行うことで、その元気さや新鮮さを判断する手助けとなります。

ここでは、効果的な砂抜き(塩抜き)の手順をご紹介します。

砂抜きには以下の2つのステップが必要です。

  • 約3%の塩分濃度の塩水に浸す
  • 暗くて涼しい場所に1時間以上置く

具体的なやり方については、こちらの動画リンクを参照してください。

塩水の濃度は約3%であれば十分です。

例えば、500mlの水に対して約15gの塩を使用します。

動画では布巾が使われていますが、これは光を遮断し、塩水の飛び散りを防ぐためのものです。

同じ目的で新聞紙やアルミホイルを使用することもできます。

塩水に浸したあさりは、冷蔵庫ではなく、室内の涼しく暗い場所に置きます。

スーパーで購入したあさりなら1~2時間、潮干狩りで採ったあさりは6時間程度の砂抜きが適切です。

※あさりは水温が約20℃付近で最も活動的になります。

冷蔵庫に入れると低温で砂を吐かないため注意が必要です。

逆に真夏は室内温度が高くなりすぎることがあるので、時々冷蔵庫に入れて温度を調節することが良いでしょう。

砂抜きと塩抜き、どちらが適切?

「砂抜き」とは、あさりから砂を取り除くことを指します。

一方、「塩抜き」とは、あさりに含まれる海水を取り除く作業のことです。

これらは異なる目的の作業であり、同じものを異なる方法で呼ぶわけではありません。

市販のあさりでは砂抜きのみで十分ですが、潮干狩りで採ったあさりには塩抜きが必要となります。

塩抜きは、砂抜きをしたあさりをザルに取り、常温で1時間放置するだけです。

※潮干狩りで採ったあさりは、塩抜きをしないと塩辛くなってしまうので、必ず行いましょう。

まとめ

あさりが開かない理由は主に以下の4点です。

  • すでに死んでいる
  • 低温でゆっくり茹でてしまう
  • 冷凍されたあさりを自然解凍する
  • 靭帯や貝柱が原因

新鮮なあさりを選び、高温で熱湯で調理することが大切です。

さらに、冷凍されたあさりは凍ったまま調理することが推奨されます。

これらのポイントに注意すれば、あさりが開かない事態はほぼ避けられます。

ただし、どんなに注意しても開かないあさりが1~2個出ることもあるので、その場合は無理に食べずに捨てましょう。