キーボード配列を覚える方法!効率的な学び方と避けたい非効果的な練習

キーボード配列を覚える方法!効率的な学び方と避けたい非効果的な練習 お役立ち

この記事では、タイピングスキルを向上させるために必要なキーボードの配列の習得方法について、詳しくご説明します。

タイピングの上達には、「ホームポジション」の理解とその活用が鍵となります。

キーボード配列を習得することで、タイピングの速度が上がり、仕事の効率も向上します。

しかし、効率的なキーボード配列の習得方法は、多くの人が知りたいと思っています。

そこで今回は、「キーボード配列を素早く覚えたい」と考えている方に向けて、覚え方のコツから非効率な練習方法について解説します。

読み終わるころには、キーボード配列を迅速に習得するための方法が理解できるでしょう。

スポンサーリンク

キーボード配列を効果的にマスターする方法

それでは、キーボード配列を素早く覚えるための実用的な方法についてご紹介します。

ホームポジションの重要性

タイピングの基礎として、ホームポジションの理解が欠かせません。

ホームポジションとは、キーボード上で指を配置する初期位置のことです。

特に、「F」と「J」キーにある突起は、この位置を覚えるのに役立ちます

ホームポジション

左右の人差し指をそれぞれこの突起に合わせ、残りの指もそれに従って配置します。

この配置を基にして、それぞれの指が担当するキーの範囲を理解することで、タイピングの基本が身につきます。

突起を利用することで、指の基本位置を自然と覚えることができます。

語呂合わせの効果について

キーボードのキー配置を覚える手段として語呂合わせがしばしば推奨されますが、実際にはこの方法はそれほど効果的ではありません

語呂合わせを用いると、「隣のキーは何だっけ?」と毎回思い出す必要があり、そのために余計な時間がかかることがあります。

これよりも、ホームポジションを基本にして、指の動きを通じてキー配置を感覚的に覚える方が、より実用的で効率的な学習法です。

繰り返し練習による指の記憶づけ

キーボードのキー位置を覚えるには、多様な文章を何度もタイピングすることが効果的です。

初めはミスを少なくすることに集中し、次第にタイピングスピードを上げていきましょう

慣れてきたら、目を閉じた状態で練習することで、キーボードの配置を感覚的に記憶できます。

ブラインドタッチ(目を使わずにタイピングする技術)は、キーボードの配置を無意識に覚えるのに有効です。

オンラインには様々なタイピング練習サイトがありますので、単語や長文を使った練習を試してみてください。

母音から始め、次に子音の練習へ

タイピングの基礎として、まずは母音の練習がおすすめです。

例えば、「a→i→u→e→o(あ→い→う→え→お)」といった母音を見ずに打てるようになることから始めましょう。

母音の入力に慣れたら、子音のタイピングに進みます。

五十音順にタイピングするのが最もシンプルな方法です。あ行からわ行まで、順序良く練習しましょう。

初めはキーボードを見ながら練習しても構いません。

慣れてきたら、目を閉じて練習し、ブラインドタッチの技術を向上させていきましょう。

キーボードの「QWERTY配列」とは?

現在広く使われているキーボードの「QWERTY配列」とは、最上段のキーが「Q-W-E-R-T-Y」の順で並んでいることからその名がつけられました。

この配列が選ばれた背景には様々な説があります。

例えば、タイプライターのキーの絡みを防ぐためにタイピング速度をわざと遅くするため、または「typewriter」という単語を素早く打ちやすくするため、などです。

これらの説には確固たる証拠はありませんが、タイピングのしやすさを考慮した設計であることは間違いありません。

非効率な練習方法に注意

キーボード学習において避けるべきは、先述の「語呂合わせ」を使った方法です。

さらに、反復練習時に速度を無理に上げようとすることも非効率であり、逆効果です。

特に初心者は、ゆっくりとした速度で正確なブラインドタッチを目指すべきです。

ミスタイプはキー配置を完全に覚えていない証拠であり、速さよりも正確性を優先することが長期的なスキルアップに繋がります。

キーボードタイピング速度を高めるための重要な3つのポイント

キーボードでのタイピング速度を速めるために押さえておくべき3つの重要なポイントをご紹介します。

キー位置の直感的理解

キーボードのキー位置は、単に頭で覚えるよりも、感覚的に理解することが重要です。

「このキーはどこにあるかな?」と考える場合は、まだ理解が不十分です。

打ち方の効率性を意識する

たとえば「ちぇ」や「じ」をローマ字入力で打つ場合、それぞれ複数の方法が存在します。

「ちぇ」には「CHE」と「TYE」、「じ」には「ZI」と「JI」の入力方法があります。

CやZのキーはキーボードの左下部にあり、打ちにくい位置にあることが多いです。

その一方で、「TYE」や「JI」はホームポジション内で簡単に打つことができます。

このように、同じひらがなであっても、ローマ字入力の選択肢が複数ある場合、より打ちやすい方法を選ぶことで効率が良くなります。

ローマ字入力の方法を見直してみるのも一つの手です。

焦らずに正確にタイプ

タイピングスキルを向上させるには、速さよりも正確性を重視することが肝心です。

焦って打つとミスタイプが増え、結果的にバックスペースキーを多用し時間を浪費します。

効果的なタイピングのためには、落ち着いて正確にキーを打つことを意識しましょう。

この方法が速度向上に繋がります。

まとめ

本記事では、キーボード配列の効率的な習得法について解説しました。

キーボード配列をマスターすることで、タイピングの速さが増し、作業の効率も改善されます。

これを実現するためには、繰り返し練習を行い、配列を感覚的に覚えることが重要です。

最初は困難に感じるかもしれませんが、持続的な練習によってスキルは確実に向上します。

挑戦を続けることが、タイピング能力の向上への鍵となります。