「お呼びしましたがお出になりません」のアナウンスは着信拒否のサイン?着信履歴はどうなる?

「お呼びしましたがお出になりません」のアナウンスは着信拒否のサイン?着信履歴はどうなる? お役立ち

「お呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが聞こえる時、これは単純にかけた電話に対して相手が応答していないという意味です。

このアナウンスが流れる際には、呼び出し音がないため不安になるかもしれませんが、これが着信拒否を意味するわけではありません。

携帯電話の各キャリアによってアナウンスの種類が異なり、着信拒否設定時に特定のアナウンスが用いられるケースがあります。

この記事では、そのようなアナウンスの違いについても詳しく説明します。

さらに、コール音がまったく鳴らない状態での通話試行や、相手の着信履歴に記録されるかどうかについても検証し、その詳細を解説していきます。

スポンサーリンク

「お呼びしましたがお出になりません」とは何を意味する?

電話をかけた際に「お呼びしましたがお出になりません」というアナウンスが聞こえることがあり、これは特にau利用者に多く見られます。

ドコモやソフトバンクなど他のキャリアでは、このアナウンスとは異なるメッセージが流れる場合があります。

このアナウンスが流れる主な理由は以下のとおりで、auの公式サイトに記載されている情報です。

1.相手が一定時間電話に応答しない場合

2.着信拒否のボタンを押して拒否した場合

3.着信拒否設定(特定番号拒否や非通知拒否など)をしている場合

参考:au よくあるご質問

特に1番目のケースでは、相手が5G/4G LTEのスマートフォンやケータイを使い、お留守番サービスに未加入、または設定されていない場合に発生することがあります。

ただし、一定時間内に応答がない場合は、単に呼び出し中の状態だった可能性もあります。

それに対し、2番目と3番目のケースは、着信拒否をされている可能性が高くなります。

さらに、コール音が鳴らない場合でも、電波の届かない場所にいる、電源がオフ、機内モード利用などの理由で、アナウンスが流れることもありますが、これが着信拒否の明確な証拠にはならないため、断定は難しいです。

「お呼びしましたがお出になりません」というアナウンスの背景とは?

「お呼びしましたがお出になりません」というアナウンスは、特にau利用者に多く見られる事象です。

着信拒否の場合は、この記事で後ほど説明するように、別のアナウンスが流れることがあります。

このアナウンスが聞こえる主な理由は以下の通りです。

相手がすぐに電話に応答できなかった場合

相手の電源がオフになっている場合

相手が電波の届かない場所にいる場合

これらの状況のとき、上記のアナウンスが流れる可能性があります。

加えて、電話を掛けた側がおやすみモードなど特定の設定を利用している時にも、同じアナウンスが流れることが報告されています。

他のキャリア、たとえばドコモやソフトバンクを使用している場合、通話中には「ツーツー」という通話中の音が代わりに流れることもあります。

これは、使用しているキャリアによって異なる反応があることを示しています。

着信拒否時の着信履歴の扱い

「お出になりません」とのアナウンスが流れる場合に、着信拒否が行われているかどうか、そしてその際に着信履歴がどうなるのかを検証しました。

着信拒否をされていない場合

まず、相手が電話に出られなかった場合、着信履歴は通常どおり残ることが確認されました。

次に、電源が切れている場合や機内モードの状態でも履歴は残ります。

着信拒否をされている場合

着信拒否が行われている場合に関しては、着信履歴が残らないことが判明しました。

主要キャリアでは着信拒否の設定方法が二通りあります。

キャリアサービスを利用した着信拒否

ソフトバンクの「マイソフトバンク」やドコモの「マイドコモ」を利用したキャリアサービスによる着信拒否です。

キャリアサービスを利用した着信拒否では、コール音がない状態でアナウンスが流れる傾向があります。

スマートフォンの設定による着信拒否

スマートフォンの設定による着信拒否では、一回コール音が鳴った後に通話が切れることが確認できました。

どちらの方法を用いても、着信拒否されている場合には着信履歴が残らないという結果になります

各キャリアにおける着信拒否時のアナウンス一覧

日本の主要な携帯電話キャリアにおいて、着信拒否される際に流れるアナウンスは以下の通り異なります。

ドコモ

ドコモでは、「おかけになった電話番号への通話は、お繋ぎできません」というメッセージが流れます。

au

auでは、「この電話番号からの電話はお受けできません」とアナウンスされることが一般的です。

ソフトバンク

ソフトバンクの場合、様々なメッセージが流れることがあります。

「こちらはソフトバンクです、おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております」

「こちらはソフトバンクです、おかけになった電話番号への通話はお客さまのご希望によりお繋ぎ出来ません」

「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません」

「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎ出来ません」

「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎ出来ません」

「この電話はお繋ぎすることが出来ません」

「この電話はお受け出来ません」

「この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎ出来ません」

「お客さまのご都合により、お繋ぎ出来ません」

英語でのアナウンス「This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.」などもあります。

楽天モバイル

楽天モバイルには着信拒否サービスがなく、そのため特定のアナウンスも存在しません。

これらの情報は、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4つのキャリアに関するものです。

特にソフトバンクではアナウンスのバリエーションが豊富で、誤解を招くような内容や英語でのメッセージも含まれています。

これらのアナウンスが聞こえた場合、着信拒否されている可能性が高いと考えられます。

着信拒否の有無をどう判断するか

電話がつながらない際、特にコール音が聞こえない、またはすぐに切れる場合は、少し時間を置いて再び試してみるのが良いでしょう。

何度試しても状況が同じなら、着信拒否の可能性が考えられます。

「184」を使った非通知での確認方法は、現代のスマートフォンでは非通知番号の自動拒否設定が可能なため、確証を得にくいですが一度試す価値はあります。

非通知で通話が繋がれば、自分の番号が拒否されている可能性が高くなります。

公衆電話からかける方法もありますが、これも非通知扱いとなるため、確実な結論を導きにくいです。

他人のスマートフォンを借りて通話を試すことで、自分の番号が拒否されているかどうかを見極めることも可能です。

他人の番号から通話が繋がれば、自分の番号が拒否されている可能性がありますが、未登録の番号を一律拒否する設定の可能性もあるため、決定的な証拠にはなりません。

まとめ

電話が繋がらない時の着信拒否の見分け方や、キャリアによるアナウンスの違いについて解説しました。

アナウンスが流れることが必ずしも着信拒否を意味するわけではないので、さまざまな方法で確認することが推奨されます。

着信拒否は迷惑電話やストーカー対策に有効ですが、自身が拒否される立場にならないよう注意も必要です。