洗濯機で毛布をぎゅうぎゅうに詰めて洗っても問題ない?正しい洗濯方法を解説!

洗濯機で毛布をぎゅうぎゅうに詰めて洗っても問題ない?正しい洗濯方法を解説! 家事

寒い季節には欠かせない、毛布。毎日使っていると汚れも気になりますね。

季節の変わり目には、たたんで保管したり、また使う準備をしたりするときに、洗濯が必要になってきます。

こんな疑問、持っていませんか?

  • 毛布を洗濯機でぎゅうぎゅう詰めにして洗うのは大丈夫なのか?
  • 毛布を洗うのに適した洗濯機のサイズは?
  • 毛布を洗濯機で洗う正しい方法は何か?
  • 毛布を自宅で洗うメリットとデメリットは?

この記事で、毛布の洗い方に関する色々な疑問についての役立つ情報をご紹介します。

スポンサーリンク

洗濯機で毛布をぎゅうぎゅうにして洗ってもいいの?

結論としては、毛布を洗濯機でぎゅうぎゅうに詰めて洗うのは推奨されません

洗濯機に毛布を入れる際は、無理に押し込むのではなく、スペースを十分にとって入れるべきです。

ぎゅうぎゅうに詰め込むことで生じる可能性のある問題点は以下の通りです。

  • 洗剤や水が毛布全体に行き渡らず、汚れがしっかり落ちない
  • 毛布が形を崩したり、毛が立つことがある
  • 洗濯機が故障する原因になり得る

毛布を洗濯機に入れる場合は、丸めてスムーズに入るようにしてください。

無理に押し込まなくても、適切に入れば問題ありません。

洗濯機の容量に応じて、毛布を折りたたんで入れる方法もあります。

もし毛布が洗濯機からはみ出したり、入らない場合は、その洗濯機では洗えないサインかもしれません。

その場合は、洗濯機を使わずに、手洗いやクリーニング、コインランドリーを利用することを検討してみましょう。

自宅の洗濯機で毛布を洗うための適切な容量は?

家庭で毛布を洗う際には、洗濯機の容量が非常に重要です。

毛布をきれいにするためには、洗濯機のサイズを適切に選ぶ必要があります。

洗濯機で洗える毛布の種類によって必要な容量は異なり、一般的には次のようになります。

  • シングルサイズの毛布:最低でも6kgの容量
  • ダブルサイズの毛布:最低でも8kgの容量
  • キングサイズの毛布:最低でも10kgの容量

毛布の厚みや素材によっては、これらの基準よりも大きな洗濯機が必要になる場合があります。

毛布の洗濯ラベルや洗濯機の取扱説明書をよく確認し、適した容量を選びましょう。

もし洗濯機の容量が不足している場合は、手洗いやクリーニングサービス、コインランドリーの利用を考えるといいでしょう。

洗濯機を使った毛布の洗い方とそのポイント

洗濯機で毛布を洗うときの推奨される手順をご紹介します。

手順1:毛布を広げて全体を見渡す

手順2:外側に汚れが来るようにして折りたたむ

手順3:折りたたんだ毛布を筒状に巻き上げる

手順4:洗濯機に入れるときは、毛布専用の洗濯ネットを使用することがあれば使う

汚れがひどい部分は洗濯機の底に来るように置くと良いですね。

この方法なら毛布の形が崩れにくく、専用ネットを使えば毛立ちや毛玉も防げます。

洗濯ネットを使うかどうかは、洗濯機の説明書をチェックしてみましょう。

洗濯する際に気をつけたいポイントは次のとおりです。

  • 使用する洗剤は、毛布を傷めずに洗える液体の中性洗剤または弱酸性洗剤を選ぶ
  • 洗濯コースは毛布専用か手洗いコースを選ぶ

液体の中性洗剤または弱酸性洗剤を使えば、毛布の色落ちや素材へのダメージを防ぎながら、優しく洗うことができます。

毛布専用コースや手洗いコースを選べば、毛布を大切に洗うことができますよ。

洗濯機のモデルによっては、さまざまなコースが用意されているので、説明書で確認して最適な設定を見つけてください。

家庭で毛布をきれいにする時のメリットと懸念点

家で洗濯機を使って毛布を洗うのは、いくつかの明確な利点があります。

  • コインランドリーや専門のクリーニングにかかる費用と時間を節約できる
  • 必要なときにすぐに対応できる

一方で、家庭用洗濯機で毛布を洗うことには、考慮すべきいくつかの問題点もあります。

  • 大きい毛布を乾燥させるのは、かなりの労力が必要
  • 色落ちや毛羽立ちが生じる可能性がある
  • 洗濯機をぎゅうぎゅうに詰め過ぎると、故障のリスクが高まる

毛布を洗濯機で洗う際には、利点と潜在的な問題を天秤にかけ、毛布のタイプや洗濯機の容量、機能性に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。

適切に洗えない場合は、プロのクリーニングサービスやコインランドリーの使用を検討しましょう。

また、毛布や布団を乾燥させる際は、衣類乾燥機の使用が非常に便利です。

これにより家庭での洗濯が楽になるだけでなく、ダニの問題にも対処できます。

まとめ

毛布を家庭用の洗濯機でぎゅうぎゅうにして洗うことが適切かどうか、そしてその最良の洗い方について調査しました。

この記事で明らかになるポイントは以下の通りです。

  • 毛布を洗濯機でぎゅうぎゅうにして洗うのは避けた方が良い。
  • 毛布の大きさに応じて、シングルサイズなら最低でも6kg、ダブルなら8kg、キングサイズなら10kg以上の洗濯機を推奨。
  • 毛布を洗濯機に入れる際は、筒状に丸めて汚れている面を下にして配置し、洗濯ネットを使用する。
  • 無理やり毛布を押し込んで洗濯すると、色落ちや毛玉ができやすかったり、洗濯機を不適切に使うと故障の原因になることがある。

洗濯機に毛布を入れるときは、適切なスペースを確保して洗濯することが大切です。

自宅で毛布を洗う際はメリットとデメリットを理解し、洗濯機の使用説明書を参考にしながら、正しい方法で洗濯してください。